kg当たり放射性セシウムの検出値: ずくなしの冷や水

2013年03月16日

kg当たり放射性セシウムの検出値

kg当たり放射性セシウムの検出値の例 単位:ベクレル

宮崎県川南町産荒茶 2
福島市内家庭菜園のタマネギ 4 (8/1 週刊現代)
佐倉市産梨 4.5 (8/30 市HP)
千葉県水揚げのカツオ 5
東京都町田市小学校給食用牛乳 6 (9/9 町田市議員HP)
宮城県産牛乳 9.2 (9/12 厚生労働省)
福島市内スーパーで購入の鶏卵 11 (8/1 週刊現代)
新潟県産(菌床)ナメコ 15(9/12 厚生労働省)
千葉県水揚げのマイワシ 16
横浜市と畜場南相馬市産牛肉 20
新潟市沖のマダイの内臓  21 (7/28 県)
福島市内スーパーで購入の豚小間切れ 24 (8/1 週刊現代)
野田市産小麦 27
成田市産小麦 30 (8/5 県)
八街市茶抽出液 31
栃木市産小麦 37
福島市内の学校給食 40 (8/1 週刊現代)
川俣町産鶏卵 60
小田原市産小麦の製粉 67(9/18「放射能防御プロジェクト」)
奥州市産六条大麦 76 (8/11 岩手県) 
東北太平洋沖合カラフトマス 76
奥多摩の杉花粉 93.8 (11/4 テレビ朝日)
養殖魚用飼料基準 100
福島県水揚げヒラメ 125
我孫子市破砕処理後不燃物(9/2採取分) 126
水道水基準 200
柏市産カボス 243(9/12 厚生労働省)
牛、馬、豚、家きん等用飼料基準 300
奥多摩の杉葉 322 (11/4 テレビ朝日)
肥料・土壌改良資材・培土基準 400
都内で購入した狭山茶 439 (7月 OurPlanetTV)
ひたちなか市産二条大麦 460
食品暫定基準 500(旧)
広野町産小麦 630
御代田町国有林の野生キノコ「ショウゲンジ」630(2012/8/31 県)
前橋市 赤城山・大沼のワカサギ 640(8/29 県)
南相馬市で水揚げされたスズキ 670(9/14 県)
南相馬市産の柿 670(11/8 県)
小田原市産足柄茶三番茶 670 
福島市内産ビワ 700 (8/1 週刊現代)
田村市産なたね 720
群馬県産ワカサギ 741(9/12 厚生労働省)
福島市内産茹でタケノコ 799 (8/1 週刊現代)
奥多摩町鶏ふん堆肥 890 (8/18 東京都)
汚泥肥料基準 1,000
フランス空輸静岡茶 1,038
伊達市の阿武隈川で漁獲されたアユ 1,120(9/14 県)
陸前高田市の松でできた薪の表皮 1,132(8/12 京都市)
福島市大波地区産のコメ 1,270 (11/25 県)
狭山茶一番茶の煎茶   1,319 (7月 市民団体)
伊達市産露地シイタケ 1,460
伊達市産ハウスシイタケ 1,770
角田市内で捕獲された野生イノシシの肉 2,200 (8/19 県)
いわき市に水揚げされたシロメバル 2,200(9/14 県)
勝浦市産荒茶 2,300
福島市・南相馬市産ユズ 2,400(8/26 県)
千葉県長柄町産茶の製茶 2,720(9/2 県)インターネット予約販売で130kg完売の由
横浜市の公園で栽培された椎茸 2,770(11/5 個人ブログ)
南相馬市産牛枝肉 3,200
二本松・相馬・南相馬市で捕獲されたイノシシの肉 3,221(8/26 県)
福島県白河市産のシイタケ原木 3,790 (12/7 青森県)
・・・ナラの原木は2011/1、福島県白河市の山林で伐採され、4月末まで現場に野積みされていた。
那須塩原市牧草 3,600
江戸川区臨海町土壌 3,693 (8/8「放射能防御プロジェクト」)
二本松市の民家のストーブ用まき(ケヤキ・クリ)4,395(2012/1/19 環境省)
コメ作付制限土壌 5,000
栃木県産乾シイタケ 6,940 (11/30 厚生労働省)
焼却灰埋立処分基準 8,000
いわき市沖海底土壌 9,271
経済産業省前の植え込み 10,013 (9/14 個人ブログ ガイガーでの測定値0.6μSv)
鹿沼市の業者が調製した腐葉土  10,700
柏市の廃油産廃焼却飛灰 11,500 (9/15 環境省)
川崎市中原区平間公園プール管理棟脇土壌 12,400 (8/18 市)
三郷市小学校脇土壌 13,812
いわき市沖のコウナゴ 14,400
岩手県で収集された枯葉 14,800
宮城県蔵王町の業者製造のヤーコン茶 17,200(2012/4/12 宮城県)
常総市立小学校のプール泥土 18,000 (2011/7/9 毎日)
飯舘村新田川のヤマメ 18700 (2012/3/28 福島県)
福島市民が庭先で栽培した茶葉 24,700 (2012/3/22 福島市)
南相馬市太田川沖合1キロ付近で採取したアイナメ 28,500(2012/8/21 東京電力)
十日町市幼稚園内の草葉の堆積物 27,000 (8/22 十日町市)
福島県棚倉町のチチタケ  28,000(9/3 県)
二本松市民家のまきストーブの灰 43,780(2012/1/19 環境省)
新潟市満願寺浄水場汚泥 45,544 (8/3 県)
福島市土壌 46,000
柏市内道路わき土壌 52,547
横浜市港北区マンション屋上の堆積物 60,000(9/17 市)
柏市焼却灰 70,800
栃木県北部で収集された枯葉  72,000
南相馬市稲わら飼料 75,000
郡山市豊田浄水場の汚泥 89,697
柏崎市・刈羽村のガソリンスタンド洗車場汚泥 90,000 (8/3 県)
南相馬市原町区土壌 96,000
高レベル放射性廃棄物  100,000
浪江町砕石場の生コン用砕石 120,200 (2012/2/15 県)
相馬市稲わら  123,000
福島県下の木くず・繊維くず産廃焼却飛灰 144,200 (9/15 環境省)
飯館村土壌 163,000
福島市内国道沿いの雑草 169,000(3/16測定 県 6/4報道)
江東区下水汚泥焼却灰 170,000
福島地裁会津若松支部敷地内雨水升 237,000(9/7 地裁会津若松支部)(186,000を再調査した結果)
柏市根戸の市有地地下約30cmの土壌 276,000(10/22 柏市)
福島市渡利地区土壌 300,000(10/5 NPO)
福島市内農家が2年連続使用のトンネル栽培用ビニール 310,000 (2012/4/11 県)
那須塩原市稲わら、350,000(2011/8/5 県)
郡山市稲わら   500,000
柏市根戸の工場の雨水枡の土壌 650,000(2011/12/28 環境省)
福島第1原発の港内で捕獲されたアイナメ 740,000ベクレル(2013/3/15東京電力) NEW!
浪江町土壌  780,000
南相馬市土壌 1,089,612 (2012/2/16 個人ブログ)
南相馬市原町区牛越土壌 1,320,000 (2012/5/10 南相馬市測定所)
南相馬市鹿島区橲原土壌 1,960,000 (2012/5/10 南相馬市測定所)
南相馬市小高区金谷土壌 5,570,000 (2012/5/10 南相馬市測定所)

このリストは、各種発表資料から拾ったものだ。同種の測定値がある場合は、最も高いものを拾っている。

「横浜市と畜場南相馬市産牛肉」20ベクレルは、横浜市の発表で7月に入ってからと畜された南相馬市産の肉牛枝肉の検査値。「南相馬市産牛枝肉」3,200ベクレルは、東京都のと畜場で処理されたもの。同時期、同一産地でも大きな差がある。

「八街市茶抽出液」31ベクレルは、お茶のこと。1kgで31ベクレルだから、180ccなら6ベクレル程度になる。この程度でも私は飲みたくないし、家族には飲ませない。

お茶では、「宮崎県川南町産荒茶」でもごくわずかに検出されている。やはり日本の隅々まで放射性物質が散らばったことの現われといえる。

二条大麦は、ビール麦とも呼ばれる。ビールにまで放射能ということになるのか。六条大麦からも検出されており、こちらは麦茶の原料になる。

「南相馬市原町区土壌」の検出値と「柏市焼却灰」はオーダーとしては似通っている。柏市の焼却灰に近い放射線レベルで暮らす・・・南相馬の人々の健康が心配になる。
posted by ZUKUNASHI at 09:15| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
信頼できるサイトと思い参考にしていますが、
下記について疑問意見を述べます。

宮崎県川南町産荒茶 2
フランス空輸静岡茶 1,038
やはり日本の隅々まで放射性物質が散らばったことの現われといえる。

その周辺地域から追従する報告データがその後無いので、本当なのか疑問に思われる。
強い偏西風帯域である富士山の火山灰で関東ローム層のみが形成されたことから、西日本はいまでも汚染されていないと推定される。
名古屋大の風況シミュレーションは地球全域でない三次元領域を区分した結果で、その計算仮定は偏西風を考慮していないと思われる。

以上
Posted by REYNOLDS at 2012年02月17日 04:36
REYNOLDSさん こんにちは
西日本は、東日本に比べて放射性物質の降下が格段に少ないのですが、まったくないということではなかったようです。
個人などが行った土壌調査の結果によると、静岡県ではセシウム検出の例が少なくありませんし、大分県 宇佐市大字森山でセシウム137が2.8ベクレル、杵築市大字横城字高岩でセシウム134が1.9ベクレル、熊本市打越町でセシウム137が4.7ベクレル、福岡県大川市新田ではセシウム137が3.5ベクレル検出されています。
中部以西の土壌調査では、場所によっては検出されないところもありますが、やはり全国的に程度の差はあれ、放射性物質の降下を免れることはできなかったようです。
長崎では、大気を機械で吸引してフィルターに付着した放射性物質を測定したら、2011/4/6からの1週間分でセシウムを11,300Bq/kgを検出したとも報じられています。
Posted by ずくなし at 2012年02月17日 08:10
原発からかんり離れてるのに、柏市根戸の工場の雨水枡の土壌 650,00には驚きです。
Posted by 匿名 at 2012年05月11日 22:57
柏市根戸の事例は、工場の屋根に降り注いだセシウムが雨とともに雨水枡に集まり、濃縮されたものと見られています。
この件に関しては、
「柏市の市有地で検出された高濃度放射性セシウムの謎は雨水枡の破損が原因」
http://inventsolitude.sblo.jp/article/49354227.html
「柏市根戸の高線量地点に関する環境省報告書」
http://inventsolitude.sblo.jp/article/52563488.html
などの記事を書きました。ご参考になさってください。
Posted by ずくなし at 2012年05月11日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。