木木と知り合う なつめ: ずくなしの冷や水

2009年11月03日

木木と知り合う なつめ

写真は、畑の中にあったナツメだが、都会でも民家の庭に植えてあるのを見かけることがある。あまり大きくならず、落葉するまで続く細かい浅緑の葉の姿が目にさわやかだからだろうか。



次は、街中で見かけたナツメの木。マンションの3階の天井まで伸びている。2011/8/7撮影。



夏にかけて小さな実をつけ、茶色に熟したものはりんごのような味がする。種が大きく、可食部分は少ない。



子どもの頃、この木に小さな毛虫がいて、刺されるとビッと電気に触れたような痛みを感じたが、何の幼虫だったのか、いまだに分からない。

タブノキに付いていた毛虫に似ていたように思うが、敢えて刺されてみる研究心もない。
posted by ZUKUNASHI at 08:00| Comment(0) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。