米国人傭兵の死は、ウクライナの「国際軍団」での奉仕活動の暗い現実を露呈している %読み応えあり%: ずくなしの冷や水

2022年12月03日

米国人傭兵の死は、ウクライナの「国際軍団」での奉仕活動の暗い現実を露呈している %読み応えあり%

The death of a US mercenary exposes the bleak reality of service with Ukraine’s 'International Legion'
Grim accounts from surviving volunteers are forgotten as Western media favors fantasy narratives about Ukrainian heroism and success
It’s been confirmed that Trent Davis, a 21-year-old US citizen who travelled to Ukraine to fight in the International Legion, has been killed in combat. The tenth American known to have met their end in the conflict, his premature death highlights the enormous dangers facing foreigners joining Kiev’s fight.

Davis was an army veteran, having enlisted at just 17. However, he had no actual combat experience, having served as a chemical, biological, radiological and nuclear (CBRN) defense specialist, before leaving in December 2021.

He reportedly travelled to Ukraine in March to join the Georgian Legion, a unit so notorious for executing Russian prisoners of war that even the Western media has been forced to acknowledge its savagery. The foreign mercenaries, however, considered Davis incompetent and insufficiently experienced to take part in hostilities, so he was sent home two months later.

Davis returned in October, and two weeks later was overjoyed to inform his mother that he had signed a contract and was now officially part of the International Legion, created on 26 February by Ukrainian President Volodomyr Zelensky to attract foreign fighters.

“Anyone who wants to join the defense of Ukraine, Europe and the world can come and fight side by side with the Ukrainians,” Zelensky said in a statement at the time, in which he eased visa restrictions to facilitate their arrival.

Davis told his mother he would soon be heading out to fight in a counteroffensive in the south of Ukraine. His mother and father never heard from their son again. On 8 November, he was killed on his very first mission, as Ukrainian forces attempted to recapture Kherson. 

The details of how Davis died are murky, although the greatest mystery of all is why he was hired by the International Legion in the first place, let alone sent to the front line on his very first outing. Officially at least, combat experience – which he of course lacked – and a “belief in freedom and democracy” are the basic requirements for enlistment in the unit.

When contacted by the Military Times, the International Legion declined to comment on why Davis was sent to the front, only remarking that “recruiting decisions are made by officers in western Ukraine,” and amazingly alleging: “no commander takes on inexperienced soldiers who did not have the appropriate training and skills.”

Clearly, a commander did in respect of Davis. And there is no reason to believe he is in any way unique.

Tales from another side

While mainstream outlets have completely ignored the corruption, brutality, and abuses that are a daily staple of life on the front line with the International Legion, foreigners who fought with them aren’t silent about the horrors they witnessed first-hand, and have openly discussed their experiences in YouTube interviews and via other mediums.

Take, for example, a former US marine who fought with the International Legion, who has revealed that Ukrainian commanders don’t have radios, artillery cover or extraction teams for wounded soldiers, and testified to a thriving black market for Western weapons, such as anti-tank missiles.

He reported that these weapons would be collected in unmarked vans and ferried away to places unknown. In public, Western officials deny that any arms sent to Kiev have ended up on the black market, but the ex-marine claims US officials he encountered acknowledged that “low-level” corruption was endemic. It has, moreover, been confirmed that at least some of this arsenal is circulating in Europe.

The corruption he encountered took other forms. Foreign soldiers of fortune were offered financial inducements for destroying Russian vehicles and aircraft, which led to them fighting over rewards – pointlessly as it happened, given the reward money “often” wasn't paid at all.

Another former International Legion fighter echoed much of the ex-marine’s reports, alleging that NATO anti-aircraft guns constantly disappeared from his unit’s armory within days of arrival, but the Ukrainian Security Service, despite knowing about this, did nothing. Commanders who were reported to superiors for their complicity in this criminal activity also went unpunished.

“Volunteers don't trust Ukrainian authorities because of how corrupted they are. For so many people war is profitable... It's hard to find reliable sources where your supplies and equipment can reach the right people,” the former fighter said. “They keep stealing left and right. The problem in Ukraine is that it's in their culture... Looks like they steal from all levels.”

Complicating the International Legion’s battle even further, in the south and east of Ukraine its fighters frequently encounter significant hostility towards them and Ukrainian soldiers from the local population, who provide information to Russian forces leading to their ambush and capture, if not destruction.

“The problem with Donetsk is that it is highly pro-Russian... there is a really serious issue with so many pro-Russian civilians,” one foreign fighter has said. “For me it's hard to say how [Ukraine] can conduct the fight against all those ‘spies’ if you can call them that.”

One way Ukrainian forces fight against “spies” – alleged “collaborators” – is summary torture and execution. Shockingly, such bloodsoaked cleanup operations have been outright praised by the Western media, and hailed as symbols of Kiev’s “liberation” of territory. Anyone who helps Russian forces in any way can be considered a “collaborator”, but some – such as teachers – get off lighter, with harsh prison sentences.

It’s not merely citizens caught up in the conflict who need to be careful about who they assist. An Australian who joined the International Legion has claimed that Ukrainian commanders often sent foreign fighters to the most dangerous battles, with death almost guaranteed, using them as courageous war propaganda poster boys. 

In some disturbing instances, if senior officials didn’t like a particular fighter, or group of fighters, they would even deliberately dispatch them on literal suicide missions. Once, the Australian mercenary said, a group of foreign recruits was ordered to walk across a minefield, without them knowing about the explosive devices lurking under the soil.

***

These are of course the assorted words of the International Legion volunteers who made it back – total fatality numbers are not known. In keeping with the Western media’s wider failure to seriously report on the reality on the ground, in favor of fantasy narratives about Ukrainian heroism and success, their cautions have fallen on deaf ears.

As the Russian winter offensive begins, this oath of silence may not be able to endure much longer. While Ukraine keeps its casualty figures a closely guarded state secret, Western officials have quietly admitted that at least 100,000 have lost their lives to date. There are surely many more Trent Davises in the ranks of the International Legion – and while dead men tell no tales, their families do.

By Felix Livshitz


西側メディアがウクライナのヒロイズムと成功についての幻想的な物語を好むので、生存する志願者の厳しい証言は忘れ去られている。
国際軍団で戦うためにウクライナに渡った21歳の米国人、トレント・デイヴィスが戦闘で死亡したことが確認された。紛争で最期を迎えた10人目のアメリカ人として知られる彼の早すぎる死は、キエフの戦いに参加する外国人が直面する大きな危険を浮き彫りにしている。

デイヴィスは、わずか17歳で入隊した陸軍のベテランだった。 しかし、2021年12月に退役するまでは、化学、生物、放射線、核(CBRN)の防衛専門家として勤務しており、実際の戦闘経験はなかった。

彼は3月にウクライナに渡り、ロシア人捕虜の処刑で悪名高く、欧米メディアもその残虐性を認めざるを得ない部隊「グルジア軍団」に参加したと伝えられている。しかし、外国人傭兵はデイビスを敵対行為に参加するには無能で経験不足と判断し、2カ月後に帰国させた。

10月に帰国したデイビスは、2週間後、母親に「契約書にサインして、正式に国際軍団の一員になった」と報告して大喜びした。国際軍団は、ウクライナのヴォロドミル・ゼレンスキー大統領が、外国の戦闘員を集めるために2月26日に創設したものだ。

「ウクライナ、ヨーロッパ、そして世界の防衛に参加したい人は誰でも来て、ウクライナ人と肩を並べて戦うことができる」とゼレンスキー大統領は当時の声明で述べ、彼らの到着を容易にするためにビザの制限を緩和したのであった。

デイビス君は母親に、もうすぐウクライナ南部での反攻作戦に出陣すると言っていた。その後、母親と父親は息子と連絡が取れなくなった。11月8日、ウクライナ軍がケルソンを奪還しようとしたとき、彼は最初の任務で殺された。

デイビスの死因の詳細は不明だが、最大の謎は、そもそもなぜ彼が国際軍団に採用され、ましてや最初の任務で前線に送り込まれたのか、ということだ。少なくとも公式には、戦闘経験(もちろん彼にはない)と「自由と民主主義への信念」が部隊入隊の基本条件である。

ミリタリー・タイムズの取材に対し、国際軍団はデービスが前線に送られた理由についてのコメントを避け、「募集の決定はウクライナ西部の将校が行う」とだけ述べ、驚くべきことに次のように主張した。"適切な訓練と技能を持たない未熟な兵士を引き受ける指揮官はいない "と。

デイヴィスに関しては、明らかに指揮官が行った。そして、彼が特別な存在であると信じる理由はどこにもない。

別の側面からの物語

国際部隊の最前線における腐敗、残忍性、虐待の実態を、主要メディアが完全に無視する一方で、国際部隊とともに戦った外国人は、彼らが直接目撃した恐怖について黙ってはいないし、YouTubeのインタビューやその他の媒体を通じて、その経験をオープンに語っている。

例えば、国際軍団と戦った元アメリカ海兵隊員は、ウクライナの指揮官が無線機や大砲の援護、負傷兵の救出チームを持っていないことを明らかにし、対戦車ミサイルなど西側兵器の闇市が盛んであることを証言している。

彼は、これらの武器はマークのないバンで集められ、知らない場所に運ばれていくと報告した。公の場では、キエフに送られた武器が闇市場に流れたことはないと西側当局者は否定しているが、元海兵隊員は、彼が出会った米国当局者が「低レベル」の汚職が蔓延していることを認めていると主張している。さらに、この武器庫の少なくとも一部はヨーロッパで流通していることが確認されている。

彼が遭遇した腐敗は、他の形でも見られた。外国人の幸運な兵士たちは、ロシアの車両や航空機を破壊することで金銭的な誘惑を受け、その結果、報酬をめぐって争うようになった。

別の元国際部隊の兵士は、元海兵隊員の報告の多くを引用し、NATOの対空砲が到着後数日で部隊の武器庫から常に消えていたと主張したが、ウクライナ保安局はこのことを知っていたにもかかわらず何もしなかったと言う。この犯罪行為に加担していると上官に報告された指揮官もまた、罰せられないままだった。

「ボランティアは、ウクライナ当局がいかに腐敗しているかということを信用していない。多くの人にとって、戦争は儲かるものだから...」。戦争は多くの人々にとって利益となるものだ。物資や装備が適切な人々に届くような、信頼できる供給源を見つけるのは難しい」と、元戦闘員は語った。「彼らは右へ左へと盗み続けている。ウクライナの問題は、それが彼らの文化であるということだ...。彼らはあらゆる階層から盗んでいるようだ"

国際軍団の戦いをさらに複雑にしているのは、ウクライナの南部と東部では、国際軍団の兵士が、彼らやウクライナ兵に対して、地元住民から大きな敵意を向けられることが多いことだ。彼らはロシア軍に情報を提供して、待ち伏せや捕獲につながるが、破壊はされない。
「ドネツクの問題は、親ロシア派が多いことだ。親ロシア派の市民が多いことは、本当に深刻な問題だ」と、ある外国人戦闘員は言っている。ある外国人戦闘員は、「ウクライナはどうやって "スパイ "と呼ばれる人たちと戦っているのか、私にはわからない」と語っている。

ウクライナ軍が「スパイ」、つまり「協力者」とされる者たちと戦う方法のひとつが、略式拷問と処刑である。衝撃的なことに、このような血みどろの掃討作戦は西側メディアによって手放しで賞賛され、キエフの領土の「解放」の象徴として歓迎されてきた。ロシア軍に少しでも協力した者は「協力者」と見なされるが、教師のように厳しい実刑判決で済まされる者もいる。

紛争に巻き込まれた市民だけが、誰を助けるかについて注意しなければならないわけではない。国際部隊に参加したあるオーストラリア人は、ウクライナの司令官がしばしば外国人兵士を最も危険な戦いに送り込み、死がほぼ確実な状況で、彼らを勇気ある戦争プロパガンダの広告塔として使っていると主張している。

不穏な例では、高官が特定の戦闘員や戦闘員グループを気に入らなければ、意図的に文字通りの自殺ミッションに彼らを送り込むことさえあった。オーストラリアの傭兵によれば、ある外国人新兵グループは地雷原を歩いて渡るよう命じられたが、彼らは地雷の下に爆発物があることを知らなかったという。
posted by ZUKUNASHI at 22:49| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。