鯉のぼりの泳ぐ市原市は薫風に乗ってセシウムが飛ぶ: ずくなしの冷や水

2016年08月03日

鯉のぼりの泳ぐ市原市は薫風に乗ってセシウムが飛ぶ

この記事は2013/5/5に掲載したものです。2016/8、最新の人口動態統計を分析した結果、千葉3区の死亡率が急上昇しています。新しい記事にも関心を寄せる方は少ないようですが、管理人としては最大限の警告を行う意味で、3年前の高線量率の検出結果を載せます。

この中で0.5μSv/hの検出結果があります。こんなに出たら走って逃げろと言われるほどの水準です。地元の方だけに分かってもらえばよいので現地近くの画像を掲げました。最近の値は測定していないので分かりません。

・・・以下元記事・・・

2013/5/5、孫もいないので子どもの日の行事も縁がない。天気が良いので友人を誘い、空間線量率の低い地域にウォーキングに出かけた。足も痛くなって、駅に戻る道すがら、連れが、おや? と声を上げた。空間線量率を測っていて見たら0.4μSv/hもある。その前から0.3μSv/hほどが検出されていた。

以下は、随時測定した結果。測定値が高いものを掲げており、0.05μSv/hのときもあったが載せていない。0.4μSv/hもなかなかの数値だが、0.5μSv/h、そして0.6μSv/hもあった。一瞬の数値ではなく、何分間か継続して測定されている。






次の写真では、向こうからご夫婦が歩いてくるのが見えるが、この奥に団地があり、この一帯は日曜農園になっている。

ここの住人が、こういう状況を知っておられるのか知りたかったが、呼び止めて話しかける勇気はなかった。

なぜこんなに高いのだろう。もし、日常的にこんなに高ければ、健康被害が生ずることは避けられない。最有力の原因と見られるのは、ごみ焼却場の排煙だ。

市原市のごみ焼却場の位置は、次の図のバルーンの箇所だ。高い放射能を検出した区域は、ピンクのハッチの部分。ごみ焼却場の排煙に含まれたセシウムが飛んできていると推定される。


気象条件を見ると、下総牛久にアメダスの測定点がある。ここの測定結果によると、5/5は日中、風が時計回りと反対に北から南に変わっていることが分かる。14時には南南西、15時には南南東の風。タイミング的にどんぴしゃりだ。


実は、ごみ焼却場の風下で空間線量率が0.4μSv/hとか、0.5μSv/hに上がるのはそう珍しいことではない。私は、このような現象を何度か経験しているが、今回は、地域の広がり、継続時間、空間線量率の水準ともに大きなものだった。そのため、原因を容易に推定できたが、通常はこんなに簡単ではない。

いずれにしても、ごみ焼却場の排煙に相当量のセシウムが含まれていることは確実で、それが風に乗って飛んでくることは、しばしばあると心得ておいたほうがよい。二次的発生源からは、希ガス状態のものはまずないだろうから、細かいエアロゾル状態のセシウムが飛んできていると考えるのが妥当だ。

吸気による内部被曝は怖い。心筋に直接作用して悪さをすることもあるという。今の季節、マスクは暑苦しいが、できるだけマスクをしたほうが良い。そして、とてもつらいことだが、さらに暑くなっても風向きによって換気は最小限にとどめないといけないだろう。
posted by ZUKUNASHI at 17:17| Comment(2) | 内部被曝防止
この記事へのコメント
ima anatawa daijobu desuka?

iam worry about your health and japan.

gambarete kudasai!! i always watched your daily report.

keep going! Zukunashi sang!

from s,korea.
Posted by 廣夏 at 2013年05月05日 20:42
お返事にありました(5月5日)ページを拝見させていただきました。
娘の勤務する会社(工場)は長柄町にあり、市原市ゴミ焼却場に近いです。
風向によっては汚染度が高そうなので気をつけさせます。
(風向確認作業がふえますね?)
菜園方向からいらしたご夫婦には何もおっしゃらなかった様ですが・・私でも言えないと思います。真実を語る事が憚られるなんておかしいと思いつつも。

町田市リサイクルセンタ―の北側に位置する自宅付近には畑も多く点在しています。多摩市の焼却場も非情に近い場所に有る為、大気中汚染濃度は半端でないはずですから・・畑の作物摂取は危ない。
昨年2012年11月から町田リサイクルセンターで被災瓦礫焼却を始めたのちに放射線量計測が全くされて居ない(情報公開していない)理由が分かるような気がします。
残念です。

兎のママ
Posted by 兎のママ at 2013年12月28日 14:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。