木々と知り合う ジンチョウゲ: ずくなしの冷や水

2019年01月12日

木々と知り合う ジンチョウゲ

沈丁花



ジンチョウゲですね。日本ではまだですよね。冬、林のかげの陽だまりで咲いているのは見ますが。



Birmingham Botanical Gardens UK バーミンガムの植物園の方のツイートです。

これも沈丁花ではないでしょうか。Daphne Jacqueline Postillとあります。Daphneは上と同じです。

posted by ZUKUNASHI at 01:17| Comment(2) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
故郷で、知り合いにもらった切り花から根が出て、植木鉢に移すと、ぐんぐん育ち花を咲かせたのを思い出します。とても強い香りですよね。
Posted by ふじ at 2018年12月12日 12:20
ええ、そうですね。でも屋外では、そんなに大きな株がないせいでしょうか、金木犀のように香りに包まれるということもなく、長く嗅いでも嫌にならない香りです。
香りとしては、ヒイラギモクセイやナワシログミのほうが上品だと思いますが、春の陽光のなかでかぐこの香りは格別だと思います。
Posted by ZUKUNASHI at 2018年12月12日 12:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。