米国による土壌調査から 劣化ウラン ウラン238: ずくなしの冷や水

2013年04月30日

米国による土壌調査から 劣化ウラン ウラン238

米国の土壌調査結果でウラン238が検出されていることから、東京湾岸の石油工場の火災が原因となって、保管中の劣化ウランが飛び散ったものではないかとの見方があるようだ。読者からコメントで教えてもらった。

私は、米国土壌調査で検出されたものは、湾岸から飛散したウラン238ではないと思う。

米国による土壌調査で、ウラン、ストロンチウム、プルトニウムを測定しているのは6箇所のサンプルだけのようだ。下の表は、その6箇所の測定結果だ。他の箇所のサンプルで測定値がある核種をすべて掲げてある。


ウラン238を見ると、楢葉町がもっとも多く、次いで名取市、いわき市となり、横須賀市、御殿場市は相対的に少ない。ウラン232はどこも同じようなレベルだが、ウラン233/234でも楢葉町がもっとも多い。

ストロンチウムでもストロンチウム90は横須賀市がもっとも高いが、他は楢葉町が高くなっている。セシウムやヨウ素に関しても傾向は同じだから、この調査で検出された放射性物質は主として福島第一原発起源であり、仮に東京湾岸から劣化ウランが飛散していたとしても、楢葉町を越える濃度にはなっていないといえるのではないか。

上のように見てきて、「東北に降ったアルファ線源、ベータ線源は何だろう」に書いた問いの答えが少し見えてきたように思う。アルファ線源は、ウラン、プルトニウム、アメリシウム、ラドンだから、上の測定結果から考えれば、アルファ線源としてはウランが多かったと考えたほうがよさそうだ。

このように書きながら身震いした。私はファルージャの悲劇が日本でも起きることはないと信じているのだが。
posted by ZUKUNASHI at 23:59| Comment(2) | 内部被曝防止
この記事へのコメント
こんにちは。
茨城県でもウランやプルトが検出されています。
当方のYouTubeチャンネルを参照してください。

http://www.youtube.com/user/148production
Posted by 猫飯勇次郎 at 2013年05月01日 11:35
こんにちは 猫飯は浜の香り・・・、まっちゃんのブログ、いつも拝見しています。貴重な情報大変ありがたいです。高線量の場所の測定は危険を伴いますから、用心してください。
Posted by ずくなし at 2013年05月01日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。