木木と知り合う もくせい: ずくなしの冷や水

2011年04月11日

木木と知り合う もくせい

モクセイには、キンモクセイのほかに白い花の咲くギンモクセイ、ヒイラギモクセイなどがあり、同じように香るが、キンモクセイが花を数多くつけて、香りも強いので、最も普及しているのだろう。



暑さを経て気温が下がると花が開くようだ。だから、都内のきんもくせいは、郊外のものより開花がかなり遅い。



ヒイラギも、この仲間で、白い花をつけて上品な香りを漂わせる。下の写真の木は、相当の年数を経た大きな木で葉の刺はほとんどなく、花をたくさんつけている。





ヒイラギモクセイは、ヒイラギとギンモクセイの雑種だという。ヒイラギと区別がつけにくいが、葉のギザギザがヒイラギより少し小さいだろうか。





花の咲く順序は、キンモクセイ、ギンモクセイが早く、ナワシログミは、キンモクセイより少し遅れる。ヒイラギは個体差もあるようだが一番遅いだろうか。

モクセイの香りは、夜間や雨の日のほうが、より強く匂うのはなぜだろう。

次はなかなか珍しいモクセイの実。2011/4/10、柏市内で撮影。樹はキンモクセイのようだが、日本のキンモクセイに実は付かないとされているからギンモクセイかウスギモクセイなのかもしれない。5月になると黒く熟す。



次は、2012/4/1、千葉市内で撮影。植木の育成圃場で密に植えられているが、大きく育っている。自然に任せると、大きく、枝葉も豊かに育つことが分かる。

posted by ZUKUNASHI at 08:00| Comment(0) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。