木木と知り合う 月桂樹: ずくなしの冷や水

2016年11月04日

木木と知り合う 月桂樹

ゲッケイジュは、カレーやシチューに入れる香り付けの葉、ローレルと言ったほうが分かりやすいだろう。



しかし、庭園樹として育っている月桂樹は、葉に泥がついていたり、蜘蛛の巣が張っていたりで、あまりきれいではない。もちろん、洗えばいいのだが。



林の南縁にあったゲッケイジュは、2011/1/22に蕾をつけていた。

2012/4/22撮影、雄花。


2012/4/19撮影、雌花


次の赤い楕円の辺りを探してください。月桂樹はくもの巣がついていることがよくあります。ちょっと汚く見えるかも。このブログに載っている木の写真は勉強のためならコピーしたりしてお使いになってよろしいです。
posted by ZUKUNASHI at 02:00| Comment(2) | 木々と知り合う
この記事へのコメント

学校の課題で樹木のことを調べているので
この月桂樹を見に行きたいのですが
どこで撮影したものですか?
Posted by Miho at 2016年11月04日 01:43
これは葛西臨海公園で撮影しました。この木があった場所を地図に落としてこの記事に掲げます。
Posted by ずくなし at 2016年11月04日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。