EUの石油価格上限は「暴力的」なスパイクをもたらす可能性 - エコノミスト: ずくなしの冷や水

2022年12月05日

EUの石油価格上限は「暴力的」なスパイクをもたらす可能性 - エコノミスト

EU oil price cap may result in ‘violent’ spikes – Economist
Restricting Russian seaborne crude supply may shatter the energy market, according to the outlet
As the European Union’s sanctions on Russian oil are about to kick in next week, the measure could result in price shocks on the global market, The Economist reported on Friday. The EU has agreed on a $60-per-barrel price cap on Russian seaborne oil.

According to the report, European insurers and shipping firms have long had a “vice-like hold” on energy markets. Fully 95% of property and indemnity insurance for all oil tankers has been handled by firms from the UK and the EU. This appeared to be a lever with which the West could control the sale of Russian oil globally.

However, if Russian oil fails to make it to the market, then global oil prices may spike, hurting Western consumers, the outlet writes. “Hence America’s Treasury Department has since devised a cunning plan to water it down: to let European firms continue to offer their services, provided the oil involved is bought at a suppressed price set by the West.”

Everything depends on how Moscow responds, according to the Economist report, which warns the Kremlin could cut its oil exports, relying on a smaller group of non-Western tankers and insurers, and sending global prices spiraling.

“The other uncertainty is how much power the West will ultimately wield over global oil markets.”

The report noted that countries such as China, India and Indonesia want to avoid participating in Western sanctions and embargoes. They are reportedly seeking alternative sources of day-to-day insurance–and, because the ban was announced six months ago, “have had time to prepare.”

According to The Economist, the “true balance of power” in oil markets will become apparent after December 5, with a “violent price spike” possible.

“Just as financial sanctions have energized attempts to evade the Western banking system, so the war will lead China, India and others to circumvent the West’s energy infrastructure. As weapons, sanctions and embargoes have their limits–and a finite shelf-life,” the outlet concludes.

ロシアの海上原油の供給を制限することで、エネルギー市場が粉々になる可能性があると指摘
欧州連合(EU)のロシア産原油に対する制裁措置が来週にも発動されようとしている中、この措置により世界市場で価格ショックが発生する可能性があると、エコノミスト誌が金曜日に報じた。EUは、ロシアの海上輸送原油に1バレルあたり60ドルの価格上限を設けることで合意している。

それによると、ヨーロッパの保険会社や海運会社は、長い間エネルギー市場に対して「副次的な支配力」を発揮してきたという。石油タンカーの損害保険と賠償保険の95%は、英国とEUの会社が扱っている。これは、ロシアの石油を世界的に販売することをコントロールするためのレバーのように見えた。

しかし、ロシアの石油が市場に出回らなくなれば、世界の石油価格は高騰し、欧米の消費者に打撃を与える可能性がある、と同誌は書いている。「それゆえ、アメリカの財務省は、この問題に水を差すために狡猾な計画を立てたのである。」

エコノミスト誌によれば、モスクワの対応次第で、クレムリンは石油輸出を減らし、欧米以外のタンカーや保険会社に依存し、世界価格を急騰させる可能性があると警告している。

"もう一つの不安は、西側諸国が最終的に世界の石油市場に対してどれだけの力を行使するかである。"

報告書は、中国、インド、インドネシアなどの国々が、欧米の制裁や禁輸に参加することを避けたいと考えていることを指摘した。彼らは代替の日常的な保険源を求めているとされ、禁止が6カ月前に発表されたため、"準備する時間があった "という。

エコノミスト誌によれば、12月5日以降、石油市場の「真のパワーバランス」が明らかになり、「激しい価格高騰」が起こる可能性があるという。

「金融制裁が西側の銀行システムを回避する試みを活性化させたように、戦争は中国やインドなどを西側のエネルギー・インフラを回避するように仕向けるだろう。武器と同じように、制裁や禁輸には限界があり、賞味期限も有限である」と同誌は結論付けている。
Shipping costs for Russian oil rising – Bloomberg
Carriers are reportedly charging more for cargo due to risks ahead of EU restrictions on trade in crude
The costs of transporting Russian oil are soaring as more tanker owners are avoiding the trade, while others are charging more for the risks involved ahead of EU sanctions that come into effect on December 5, Bloomberg reported on Thursday.

The bloc’s expanded restrictions on trade in Russian crude will ban EU companies from providing services such as insurance, brokerage or financial assistance to vessels carrying oil from the sanctions-hit country, unless the cargo is purchased below an agreed price. Similar restrictions, including a price cap for other petroleum products, are due in February.

Shipbrokers told the agency that Baltic Sea-to-India rates are being discussed at about $15 million, or $20 a barrel, for loadings after December 5, marking a sharp increase from the rates that, so far, have been fluctuating from $9 million to $11.5 million.

The reduced availability of tankers, as well as the need for Russian producers to reorient oil from traditional buyers in the EU to new ones in Asia and the Middle East, are also contributing to higher rates. Meanwhile, pricey freight is sending the value of Russian crude, such as its flagship Urals grade, plummeting at their load port, as sellers ensure that the final price of the cargo remains competitive against alternatives.

Late on Thursday, EU leaders tentatively agreed to set the price cap threshold for Russian seaborne crude at $60 per barrel. The governments also decided to implement an adjustment mechanism to keep the cap at 5% below the market price, Reuters reported, citing diplomat sources and documentation.
ロシア産原油の輸送コストが上昇 - ブルームバーグ
EUの原油貿易制限を前に、輸送会社はリスクに応じて貨物料金を高く設定しているとされる。
ブルームバーグは2日、12月5日に発動される欧州連合(EU)の制裁を前に、ロシア産原油の輸送コストが高騰し、貿易を避けるタンカー船主が増えている一方、リスクを考慮して請求する船主も増えていると報じた。

EUはロシア産原油の取引規制を拡大し、制裁対象国から原油を輸送する船舶に対し、保険、仲介、金融支援などのサービスを提供することを禁止する。ただし、貨物が合意価格以下で購入された場合はこの限りではない。他の石油製品の価格上限を含む同様の規制は、2月に予定されている。

船舶ブローカーが同機関に語ったところによると、12 月 5 日以降のバルチック海からインドへの積荷は、約 1500 万ドル(1 バレル 20 ドル)で協議されており、これまで 900 万ドルから 1150 万ドルで変動していたレートから急騰している。

タンカーの稼働率が低下していることに加え、ロシアの生産者が原油を従来のEUの買い手からアジアや中東の新たな買い手に振り向ける必要があることも、運賃上昇の要因となっている。一方、高価な運賃は、主要なウラル原油のようなロシアの原油の価値を、積み出し港で急落させている。これは、売り手が、貨物の最終価格が代替品に対して競争力を維持できるようにするためである。

木曜日遅く、EU首脳はロシア産原油の価格上限を1バレルあたり60ドルに設定することで暫定的に合意した。ロイター通信が外交官筋の話として伝えたところによると、各国政府はまた、上限を市場価格より5%低く保つための調整メカニズムを導入することを決定したという。

Russia doubles down on oil price warning
Moscow will only deal with nations “that will work with us on market conditions,” Alexander Novak said
Russia won’t sell oil at the $60 price limit agreed by the EU and G7 nations, Deputy Prime Minister Alexander Novak said on Sunday. Novak added that Moscow is “working on mechanisms” to bypass the price cap.

The EU agreed to cap the price of seaborne Russian oil at $60 per barrel or at least 5% below market rates, the EU Council announced on Saturday. The rest of the G7 states and Australia made a similar announcement on Friday, stating that they too would refuse to handle Russian oil above $60 per barrel.

Russia has repeatedly insisted that it will not supply oil to countries honoring this price ceiling.

“We will sell oil and oil products only to countries that will work with us on market conditions, even if we would have to lower production,” he said on the Rossiya-24 TV channel on Sunday.

While the EU has already cut itself off from seaborne Russian oil deliveries, the price cap would forbid European firms from transporting Russian oil priced above the $60 limit by denying them shipping insurance. Ships belonging to third countries would also be denied insurance, financing, and servicing by EU firms. The G7’s agreement works in the exact same manner.

Novak predicted that the price cap will “destabilize” global markets, and argued that it contradicts World Trade Organization rules. Russia, he said, is “working on mechanisms” to skirt the measure.

While a production cut would decrease Russia’s oil revenues, its impact in the short term would likely be limited, given that Russian oil is currently trading at $64 per barrel, just $4 above the price cap. Moreover, critics of the price ceiling argue that a decision by Russia not to supply participating nations would punish consumers in these states with higher prices.

“It’s the most ridiculous idea I’ve ever heard,” former US Treasury Secretary Steve Mnuchin said last month. “The market is going to set the price. So if you put sanctions on at higher prices, in a way you’re just making the situation worse,” he added.
アレクサンダー・ノヴァク副首相は日曜日に、EUとG7諸国が合意した60ドルの価格制限ではロシアは石油を売らないだろうと述べた。ノバク副首相は、モスクワは価格制限を回避するための「メカニズムに取り組んでいる」と付け加えた。

EUは、ロシア産原油の海上価格を1バレルあたり60ドル、または市場価格より少なくとも5%安い価格に制限することに合意したと、土曜日にEU理事会が発表した。他のG7諸国とオーストラリアも金曜日に同様の発表を行い、バレルあたり60ドルを超えるロシアの原油の取り扱いを拒否することを表明している。

ロシアは、この価格上限を守っている国には石油を供給しないと繰り返し主張している。

日曜日にテレビ局Rossiya-24で、「我々は、たとえ減産せざるを得ないとしても、市場条件で協力する国々にのみ石油と石油製品を販売する」と述べた。

EUはすでにロシア産原油の海上輸送を断っているが、価格上限は、欧州企業が60ドルを超える価格のロシア産原油を輸送することを、輸送保険を拒否することで禁止するものである。第三国に属する船舶も、EU企業による保険、融資、整備を拒否されることになる。G7の合意は、これと全く同じ仕組みである。

ノヴァク氏は、この価格規制は世界市場を「不安定化」させると予想し、世界貿易機関(WTO)のルールに反すると主張した。ロシアは、この措置を回避するための「メカニズムに取り組んでいる」と述べた。

減産はロシアの石油収入を減少させるが、ロシアの石油は現在1バレル64ドルで、上限価格をわずか4ドル上回っていることから、短期的にはその影響は限定的だろう。さらに、ロシアが参加国に石油を供給しないことを決定すれば、参加国の消費者は価格上昇で罰せられるというのが、価格上限設定に対する批判的な意見である。

ムニューチン元米財務長官は先月、「これまで聞いた中で最もばかげた考えだ」と述べた。「市場が価格を決めるのです。だから、高い値段で制裁を加えれば、ある意味、状況を悪化させるだけだ」と付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 07:03| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。