ロシアのウクライナ攻撃は「対応策」、プーチン大統領がショルツ大統領に伝える: ずくなしの冷や水

2022年12月02日

ロシアのウクライナ攻撃は「対応策」、プーチン大統領がショルツ大統領に伝える

Russian strikes in Ukraine ‘a response,’ Putin tells Scholz
The Ukrainian government started targeting key Russian infrastructure, paving the way for retaliation, the president said
Russian precision attacks against Ukrainian infrastructure are a necessary response to Ukrainian sabotage on Russian soil, including the bombing of the Crimean Bridge, President Vladimir Putin has told German Chancellor Olaf Scholz.

The two leaders spoke on the phone on Friday at Berlin’s request, according to a statement released by the Kremlin. Putin explained the logic behind Russia’s military operation against Ukraine and stated that the Western policy of arming and training Ukrainian troops was “destructive,” according to the readout.

“It was noted that the Russian Armed Forces had been refraining from conducting precision missile strikes on certain targets in the Ukrainian territory for a long time, but now such measures have become necessary and unavoidable as a reaction to Kiev’s provocative attacks on Russian civilian infrastructure, including the Crimean Bridge and energy facilities,” the Kremlin said.

The “terrorist attack” against the Nord Stream undersea pipelines “stands in the same category” and requires a transparent investigation that would include Russia, Putin told the German leader.

Scholz’s office said the conversation lasted for about an hour and that the “chancellor condemned the Russian airstrikes against civilian infrastructure in Ukraine and stressed Germany’s determination to support” Kiev.

Russia changed its military tactics in Ukraine days after a powerful bomb damaged the Crimean Bridge in early October. Russian investigators accused Ukrainian military intelligence of masterminding the attack, which killed three people, including the driver of the truck that carried the disguised bomb.

In retaliation, Russian forces started targeting Ukrainian energy facilities, which the Defense Ministry believes to be instrumental for Kiev’s military logistics. The damage forced Ukrainian authorities to introduce rolling blackouts. The Ukrainian government and its Western backers accused Moscow of using terrorist tactics.

The blasts that damaged the two undersea Nord Stream pipelines happened in late September, severing links that would have enabled Germany to get natural gas directly from Russia.

Moscow said the obvious beneficiary of the sabotage was the US, which had long sought to force Berlin to reduce its energy trade with Russia and replace Russian fuel with more expensive liquified natural gas produced by American companies.

ウクライナ政府はロシアの重要なインフラを標的にし始め、報復の道を開いたと大統領は述べた。
ウクライナのインフラに対するロシアの精密攻撃は、クリミア橋の爆破を含む、ロシア国内でのウクライナの破壊工作に対する必要な対応であると、ウラジーミル・プーチン大統領がドイツのオラフ・ショルツ首相に伝えた。

クレムリンが発表した声明によると、両首脳はベルリンの要請により金曜日に電話で会談した。プーチンは、ロシアの対ウクライナ軍事作戦の論理を説明し、ウクライナ軍を武装・訓練する西側の政策は「破壊的」だと述べたと、声明は伝えている。

"ロシア軍は長い間、ウクライナ領内の特定の目標に対する精密ミサイル攻撃を控えていたが、今やキエフによるクリミア橋やエネルギー施設などロシアの民間インフラに対する挑発的な攻撃への反応として、そうした措置が必要かつ不可避となった "とクレムリンは指摘した。

ノルドストリーム海底パイプラインに対する「テロ攻撃」は「同じカテゴリーに属し」、ロシアを含む透明性のある調査が必要だと、プーチン大統領はドイツの指導者に述べた。

ショルツ首相の事務所によると、会談は約1時間行われ、「首相はウクライナの民間インフラに対するロシアの空爆を非難し、キエフを支援するドイツの決意を強調した」。

ロシアは10月上旬にクリミア橋が強力な爆弾で損壊した後、ウクライナでの軍事戦術を変更した。ロシアの捜査当局は、ウクライナ軍情報部がこの攻撃の首謀者だと非難し、偽装爆弾を運んだトラックの運転手を含む3人が死亡した。

ロシア軍は報復として、キエフの軍事兵站に役立っていると国防省が考えているウクライナのエネルギー施設を標的にし始めた。この被害により、ウクライナ当局は計画停電を実施せざるを得なくなった。ウクライナ政府とその西側支援者は、モスクワがテロリストの手口を使ったと非難した。

海底パイプライン「ノルドストリーム」を破損させた爆発は9月下旬に起こり、ドイツがロシアから直接天然ガスを得ることを可能にするリンクを断ち切った。

モスクワは、破壊行為の明らかな受益者はアメリカであると述べた。アメリカは長い間、ベルリンにロシアとのエネルギー貿易を減らし、ロシアの燃料をアメリカ企業が生産するより高価な液化天然ガスに置き換えるよう求めていた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 23:56| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。