ラブロフ外相の記者会見 記者との質疑応答: ずくなしの冷や水

2022年12月03日

ラブロフ外相の記者会見 記者との質疑応答

Nuclear war risks, Pope’s ‘unchristian’ remarks, and ‘lies’ about Ukraine talks: Key points from Lavrov’s press conference
The Russian foreign minister covered a wide range of topics during a question and answer session with journalists
The US is pursuing geostrategic goals without regard for the risk of nuclear escalation amid the ongoing Ukraine conflict, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Thursday during a press conference. Moscow is nonetheless ready for dialogue with Washington or any other party that wishes to engage, he added.

Lavrov also explained Russia’s choice of strike targets in Ukraine, and touched on controversial recent comments by the Pope.

Here’s a recap of the main points from Lavrov’s video-link press conference.

Peace talks ‘lies’ 
People are lying when they claim that Russia is offering to negotiate with Ukraine in bad faith and is only interested in buying time for its military to regroup, the foreign minister stated.

“We never asked for any negotiations. But we always stated that if somebody has an interest in a negotiated settlement, we are ready to listen,” he said, pointing to talks in Istanbul in late March as an example.

He accused the US of pushing Kiev towards continued military confrontation and derailing the peace process. Washington is seeking to weaken Russia and profit from arms sales, he claimed.

US subjugation of European security 
Moscow doesn’t need “the kind of security” architecture that Western countries are trying to build without Russia and Belarus, Lavrov said. “European security now boils down to being fully submissive to the US,” he added.
ロシアのラブロフ外相は木曜日の記者会見で、ウクライナ紛争が続く中、米国は核のエスカレーションのリスクを顧みず、地政学的な目標を追求していると述べた。それにもかかわらず、モスクワはワシントンや対話を希望するいかなる当事者とも対話する用意がある、と付け加えた。

ラブロフはまた、ロシアがウクライナの攻撃目標を選択したことについて説明し、最近物議を醸したローマ法王のコメントについても触れた。

以下は、ラブロフ氏のビデオリンク記者会見での主な発言である。

和平交渉は「嘘
ロシアが悪意を持ってウクライナとの交渉を申し出ており、自国軍の再編成のための時間稼ぎにしか興味がない、と主張する人々は嘘をついている、と外相は明言した。

「我々は交渉を求めたことはない。しかし、誰かが交渉による解決に関心を持てば、耳を傾ける用意があると常に述べてきた」と述べ、その例として3月末のイスタンブールでの会談を挙げた。

彼は、米国がキエフを軍事的対立の継続に追いやり、和平プロセスを頓挫させたと非難した。米国はロシアを弱体化させ、武器販売で利益を得ようとしている、と彼は主張した。

米国は欧州の安全保障を支配している
モスクワは、西側諸国がロシアやベラルーシ抜きで構築しようとしている「安全保障」の構造を必要としていない、とラブロフ氏は述べた。また、「ヨーロッパの安全保障は、今や米国に完全に服従することに集約される」とも述べた。

Just a few years ago, France and Germany sought independence from American military protection, Lavrov recalled. But the US is determined to make NATO indispensable, and wants to pit other European nations against Russia, he claimed. If they choose to change this direction, Moscow would be willing to discuss better alternatives, the foreign minister said.

Strike targets in Ukraine and US, NATO role in the conflict 
Western nations should not claim that they’re not participants in the Ukraine war, considering everything they’ve done for Kiev, Lavrov said, as he explained the Russian military’s choice of strike targets in the country. 

“We are taking out infrastructure objects, which allow you to pump lethal weapons into Ukraine so that they can kill Russians. So don’t say that the US and NATO are not part of this war. You are participating in it directly,” he insisted.

In addition to sending arms, NATO members are training Ukrainian troops both on their soil and on the ground, the minister added. There is “a large number of mercenaries” involved, open intelligence sharing while “an overwhelming number of targets” attacked by Kiev “are picked by Western masters of this [sic] regime,” he stated.
ほんの数年前まで、フランスとドイツはアメリカの軍事的保護からの独立を求めていた、とラブロフ氏は振り返る。しかし、アメリカはNATOを不可欠なものにしようと決意し、他のヨーロッパ諸国をロシアに対抗させようと考えていると、彼は主張した。もし彼らがこの方向を変えることを選ぶなら、モスクワはより良い代替案を議論する用意があると、外相は述べた。

ウクライナの標的を攻撃し、米国、NATOが紛争に果たす役割
西側諸国は、キエフのためにしてきたことを考えると、ウクライナ戦争に参加していないと主張すべきではない、とラブロフ氏は述べ、ロシア軍がウクライナの攻撃目標を選択したことを説明した。

"我々は、ロシア人を殺すことができるように、ウクライナに致死性兵器を送り込むことを可能にするインフラストラクチャーのオブジェクトを持ち出している。だから、アメリカやNATOがこの戦争に参加していないとは言わせない。あなた方は直接参加しているのだ」と主張した。

武器を送るだけでなく、NATO加盟国は自国内と地上でウクライナ軍を訓練していると、同大臣は付け加えた。キエフが攻撃する「圧倒的多数の目標」は、「この(中略)政権の西側の主人が選んだものだ」としながら、「多数の傭兵」が関与し、オープンな情報共有が行われている、と彼は述べた。 

Risks of nuclear war 
Russia believes that any armed conflict between nuclear states should be avoided and urges other states to adopt the same stance, Lavrov said.

“Even if somebody plans to start a war with conventional weapons, the risk of it sliding into a nuclear war would be immense,” he explained. He added that this made Western claims that Russia could use weapons of mass destruction in Ukraine particularly concerning.

‘Unchristian’ remarks from the Vatican
Lavrov criticized Pope Francis for making a controversial statement about Buryats and Chechens, two of the many ethnic groups in Russia, who serve in the Russian Armed Forces, and take part in the special military operation in Ukraine.

The pontiff’s claim that they were particularly prone to brutality on the battlefield was, Lavrov said, “strange” and “unchristian,” and “certainly didn’t help the cause [of peace in Ukraine] and the reputation of the Holy See.”

 Open doors for talks 
Moscow will not reject any contact with any party that seeks to engage, but does not expect fruitful talks to happen with Western nations at this time, Lavrov said.

“Anyone asking for a phone conversation gets one, the president speaks to them with no time constraints. But we don’t hear any meaningful ideas,” he said.

The West’s policy of not discussing “Ukraine without Ukraine” is “at least naive” and obviously flawed, Lavrov added, since ignoring the Ukraine conflict when discussing global stability is impossible. After all, the US has declared the defeat of Russia, a major player in global security, as its goal in Ukraine, he remarked.
核戦争の危険性
ロシアは、核保有国間の武力衝突は回避されるべきであると考えており、他の国にも同じ姿勢をとるよう求めている、とラブロフ氏は述べた。

また、「誰かが通常兵器による開戦を計画したとしても、それが核戦争に移行するリスクは計り知れない」と説明した。さらに、ロシアがウクライナで大量破壊兵器を使用する可能性があるという西側の主張が特に気になると付け加えた。

バチカンからの「非キリスト教的」な発言
ラブロフ氏は、ロシアに数多く存在する民族のうち、ロシア軍に所属し、ウクライナでの特別軍事作戦に参加しているブリヤート人とチェチェン人に関する教皇フランシスコの発言が物議を醸していると批判した。

教皇は、彼らが戦場では特に残忍になりやすいと主張したが、ラブロフは、「奇妙」で「キリスト教的でない」と述べ、「確かに(ウクライナの平和の)大義と聖座の評判を助けなかった」と述べた。

会談のためのオープンドア
モスクワは、関与しようとするいかなる当事者との接触も拒否しないが、現時点では西側諸国との実りある協議は期待していないとラブロフは述べた。

「電話会談を求める人は誰でも受けるし、大統領も時間の制約なく話す。しかし、意味のある考えは聞こえてこない」と述べた。

世界の安定を議論する際にウクライナ紛争を無視することは不可能であるため、「ウクライナ抜きのウクライナ」を議論しないという西側の方針は「少なくともナイーブ」であり、明らかに欠陥があるとラブロフ氏は付け加えた。結局のところ、米国は、世界の安全保障の主要なプレーヤーであるロシアの敗北をウクライナでの目標として宣言している、と彼は発言した。

・・・・

会見の記者の質問に応じたラブロフの応答。事前通告なし、原稿なしの応答です。激しい言葉を使わずにロシアの立場を明確に語ります。世界のトップ外交官の実力がわかります。
posted by ZUKUNASHI at 18:33| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。