東京都多摩南部などで健康被害がひどいようだ 健康診断の受診が必要: ずくなしの冷や水

2013年03月07日

東京都多摩南部などで健康被害がひどいようだ 健康診断の受診が必要

木下黄太のブログ2013/2/22の記事に、多摩南部で5か月の間に、近隣で生まれた子ども4人が、心臓に穴が開く、いわゆる「チェルノブイリ・ハート」状態で生まれたとの深刻な健康被害事例が載った。都市名は記されていないが、多摩南部と言えば、通常、八王子市、日野市、稲城市、多摩市、町田市を指す。

次の地図のマークのある地点は、2011年上半期と2012年上半期の死亡者・出生者数を比較して出生数の減、死亡数の増という形で人口動態が悪化している都市を示す。早い段階から東京都西部では、このような傾向が見られた。


これは、2011/3/15に関東を襲ったプルームの主流がこの地域を通ったためと見られる。

次は、2012/7/6、保安院が発表した「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴うWSPEEDI-II による放射能拡散予測結果について」(平成23年3月17日(独)日本原子力研究開発機構)に掲載されていた図だ。元図を拡大し、地名等を書き加えた。


3/6、ぐらんばにあ王妃(都下de被曝) ‏@BiancaWhitake2氏が次のようにツイート。同じ件だが、少しずつ情報量が違う。

「自分が都内で多く甲状腺検査をしてる医師から直接聞いた話だと、甲状腺エコー異常所見より、数的に白血球値の急激な下落が大変多いと。子供に顕著だが全年齢帯もその状態。特に稲城に異常所見患者が多く稲城に続く丘陵地帯の多摩町田八王子、平地の国分寺立川小平でも増加」

「都内で多く甲状腺検査してる医師から直接聞いた話。甲状腺エコー異常より白血球値下落の方が多く全年齢帯でよく見られる。時間を追い状況が悪化。23区特に東葛は言わずもながら稲城の状況が大変悪い。続いて丘陵続きの川崎多摩町田八王子。平地の立川小平国分寺も増加」

「主治医が話してましたが患者で多いのは甲状腺エコー異常<白血球値下落。23区内(特に東葛地区)より時間的に 遅れて多摩地区の稲城が一番白血球値下落が多く平地の国分寺立川小平が続いて多いそうです。」

「白血球値の急激な下落が大変多い」のであれば、潜在的になんらかの健康障害を抱えている恐れがある。

都市ごとの計算ではブレが大きくなるので、この地域の小選挙区ごとに、福島第一原発事故前1年、事故後1年、事故後2年目と期間を区切って出生死亡比率を計算すると次のようになり、どこも悪化が顕著だ。白血球値の急激な下落は、この比率がさらに悪化する恐れを示唆している可能性がある。


町田市ではいくつかの市民クループが活動しているが、「子どもと未来をつなぐ会・町田」が2011/12/14に「【健康調査報告】★ちいさな気づきで子どもを救おう!!プロジェクト★」を掲載している。

福島第一原発事故事故直後から、鼻血の症例が多い。初期のプルームが濃厚でしかも何日間も大気の汚染が続いた可能性が疑われる。

同じ市民グループが土壌調査を行っているが、その結果も入れて都内の土壌汚染状況を整理すると次の図になる。

当初、丘陵地帯の初期被爆が多いと見られたことから次のように標高を調べてみた。春日部市から平塚市に至る線の主要都市とその東西の都市の標高。標高の高いところで健康影響が強い。稲城市は、この図では都内でも標高が低いほうに入るが、血液の異常が多いということは、大気中の放射性物質の滞留がより長期間続いたのかもしれない。稲城市の人口動態は、当初悪化の程度が低かったところであり、ぐらんばにあ王妃氏の情報に驚いた。

隣接する相模原市の津久井クリーンセンターのし尿汚泥のセシウム濃度は顕著には下がっいてない。この地域の人々のセシウムの体内取り込みは収まっていない。

ぐらんばにあ王妃氏の情報も加えると、この地域では
@ 福島第一原発事故後、この地域へは3/15にプルームの第一波が襲来し、放射性物質で汚染された大気をもたらした。それは、比較的地表に近いところを流れたとみられる。
A 福島第一原発事故後間もない時期の鼻血等の被曝症状から始まり、突然死の例も伝えられ、最近ではチェルノブイリハートなどの発症例が出ている。
B 土壌調査結果でも汚染は強い。
C 出生数と死亡数の統計でも出生が減り死亡が増えている。
D 血液検査の結果、白血球値下落が全年齢で観察されている。

以上のところからすれば、この地域ではすでに健康被害が顕在化しているが、この先さらに被害が多発、深刻化する恐れがある。

これらの地域にお住まいの方は、健康診断が欠かせない。そして、今からでも、飲食物に最善の注意を払うよう強くお勧めする。今となっては、放射性物質の体内取り込みを徹底的に排除しつつ、排出を促していくしかない。

(初出 2013/2/23 追記 3/6 3/7)
posted by ZUKUNASHI at 21:51| Comment(0) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。