ロシアは戦い続けるための弾薬を十分に持つ: ずくなしの冷や水

2022年12月02日

ロシアは戦い続けるための弾薬を十分に持つ


・・・ロシアはシリア戦争のときからカスピ海や地中海の艦船から巡航ミサイルを飛ばしたり試験的な武器の試行をやっていました。年を追って新式の武器、弾薬の製造が軌道に乗っている印象はありました。この間、ドンバスへの攻撃は続いていましたので、武力で答える用意は整えていたはずです。
posted by ZUKUNASHI at 09:56| Comment(2) | ウクライナ
この記事へのコメント
経緯は分かっていることですが、ロシア敗退は意図的に、流されている、フェイクです。

来春以降、攻勢に出て、ウクライナ国土への侵攻拡大を行います。ポーランドもこれに乗るので、2国でウクライナ国家を消滅に至らせます。

再来年2024年春には、ウクライナ消滅するでしょう。
日本国が、それを承認できなければ、ウクライナと運命を共にするでしょう。以後、ロシア国家は、世界の一流国として君臨するでしょう。
Posted by 滝山 善一 at 2022年12月02日 13:30
ウクライナが国として存続できるかは、もっと早く見えてくるように思います。今日流れていた動画では兵士の吐く息が白かったです。そんな中、電気もなくて人々が耐えられるか疑問です。
地面が凍ればロシアは重機も投入してさらに攻勢をかけるでしょう。
早く決着が生ずれば、それだけウクライナ国民の被害も少なくなると思っています。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年12月02日 14:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。