出生数は減り死亡数は増え続けている −各県人口動態統計2013/1分−: ずくなしの冷や水

2013年03月01日

出生数は減り死亡数は増え続けている −各県人口動態統計2013/1分−

2013/1月の市町村別人口動態の公表が始まった。出生死亡比率は、悪化を続けている。2013/1の死亡数が増えていることが主因。


福島県は、汚染が相対的に低い会津地方と内陸部の郡山市を中心とした地域の出生死亡比率が連続的に低下している。

月別に見ると次のとおりだ。誰が見ても人がどんどん死んでいくとしか見えないはずなのに、なぜ呼び戻そうとしたりする?

群馬県、山形県も良くない。長野に比べるとはっきりする。茨城は1年目が悪すぎた。

東京は、10区、13区、23区が良くない。

出生死亡比率の変化と変化率

小選挙区 主要都市 事故前 1年目 2年目 1年目/前 2年目/前
福島2 郡山市 0.96 0.83 0.76 0.86 0.79
福島1 福島市 0.69 0.49 0.57 0.71 0.83
東京23 町田市 1.12 0.98 0.95 0.87 0.85
福島4 会津若松市 0.52 0.47 0.44 0.91 0.85
町田市が福島県下と並ぶ出生死亡比率の悪化。市民グループが低線量被曝症状を調べているが、原因究明が急がれる。

群馬5 渋川市 0.55 0.50 0.48 0.91 0.87
神奈川13 大和市 1.35 1.24 1.18 0.92 0.87
神奈川11 横須賀市 0.70 0.65 0.61 0.93 0.88
神奈川6 保土ケ谷区 0.91 0.79 0.81 0.87 0.88
神奈川16 厚木市 1.21 1.08 1.07 0.89 0.89
茨城3 取手市 0.96 0.83 0.85 0.86 0.89
渋川市、取手市は、汚染が強いから驚きはないが、神奈川県の4小選挙区がこれに並んでいる。

静岡1 葵区 0.92 0.86 0.82 0.94 0.89
東京10 豊島区 0.77 0.78 0.69 1.01 0.89
静岡1区の出生死亡比率の悪化が大きい。豊島区は、1年目は改善したが2年目にどんと悪くなっている。老人割合が高いのだろうが、終末期医療機関があるようにも思えないが。

東京20 東村山市 1.00 0.91 0.90 0.91 0.90
東京25 青梅市 0.73 0.68 0.66 0.93 0.90
福島3 須賀川市 0.68 0.62 0.61 0.90 0.90
新潟1 中央区 0.94 0.91 0.85 0.97 0.90
東京20区、25区は、初期プルームの影響がありそうだ。福島3区に並ぶ出生死亡比率の悪化。

神奈川8 青葉区 1.57 1.44 1.41 0.92 0.90
神奈川8区も出生死亡比率の悪化止まらず。この冬の死者が急増している。

群馬3 太田市 0.95 0.93 0.86 0.98 0.90
秋田2 大館市 0.38 0.37 0.34 0.98 0.90
新潟6 上越市 0.62 0.56 0.56 0.91 0.91
山形2 米沢市 0.62 0.56 0.56 0.91 0.91
群馬2 伊勢崎市 0.83 0.80 0.75 0.96 0.91
静岡6 沼津市 0.60 0.57 0.54 0.96 0.91
東京19 西東京市 1.15 1.11 1.05 0.97 0.91
神奈川14 相模原市 1.26 1.12 1.14 0.89 0.91
神奈川15 平塚市 0.99 0.90 0.90 0.91 0.91
東京19区、神奈川14区は落ち方が早い。神奈川15区の平塚市長は甲状腺の手術をした。

千葉県は、全体的、継続的に出生死亡比率が下がっている。特に濃厚汚染地帯の出生死亡比率の低下が顕著だ。

千葉8 柏市 1.23 1.13 1.05 0.91 0.85
千葉9 佐倉市 0.87 0.82 0.77 0.95 0.88
千葉1 中央区 1.29 1.16 1.14 0.89 0.88
千葉13 鎌ケ谷市 1.14 1.08 1.02 0.95 0.89
千葉6 松戸市 1.18 1.14 1.07 0.96 0.90
千葉5 市川市 1.63 1.51 1.47 0.93 0.91
千葉4 船橋市 1.38 1.31 1.26 0.95 0.92
千葉2 八千代市 1.21 1.12 1.12 0.92 0.92
千葉11 茂原市 0.50 0.48 0.46 0.97 0.92


2013/1中に、白井市0.08%、長生村0.05%、一宮町0.04%、印西市0.03%、流山市0.03%人口増加だ。白井市、印西市、流山市いずれも指数が良くない。少なくとも子供を連れて転入する場所ではない。年寄りならご自由に! だが。

埼玉県が未公表となっている。
posted by ZUKUNASHI at 09:52| Comment(0) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。