米国防総省、オスプレイの墜落リスクを再評価し離陸停止-メディア: ずくなしの冷や水

2023年02月08日

米国防総省、オスプレイの墜落リスクを再評価し離陸停止-メディア

Pentagon grounds aircraft after reassessing crash risk – media
The US military reportedly plans a clutch redesign for its tiltrotor V-22 Ospreys, months after concluding they were safe to fly
An undisclosed number of the US military’s V-22 Osprey rotorcrafts have been grounded due to safety concerns, as the Pentagon works to resolve an issue with clutch failures, an unidentified defense official told Military.com and other media outlets on Saturday.

“This recommendation is based on a progressive increase in hard clutch engagements and ongoing engineering analysis,” the source said. The official declined to say how many of the aircraft were affected or how long they’re expected to be out of service.

The shutdown order affects V-22 Ospreys that have exceeded a certain number of flight hours – the official wouldn’t say how many – and those units will be temporarily fixed by replacing a part that has been deemed prone to early failure. A complete redesign of the aircraft’s clutch system is in the works to provide a permanent solution.

At issue is an “input quill assembly” that connects the V-22’s engines to its gearbox. The part can cause “hard clutch engagement” when it fails, making it difficult for pilots to balance power between the Osprey’s twin engines. One airman told Military.com of his experience with such a failure, which “blew everything apart” in the gearbox, dumping buckets of oil and forcing an emergency landing.
米国防総省、航空機の墜落リスクを再評価し離陸停止
-メディア
米軍は、ティルトローター機であるV-22オスプレイのクラッチの再設計を計画していると伝えられています。
米国防総省がクラッチの不具合問題を解決するため、米軍の回転翼機V-22オスプレイの非公表の数が安全上の懸念から離陸停止されたと、正体不明の防衛当局者が土曜日、Military.comやその他のメディアに対して明らかにした。

「この勧告は、ハードクラッチ接続の漸進的な増加と進行中のエンジニアリング分析に基づいている」と、関係者は述べた。この関係者は、影響を受ける航空機の数や、使用停止になる見込みの期間については言及を避けた。

この停止命令は、ある一定の飛行時間を超えたV-22オスプレイが対象で、関係者はその数を明言しなかった。これらのユニットは、早期故障しやすいとされる部品を交換することで一時的に修理される。しかし、恒久的な解決策を提供するために、航空機のクラッチシステムを完全に再設計することが計画されている。

問題は、V-22のエンジンとギアボックスをつなぐ「インプットクイルアッセンブリー」です。この部品が故障すると「クラッチの噛み合わせが悪くなる」ことがあり、パイロットがオスプレイのツインエンジン間のパワーバランスをとるのが難しくなる。ある飛行士はMilitary.comに、このような故障でギアボックスが「すべてバラバラになり」、バケツいっぱいのオイルが流れ、緊急着陸を余儀なくされた経験を語っている。
posted by ZUKUNASHI at 08:24| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。