米国西海岸も強い放射能汚染: ずくなしの冷や水

2012年03月27日

米国西海岸も強い放射能汚染

アーニー・ガンダーセン氏の妻マギー・ガンダーセン氏は、2012/3/12、バーモント大学で開かれたシンポジウムで、福島第一原発事故による米国西海岸の汚染について、次のように発言。

カナダのブリテッシュ・コロンビアからシアトル、ワシントン州、オレゴン州の全域、カリフォルニア州の一部に放射性物質が降下した。

オレゴン州ポートランドの有機農場は、大量の放射性物質を検出したため、農産物の販売・生産をやめている。

ハワイでは果物やミルクが汚染された。

上から、ブリテッシュ・コロンビア、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州。

コロンビア川が市内を流れるポートランドは、太平洋への穀物の積出港として知られる。ポートランドからコロンビア川に沿って東に山脈を横断すると穀倉地帯が展開する。
Map of ground deposition of caesium-137 for the Fukushima-Daichii accident.
posted by ZUKUNASHI at 00:17| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。