もし私がリッチだったら健康被害を叫ぶ人間は敵だ: ずくなしの冷や水

2012年07月06日

もし私がリッチだったら健康被害を叫ぶ人間は敵だ

福島第一原発事故の日本経済への中期的な悪影響について、経済界が懸念を強め、焦り出しているようだ。確たる材料は提示できないが、どうもそんな気がしてならない。

企業業績については、事故のあった2011/3期はわずか半月を残すところだったから影響は少なかったし、2012/3期は未曾有の原発事故によって悪影響が出たといって利害関係者に理解してもらえただろう。

だが、この悪影響がいつまでも残るとなると、立ち行かない会社も続出する。

それが最も早く、劇症的に現れたのが電力会社だ。原発再稼動の見込みがないとなれば原発関連資産は無価値となり、その処分に膨大なコストを要する負の資産に転化する。原発を有する電力会社9社の総資産額は44兆6千億円、純資産7兆円。これらの4分の1が原子力関連だとすると、それぞれ4兆円、1兆7千億円になる。

銀行にしてみれば、貸付先の財務内容が極端に悪化する。会計基準を変えてそこは見ない振りをすれば良いようにも思うが、国際的には通用しないだろう。財務内容劣悪な企業に巨額貸付となれば、銀行自体の信用・格付けにかかわる。

脱原発となった場合、関連企業、周辺産業への打撃も想像を超える。東電の例では、これまではプラントメーカーにオフォーを出させ、気前良く金を支払っていたというが、そういう甘い仕事が消えてしまう。

原子炉メーカーは、国内での新規受注が見込めないとなれば、原子力部門の縮小を余儀なくされる。これだけの事故がおきて海外に日本の悲惨な実態が伝わっているのだから、新規建設案件はあっても例外的なものになるだろう。

原子力関係の学科を置いていた大学も困ることになる。すでに希望者激減だという。原子力関係の団体も立ち行かなくなる。

社会的に高い報酬を得ていたこれらの企業や団体に勤めていた人たちの職場が失われても、それに代わる場はない。

原発推進派が民主党にねじを巻いて再稼動を強行させたのは、「経済が大混乱する。政権は社会秩序を維持できるのか。再稼動してリスクが増えても経済混乱、社会混乱による政権への負担の方が比較にならないほど大きい」という理屈だと思う。

すでに、外国企業や大使館がその業務やオフィスを海外に移転させる例が出ており、外国人観光客も激減だ。ホテル業界や不動産業界は深刻な影響が出ているだろう。

そんな背景があって、大飯原発が多くの国民の反対の中で再稼動したが、原発が再稼動したからといって、福島第一原発事故に起因する日本経済の危機が過ぎ去ったわけではない。

福島第一原発4号機こそが東日本、とりわけ東京の命運を握っている。燃料プールの冷却が止まり、再度放射性物質が大量に放出される事態になれば、プルームは冬と異なり浜通りを北か南に流れる。

南に流れて東京をさらに汚染すれば、東京は今以上に人の住める場所ではなくなってしまう。いくら政府が隠蔽しても、健康被害はさらに広範、深刻となり、人が消えていくだろう。

関東地方がさらに汚染されれば、関東で栽培された農産物を買う人はいなくなる。農業活動も停止し、関連産業は崩壊する。無人の自動車販売店、ガソリンスタンドにコンビニ・・・。都市に近い東京湾岸のロジスティックセンターを出入りするトラックも見かけなくなるだろう。

すでに海外に進出し、生産拠点の重点を国外においてある企業は、操業を継続できるかもしれないが、銀行、証券、システムなどの会社は人がいなくなれば東京に事務所を置いてはおけない。

ビルはがら空き、丸の内の新鋭ビルも夜は明かりがつかないなどという恐ろしすぎる事態が現出する。

こうなったとき、一番打撃を受けるのは不動産会社だ。立派なビルも太陽光発電ステーションや放射性廃棄物の置き場くらいにしか使えない。長野の山の中の方がよほど地価が高くなるだろう。

上場不動産上位12社の総資産額は19兆円、純資産額4兆7千億円。不動産会社は、東京や関東だけに資産を保有しているわけではないが、高収益物件は東京に集中だ。

一流不動産会社の資産が一夜にして無価値になるとは言えないが、それに近いことは起こるだろう。不動産会社の保有資産が暴落すれば、グループの銀行の財務内容も大幅に悪化、電力会社の原発関連資産は今度こそマイナスの資産となってメガバンクが倒産の危機に瀕し、公的資金が投入されるだろう。

地方銀行も住宅ローンで稼いでいるところが多いから、個人顧客が返済不能になったと自己破産を申し立て、ばたばた倒産するだろう。こちらは公的資金を投入して整理するしかない。

大企業だけでなく、中小の不動産会社も同じ運命だし、外食や物販企業も同じだ。タクシー会社やバス会社はお客がいなくなる。

もし、私が高収益の物販店のオーナーで、儲けた金で不動産会社の株でもしこたま買い付けていたら、とにかく上に書いたような悪夢が来ないよう毎日神社巡りをして万札のお賽銭を投じていると思う。

そして、東京に住んでいても健康被害は免れないなどと書いてあるブログを憎悪の目で見るだろう。人が少なくなれば、物販も不動産会社の収益も落ちていく。とにかく、今より景気が悪くなるようなことは困る。

私がオーナーの物販店の従業員は、どうせ安い賃金だろうから、店がつぶれたらどこかに移って働けばよいと考えるだろうが、上に上げたような著名な銀行、不動産会社など大企業の従業員は、とにかく自分の会社が安泰であることを切に願うだろう。

毎週金曜日の官邸前のデモで、東京の汚染実態や健康影響問題に触れるのはタブーらしい。

もし、私がリッチだったら、そういうデモ隊の自己規制は大歓迎するだろう。とにかく、東京に人がとどまってくれさえすれば、原発反対でも、野田政権打倒でも、好きなだけやってくれというイスタブリッシュメントと同じ立場をとっているはずだ。
posted by ZUKUNASHI at 23:25| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

私は30代半ばで東京在住ですが、職業柄(底辺のサービス業)、収入や雇用の心配は常にあり、なんとか職以外での収入源を確保し、精神的安定を得たいと願っています。

そこで近年ではJREITに傾倒し、金融資産の3割程度(といっても高がしれていますが)まで増やしてきました。
(3226,3240,3269の住宅系専門。以前は8952などもありましたが、さすがに手放しました)
幸い(?)家族は犬だけ、身寄りもなく物欲もない方なので、配当が年100万円もあれば田舎のボロ屋を探して移住しても良いと思っていたので…。

東京に住みながら東京のREITに出資する…考えてみれば一極集中に過ぎますね。
東京が住めなくなるという心配は常にあったのですが、投資する際はどこか「外国人が『どうせ住むのはオレ達に関係ない日本人』」などと考えて日本の不動産を買うような、まさに“リッチ達”の「自分以外の人間が住んで家賃を払ってくれる」というような、どこか遠くから見ていたような気もします。

いや、国債がらみでの金融機関崩壊→不動産市場崩壊の心配もあるし、経済的自立への道はまだまだ遠そうです。

田舎への移住も、出来れば海の見える処なんて考えてもいましたが、いまや魚を見ても食欲湧かず(苦笑)

以上
自分のことだけで失礼しました…。
Posted by レナ at 2012年07月07日 10:03
レナさんこんにちは
REITの動き、見ていませんでしたが、昨年末を底に回復してきているのですね。確か、GSが日本の不動産に新規投資するとか伝えられていましたし、下がれば日銀も買いを入れることになっているので、その影響でしょうか。
「“リッチ達”の「自分以外の人間が住んで家賃を払ってくれる」」か、少し疑問に感じます。リッチは、海外にも居住の場を持ち、いつでも逃げられるようにしているのではないでしょうか。
東電のトップは、一時ハワイに逃げていたとの情報もありました。
若い方々が大切な蓄えをどんな形で保有するかは、とても難しいと感じます。
東海アマ氏は、紙幣は紙切れになる、硬貨は金属としての価値が残るとの意見ですが、硬貨をそんなにたくさん置いておく場所もありませんよね。
雇用も厳しさを増すように感じています。東海アマ氏は介護職の資格を取っておくのが良いとの意見ですが、これはその通りだと思います。
地方は老人だらけ。東京から避難した場合に仕事が見つけやすいというのは確かでしょう。
生活設計の大前提は健康です。健康被害が生じないよう今後も気をつけてください。
Posted by ずくなし at 2012年07月07日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。