木々と知り合う ジャスミン: ずくなしの冷や水

2020年09月19日

木々と知り合う ジャスミン

2011/5/9、街にジャスミンの香りが流れていた。気温が上がると匂いが強まるようだ。



次は、ジャスミンのボンボリ仕立てとでも言ったらいいだろうか。



種を明かすと、タブの木の幹を途中から切り落としたため、ジャスミンが登りついて丸く塊を作っている。2012/3/15撮影。


エジプトでは香水の材料になるジャスミンを栽培しているのだそうです。花が大きいですね。
posted by ZUKUNASHI at 17:45| Comment(1) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
ジャスミン、受け取りました(笑)
ありがとうございます。

私の猫の額では、ジャスミンとバラが同時くらいに咲いていることが多く、通りがかりの人が「バラが良い香りで…」とよく声をかけてきます。
夢を壊すかしら?と思って、「これはバラじゃありません!」と、はっきり否定しないことが多いです(笑)

パンチのある香りですよね〜。
春が待ち遠しくなってきました(笑)
いや、その前に金木犀か。
今年はちゃんと花芽が育ったかしら?と心配しています。
Posted by モトコ at 2020年09月20日 05:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。