放射能回避日記 2012/2/20−2/22: ずくなしの冷や水

2012年02月22日

放射能回避日記 2012/2/20−2/22

2/22
2/21に東葛飾地域に住む親父に会ったら、向こうから息子夫婦の動向を話してくれた。息子が避難先への転職の準備を始めたという。いつまでも二重生活は続けられないからだが、スムーズに運んで欲しいとの親父の願いを感じ取った。

私が、避難も考えていると告げた時には、棺箱(棺おけ)に片足突っ込んだジジイが何を言うかと嘲笑していたが、事の深刻さが分かってきたのだろう。

*町民のマスコミでの発言に報奨金。避難区域に指定された町から避難している人から聞いた話がツイッターで流れている。
今日、福島の○○町(避難区域)から来た方が、この町ではTV出演は町を通してと言われてて、「帰りたいです」「復興」って言って出たら町から1万円もらえるという噂を。「避難したいです」は出演不可と。
・・・原発周辺の町は、なんでもカネで動かせると思っているらしい。そんな町に住んでいたら、理性や常識が麻痺してしまう。

*共産党東京都議会議員団は2/21、都立水元公園(葛飾区)の野鳥観察舎入り口などの土壌から、最高で2万3300ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
・・・柏の葉公園も水元公園も立ち入ると健康にリスクを生じる。

*アーニー・ガンダーセン氏が新著「福島第一原発 真相と展望」(集英社新書)の出版を機に来日し、2/20、日本記者クラブで会見している。

福島第一原発のマーク型原子炉について、設計上の問題を列挙。放射能の封じ込めが設計上、地震・津波の情報を無視していること、東電と規制当局の密接すぎる関係などを指摘。住民避難や廃炉、除染について「日本政府は東電を守ることを最優先し、国民を守ることは第二になっている」と批判。

原発建設の3条件として冷却水の確保、地震、人口密度をあげ、日本は冷却水は十分だが、地震、人口密度からみて、原発は困難だと。「100年に一度ではなく、1000年に一度のレベルで起こる地震に耐える原発は構造工学上難しく」、「ほかの代替エネルギーを探す方が望ましい」と指摘した。

使用済み核燃料の処分方法について、「私の学生のころから解決策は5年もあればできるといわれたが、その5年は一度も来なかった」と述べ、ガラス固化法は解決にならないと説明した。

*近所のおばさんが、ダッフルズコートをくれた。もらいものだが、自分の亭主には大きすぎるという。こんなコートを着ているのは、育ちのよい、お金持ちだけなので断ったが、無理やり試着させられ、ぴったりねと言うなり帰って行った。Gloverallのブランドがあるから、それなりの品物なのだろうが、傷んではいないものの古着だ。

なんでこんなものをくれるんだろうと暫し考える。昨シーズン着ていたものが、オークション市場などに安く出回っているのではないか。放射能が高いから処分した人がいる??

放射能を測定してからでないと、着たくない。

私が少し値の張る新品を持っていると、息子が「それどうしたの?」と聞く。この前も、空港で出発前に写真を撮ろうとポケットから新型のデジカメを取り出した途端に聞かれた。

友達からもらった、と答えたが、本当は借り物だ。「ブログ見ている人が支援したいと写真撮影用に貸してくれた」というのが正しい答えだったが。

襟が擦り切れたボロの上にダッフルズコートなんかを着ていたら、放射能で頭おかしくなったかと、「どぉーしたの?」と聞くだろう。もう、私が生きている間に会うこともないかもしれないから、聞かれることもないか。

*パートの同僚が、私の退職を控えて寿司をご馳走してくれた。その同僚には私がこのブログを書いていることは教えていないから、「寿司食いたーい」と書いたことは知るはずがない。

ごちそうになることもあり、あまりたくさんは食べなかった。

*福島第一原発2号機の圧力容器蓋近くの温度が急上昇しているとの観察がある。

2/21
東海アマ氏のツイートが2/20来、死刑制度を論じ続けている。同氏の死刑制度批判の主張には、人生や社会についての深い観察、認識があると思う。平易な言葉でこれだけ語れるのはすごい。時間のあるときにご覧になることをお勧めする。

「あなたは加害者が実は自分かもしれないという視点が皆無だ。自分が犯罪を犯さないとでも勘違いしてるのではないか?」

「あなたも、人の心を理解していない人だな。たかが数名殺した程度の人をそこまで問題にしてるヒマがあるなら、数千名、数万名、いや今数千万人を殺害しつつある国家や東京電力に対して、なぜ同じ立場で対さないのか? ただちに東電幹部をあなたが処刑すべきだろう」

*次の2件は東海アマ氏のツイートの中に流れていた情報。
千葉県松戸市の9カ月のお友達の子供が、朝心肺停止の状態で亡くなりました。放射線の影響でしょうか・・・・

既に結果が出始めていますね。私の東京の元仕事仲間も昨日心不全で亡くなりました。悲しいです。彼女は食べて応援してました。

*福島県南相馬市の被災者・避難者向けに同市内と北陸三県で放送している情報番組「南相馬チャンネル」が、3/11から全国配信される。同事業を支援する官民合同の「東日本復興支援コンソーシアム」を3月中に設立し、将来的に他の被災自治体の情報も全国配信する「東日本復興チャンネル」に発展させる。

南相馬市や北陸総合通信局などが2012/2/20に都内でコンソーシアムの設立発起人会を開き、事業計画を決定した。南相馬チャンネルはシステム開発のヨーズマー(金沢市)が昨年7月に南相馬市で放送開始。同9月から北陸への避難者にもインターネット接続できるテレビなどを通じて実験配信している。来月の全国配信を機に視聴制限を外すため、海外でもインターネットで見ることができる。

発起人16人を代表し、南相馬市の桜井勝延市長が「被災地再興へのシンボルとし、世界の英知や技術も集めたい」とあいさつ。(2/21富山新聞から)
・・・この世の地獄を世界に発信することにならなければよいが。

2/20
*福島第一原発1号機の覆いの北側窓から、2/20は朝8時になっても白い煙が出ている。湯気が寒さで白くなっているのだろうが、なぜ、こんなに湯気が出るのだろう。

郡山市の放射能関連の社会秩序が完全に崩壊、混沌状態になっているようだ。福島県がこの世の地獄になっているという指摘も決して誇張ではないと思う。南相馬では街のあちこちで放射性同位元素が見つかっている。

*飯舘村農民見習い伊藤延由氏のツイート(2012年2月19日-19:48)から
我が飯舘村の菅野典雄村長がニューヨークで講演されたと報道された、村の復興にかける意気込みを言葉巧みに講演されたようだ。でも、村民が何故こんな目に遭う破目になったのかを明かして欲しかった。そして原発がある限り飯舘村の悲劇が世界中に起こりうる事を語って欲しかった。残念なり!!。

*東京農業大学の林隆久教授は2012/2/1、福島県南相馬市、相馬市、新地町にある森林から採取した樹木の、放射性セシウム濃度の測定結果を発表した。林氏は、放射性セシウムが樹皮にとどまらず材の内部にも高濃度で浸透していると説明。測定した中で最も高かったのは南相馬市高倉のスギで、一番外側の年輪部分が1kg当たり5,430ベクレル、材内部の平均が2,300ベクレルだった。

試験体は2011年9月から12月にかけて、森林7カ所で採取した。スギやヒノキ、ナラ、クリなど30本前後を測定した。福島第1原子力発電所に近い南相馬市高倉、同大原、同太田の森林が比較的高く、材内部の放射性セシウム濃度の平均が438〜2,300ベクレルの間に分布した。周辺の空間線量は、文部科学省の放射線分布マップによると毎時1.9〜3.8マイクロシーべルト。

値が最低だったのは福島第1原子力発電所から最も遠い新地町のスギで、78ベクレルだった。放射性セシウム濃度は材の心に近づくほど概ね低くなっているが、心のほうが高くなるものも複数見つかった。

林氏が行った基礎実験では、葉に付いた放射性セシウムが24時間以内に根から先端の葉まで移動することがわかったという。「放射性セシウムは思っていたより早く内部に浸透していた。樹木内の水分は夏より冬のほうが動くので、冬の間にさらに浸透が進むと思われる。高濃度の樹木や樹皮、木材からセシウムが気化するリスクが懸念されるので、何らかの基準値が必要だとは思うが、線引きは難しい」と林氏は話す。 (ケンプラッツ 2012/02/03から)

*福島県が全県民を対象に実施中の健康管理調査で、県と福島県立医大は2/20、先行調査した浪江町と飯舘村、川俣町山木屋地区の住民について、東日本大震災後の4カ月間の外部被ばく量推計値を発表した。放射線業務従事経験者を除く一般住民の最高値は23.0ミリシーベルトだった。

3町村の対象者は2万9103人。1月末までに調査票を回収できたのは1万5158人で、今回はうち推計値がまとまった1万468人分(放射線業務従事経験者を含む)の結果を公表した。内訳は58.0%が1ミリシーベルト未満、99.1%は10ミリシーベルト未満だった。

一般住民で10ミリシーベルトを超えたのは71人、20歳未満の最高値は18.1ミリシーベルト。一方、放射線業務従事経験者の最高値は47.2ミリシーベルトだった。

*「このメディアは取扱いに注意を要すると 」東海アマ氏のツイートがヒートアップしている。死刑肯定論に対して
「ブロック願う」
「アンタが加害者だったかもしれないのにね サヨナラ」
「馬鹿に用はない」
「ボケはおまえだ 失せろ!」
「二度と来るな!」
「もう二度と縁がないね」
「二度と来るな! 失せろ!」
「君は脱原発を名乗る資格がない。君にふさわしい社会は、人間より見栄や利権を愛する原発社会だ 君は感情はあっても理性などカケラもない。そんな君が反原発などちゃんちゃらおかしい。制裁社会大好きとでも看板を変えよ」
「あなたとは永久に縁がないね。報復だけの地獄社会に行きなさい サヨナラ」
「君のような馬鹿は相手にしない」
それなりの年齢の男性のはずだが、よくここまで書けるものだ。だが、私は、死刑制度に関しては東海アマ氏に賛同する。
posted by ZUKUNASHI at 23:30| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。