木々と知り合う オオヤマレンゲ: ずくなしの冷や水

2018年09月15日

木々と知り合う オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ ミヤマレンゲ





大変美しい花だ。この写真は友人が撮ったものだが、半逆光で質感がよく分かる。
上の2枚は、2010/7/26撮影。



こちらは、柏の葉公園にて2010/8/29撮影。

オオヤマレンゲには、朝鮮半島から入ったオオバオオヤマレンゲという品種もあるらしい。おしべが赤いのは、オオバオオヤマレンゲ。

自生地の貴重な記録ビデオ 見当たらなくなっています。
http://matuoka777isenokamikaze.blogspot.jp/2013/02/blog-post_10.html

北欧の園芸家のツイートにこれがあります。


こちらは花弁の数が違うようだ。
posted by ZUKUNASHI at 00:35| Comment(3) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
オオバしかみたことありませんが、膨らんだ蕾がとてもかわいい!とおもったことを覚えています。マシュマロと和菓子の中間、そんな雰囲気でした。
Posted by ふじ at 2018年09月15日 12:43
この花はとてもきれいです。朝鮮系とされるオオバオオヤマレンゲを改めてみたら花弁の大きさと数がオオヤマレンゲと違いますね。最近はオオバオオヤマレンゲを庭に植えているところを見かけますから育てやすいのかもしれません。私の知る限り、樹勢の強いものに出会ったことがなく、付ける花の数も少ないので今一つ人気が出ないのかもしれません。
昔の日本人は、こういう花から和菓子のデザインを考えたことは間違いないでしょうね。
Posted by ZUKUNASHI at 2018年09月15日 13:10
モクレンの一種?
くらいしか言葉が出ない。

検索したら北朝鮮の国花らしいですね。
Posted by hiyaase at 2018年09月15日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。