西側が戦争から抜け出す方法を探している?: ずくなしの冷や水

2022年12月05日

西側が戦争から抜け出す方法を探している?



EU must ‘take action’ against US – von der Leyen
Joe Biden’s investment plan could threaten the bloc’s industry, the European Commission chief has said
European Commission President Ursula von der Leyen warned on Sunday that to be able to compete with the US’ government-subsidized green industry, the EU must “take action” and step up state aid to its own companies.

Signed into law by President Joe Biden in August, the Inflation Reduction Act (IRA) is – despite its name – a $738 billion spending package that allocates $391 billion toward green energy and climate-friendly industry projects, including $270 billion in tax incentives. Initially lauded by liberals on both sides of the Atlantic, von der Leyen now sees the act as a threat to Europe’s industry.

The IRA’s provision of tax breaks for consumers who buy American products, and manufacturers who produce these products in the US, could “lead to unfair competition, could close markets, and thus fragment critical supply chains,” she told a gathering of students in the Belgian city of Bruges.

With these incentives on the one hand, and the EU’s struggles with supply chain bottlenecks and record energy costs on the other, the IRA could place European industry at a disadvantage, she continued.

Competition between the US and EU “must respect a level playing field,” she declared. “We must take action to rebalance the playing field, where the IRA and other measures create distortions.”

To that end, von der Leyen said that the EU must increase state aid to its own industries, and invest in renewable energy, while lobbying the US to “address some of the most concerning aspects” of the IRA. Earlier on Sunday, the head of the European Parliament’s trade committee, Bernd Lange, said that pressing the US to rewrite the act is a waste of time, and that the EU should file a complaint with the World Trade Organization instead.

While von der Leyen blamed the Europe-wide energy crunch on Russia’s military operation in Ukraine, the EU’s own sanctions on Moscow impeded critical repair work along Russian-EU gas lines before deliveries were reduced. 

Moreover, the bloc pressed ahead with imposing a price cap on Russian oil on Saturday. On the same day, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said Moscow is not planning to recognize the measure. He added that the government is currently carrying out a review of the situation.
EUは米国に対して「行動を起こす」必要がある - フォン・デア・ライエン
ジョー・バイデン氏の投資計画はEUの産業を脅かす可能性があると、欧州委員会委員長が指摘した。
欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は日曜日、米国の政府補助によるグリーン産業に対抗するためには、EUは「行動を起こし」、自国企業への国家補助を強化しなければならないと警告した。

8月にジョー・バイデン大統領によって署名されたインフレ抑制法(IRA)は、その名前とは裏腹に、グリーンエネルギーと気候に優しい産業プロジェクトに3910億ドル、2700億ドルの税制優遇を含む7380億ドルの支出パッケージである。当初は大西洋の両岸のリベラル派から賞賛されていたが、フォン・デア・ライエンは現在、この法律をヨーロッパの産業に対する脅威と見なしている。

IRAは、米国製品を購入する消費者と米国で生産するメーカーに税制優遇措置を与えるもので、「不公平な競争を招き、市場を閉鎖し、重要なサプライチェーンを分断する恐れがある」と彼女はベルギーのブルージュで開かれた学生集会で述べた。

一方ではこうしたインセンティブがあり、他方ではEUがサプライチェーンのボトルネックや記録的なエネルギーコストに悩まされていることから、IRAは欧州の産業を不利な立場に置く可能性があると、彼女は続けた。

米国とEUの間の競争は、「公平な競争条件を尊重しなければならない」と彼女は宣言した。「IRAやその他の措置が歪みを生むような競争条件を見直すために行動を起こさなければならない」。

そのために、フォン・デア・ライエンは、EUは自国の産業への国家補助を増やし、再生可能エネルギーに投資しなければならないと述べ、一方でIRAの「最も懸念されるいくつかの側面に対処する」よう米国に働きかけを行った。これに先立ち、欧州議会の貿易委員会のベルント・ラング委員長は、米国に同法の書き換えを迫るのは時間の無駄であり、代わりにEUが世界貿易機関に提訴するべきだと述べた。

フォン・デア・ライエンは、ヨーロッパ全体のエネルギー不足をロシアのウクライナでの軍事作戦のせいにしているが、EU独自の対モスクワ制裁により、供給量が減る前にロシア-EU間のガスラインの重要な修理作業が阻害されたのだ。

さらに、EUは土曜日にロシアの石油に価格上限を設定することを決定した。同日、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、モスクワはこの措置を承認するつもりはないと述べた。さらに、政府は現在、状況の見直しを実施していると付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 07:32| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。