円はもうすぐ紙くずになる?: ずくなしの冷や水

2013年02月26日

円はもうすぐ紙くずになる?

2012/11末から2013/2初めまでの2ヶ月強でドル円が82円近辺から93円近辺へ11円も円安に動いている。到達時期、そこまでの経路は別として1ドル100円を見込む声も強い。

輸入物資は値上がり必至。放射能で倒れるか、生活苦で倒れるか、どっちも自己防衛しかない。

1万ドル保有したとしても、93万円が100万円になるだけで生活防衛にはあまり役立たない。為替の手数料も高い。

私の場合は、車を手放して年間8万円程度の出費の削減になるが、次の手がない。働ける人は、少ないカネでも稼いだほうが良い。

いずれ日本からのキャピタルフライトが生じ、1ドルが100円を大きく上回ると思う。

日本の中央銀行は、景気刺激しか眼中にない首相の走狗になる。

・・・・・

2/5、白川日銀総裁が任期満了前の辞意を表明。円安が進行。

2/7、ECBドラギ総裁が、「為替レートは政策目標ではない。しかし、為替レートは成長と物価安定にとって重要だ。そのため、ECBはユーロの上昇が続くかどうかを見極め、物価安定に対するリスク評価を見直していく。中期的な物価動向見通しへのリスクは引き続きおおむね均衡している。間接税の引き上げや原油高などがインフレへの上振れリスクとなる一方、経済活動の低下や最近のユーロ上昇は下振れリスクだ」と発言し、ユーロが急落。

2/8、ヨーロッパなどで政府の円安誘導に批判の声。円高が進行。
コマツ会長で政府の産業競争力会議の民間議員を務める坂根正弘氏は、日本が金融政策により円安誘導を図っているとのドイツ、韓国要人の批判に対し「この程度の円安で悲鳴を上げているのではドイツ、韓国のトップはだらしない」と述べた。2ヶ月前までは日本の経営者は円高に悲鳴を上げていたのだが。円安誘導をめぐり、海外との摩擦が強まる恐れ。

2/8、麻生太郎財務相は衆院予算委で、「為替が妙にわれわれの意図しないぐらいに78円とか79円だったのが、いきなり90円になってきた」と述べた。

2/8、安倍首相は衆院予算委で、次期日銀総裁人事について「(国際的な通貨政策を非公式に協議する)国際金融マフィアになり得る能力も重要だ」と語った。

中国の為替操作国認定問題は静まっているが、中国はしめしめと思っているだろう。問題が再燃したら、日本を引き合いに出せばいい。

日本円は、2/11の米国市場時間に、米国が日本のデフレ対策に理解を示したとの報道で円安進行、一方、2/12の米国市場の始まる前に、「G7(7カ国首脳会議)声明は市場が誤解しており、過剰な円の動きへの懸念を示唆しているものだ」との当局者の発言が伝わり円高に振れた。

コメント欄で「東京工業品取引所のガソリンが1キロリットル82000円を」超えて来たと教えてもらった。私が2/12灯油を買いに行ったら先週より1円上がってリッター98円だった。

次のグラフは株式会社コムテックスのサイトから拝借。一定時間が経過したら消去する。


・・・・・

日本株の上昇が続いている。次は新聞アカハタの2013/2/16の記事に掲載されたもの。国内法人は、この上げ相場で一貫して売り、個人は最初売りで2月に入って買い越しに転じている。海外投資家の累積買い越し額が巨大になっており、それをどう処分するか。もっと個人買い越しが増えないと出口戦略はうまくいかない。

GCオプティキャストの東証1部平均PER。20倍を超えてきているから経済が安定しているときの水準だ。

だが、個人が大量に買い越しとなるためには、ブームが必要だ。現金で置いておいたら目減りするからインフレヘッジを狙った株買い、外貨買いがどこまで盛り上がるか。

私は、将来的に円は安くなると思うが、日本株は紙くずになるものも多いと思う。とにかく人口が減っていくし、消費税は上がる、賃金は上がらないという中で、どの業種の株も上がるということはない。

藤原直哉 ‏@naoyafujiwara氏の2013/2/18のツイート
「ほら、海外投機筋に相場を動かさせて、個人を買い手にして、法人が売り抜けている。まさに売り逃げ相場。ババをつかむのはいつものように欲深い個人」

予算委員会で3回もトイレに行った安倍晋三首相の健康不安説再燃、「外債ファンドを検討する必要性は薄まった」と外債ファンド見送りへ。円安進行停滞。さあ、外資投機ファンドはどうする。日経平均が11500円に達しても個人投資家の買いの動きは鈍い。PERは約20倍。


外資系証券はしきりに買いを勧めている。

相場師 ‏@internet_co氏の2/26のツイート
#TPP 情けないね。安倍首相、訪米で・「出迎え無し」・「晩餐会無し」・「昼食会ボトルウォーター水だけ」・「記念撮影拒否」・「記者会見拒否」。報道が規制されている為、知らないのは日本国民だけ。米は日本を大きめの韓国位の認識
・・・おかしいなと思っていたが、歓迎されていない、相手にされていない。まあ、先方は、日本は属国だと見ているだろうし、こちらの機嫌を取ることもないのは無理もないが。

(最終改訂 2/26)
posted by ZUKUNASHI at 14:54| Comment(2) | 社会・経済
この記事へのコメント
東京工業品取引所のガソリンが1キロリットル82000円を今日2/12に超えました。
これはとんでもない価格です。
この価格は一月後位に店頭価格に反映されます。リッター170円位になるかも知れません。
当然、灯油、軽油、重油もとんでもない価格になります。
まさに第3次オイルショックの到来です。
アベノミクス恐慌です。
これからマスコミが大騒ぎするでしょう。
Posted by 川村純生 at 2013年02月12日 21:52
川村さんご教示ありがとうございます。グラフで確認し驚きました。景気がよくなって需要が増えるというのではなく、先行きの円安進行を見込んでいるということでしょうか。アベノミクス恐慌、確実ですね。
Posted by ずくなし at 2013年02月12日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。