ラブロフが核保有国の衝突は核戦争に発展すると警告: ずくなしの冷や水

2022年12月01日

ラブロフが核保有国の衝突は核戦争に発展すると警告

Russia warns of ‘huge’ risks of sliding into nuclear war
A non-nuclear clash between nuclear states may very likely escalate into an outright nuclear war, Sergey Lavrov has cautioned

Russian Foreign Minister Sergey Lavrov has warned that any conflict between nuclear states, even if it starts with conventional weapons, is likely to escalate into an all-out nuclear war, and thus should be avoided at all costs.

Speaking at a press conference on Thursday, the diplomat was asked about Moscow and Washington’s joint efforts to reduce their strategic capabilities. Lavrov responded by pointing out that in September 2021 the US had essentially frozen the bilateral talks on reaching an agreement on the limitation of strategic offensive arms, long before Russia launched its military operation in Ukraine.

“It’s not hard to figure out what their reasoning was,” Lavrov noted. He admitted, however, that Washington and Moscow’s responsibilities as the two largest nuclear powers in the world do not change, and recalled a joint statement made by Russian and American leaders that a nuclear war cannot be won by anyone and therefore must not be allowed to start.

The minister added that Russia was willing to take that statement further and stressed that any conflict between nuclear states is unacceptable, as even a conventional war has a “huge” risk of escalating into a nuclear altercation.

“This is also why we are so anxiously watching the rhetoric the West spews out accusing us of preparing some alleged provocations using weapons of mass destruction,” Lavrov said, noting that the West, including the USA, France and the UK, are doing everything to increase their almost direct participation in the conflict in Ukraine, where he says they are essentially waging war against Russia through the hands of the Ukrainians.

“This is a dangerous trend,” Lavrov warned.
ロシアのラブロフ外相は、核保有国間の紛争は、たとえ通常兵器で始まったとしても、全面的な核戦争にエスカレートする可能性が高く、したがって何としても避けるべきだと警告した。

木曜日の記者会見で、外交官は、モスクワとワシントンが共同で行っている戦略的能力の削減努力について質問された。ラブロフはこれに対し、ロシアがウクライナで軍事作戦を開始するずっと前の2021年9月に、米国が戦略的攻撃兵器の制限に関する合意を得るための二国間協議を実質的に凍結したことを指摘した。

「彼らの理由が何であったかを理解するのは難しいことではない」とラブロフは指摘した。しかし、世界の2大核保有国としてのワシントンとモスクワの責任は変わらないことを認め、核戦争は誰にも勝つことができないため、開始を許してはならないというロシアとアメリカの指導者の共同声明を思い起こした。

同大臣は、ロシアはこの声明をさらに推し進める意志があるとし、通常戦争でさえ核の口論にエスカレートする「巨大な」危険性があるため、核保有国間のいかなる紛争も容認できないと強調した。

「西側諸国が、大量破壊兵器を使用した挑発行為を準備していると非難するレトリックを心配そうに見ているのもこのためだ」とラブロフは言い、アメリカ、フランス、イギリスを含む西側諸国は、ウクライナの紛争にほぼ直接的に参加するためにあらゆることをしており、彼らは本質的にウクライナ人の手を通してロシアに対して戦争をしているのだと言う。

「これは危険な傾向だ」とラブロフは警告した。

US and NATO directly involved in Ukraine conflict – Lavrov
Washington not only supplies Kiev with weapons but is also training its troops, says the Russian Foreign Minister
The US and NATO are directly participating in the ongoing conflict in Ukraine, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov told a media conference on Thursday, accusing the West of seeking to completely destroy Russia.

Lavrov pointed out that Washington and its allies have essentially announced to the public that they are not just seeking Russia’s defeat on the battlefield but want it “destroyed altogether as a player.” There is even some discussion on how they could divide up Russian territories among themselves, the diplomat added. 

“Don’t say that the US and NATO are not participating in this war. You are directly involved,” Lavrov stated, noting that the West is not only supplying Kiev with weapons, whose sole purpose is to kill Russians but is also actively training the Ukrainian military in countries like the UK, Germany, and Italy. 

He added that aside from a significant number of mercenaries, there is also an ever-increasing number of Western instructors who are working directly on the ground in Ukraine and are showing troops how to fire the “trinkets” that are being supplied to the country.

According to a report by CNN, the Biden administration is currently considering a dramatic expansion of the training the US military provides Kiev. The plan could include instructing as many as 2,500 Ukrainian soldiers a month at a base in Germany, the channel claimed, citing multiple US officials.

Washington has already committed close to $20 billion in security assistance to Kiev since the beginning of the conflict in late February. 

Last month, Moscow summoned the British Ambassador to Russia over claims that the UK had provided training to Ukrainian forces that attacked Russia’s Black Sea Fleet in Crimea in late October. The British Defense Ministry, however, has denied the allegations.
米国とNATOはウクライナ紛争に直接関与している-ラブロフ氏
ワシントンはキエフに武器を供給するだけでなく、その軍隊を訓練しているとロシア外相が述べた。
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、木曜日のメディア会見で、アメリカとNATOは現在進行中のウクライナ紛争に直接参加しており、ロシアを完全に破壊しようとしている西側を非難した。

ラブロフ氏は、ワシントンとその同盟国は本質的に、戦場でのロシアの敗北を求めるだけでなく、「プレーヤーとしてのロシアの完全な破壊」を望んでいることを国民に表明していると指摘した。さらに、外交官は、ロシアの領土を自分たちの間で分割する方法について議論さえしていると付け加えた。

「米国とNATOがこの戦争に参加していないとは言わせない。西側諸国は、ロシア人を殺すことだけを目的とした武器をキエフに供給しているだけでなく、イギリス、ドイツ、イタリアといった国々でウクライナ軍を積極的に訓練していると、ラブロフは述べている。

さらに、相当数の傭兵のほかに、ウクライナの現場で直接働いている西側の教官の数も増え続けており、同国に供給されている「装身具」の撃ち方を部隊に教えているという。

CNNの報道によると、バイデン政権は現在、米軍がキエフに提供する訓練を劇的に拡大することを検討しているという。この計画には、ドイツの基地で月に2500人ものウクライナ兵を指導することも含まれると、同チャンネルは複数のアメリカ政府関係者の話を引用して主張している。

ワシントンは、2月下旬の紛争開始以来、キエフへの安全保障支援としてすでに200億ドル近くを約束している。

先月、モスクワは、10月下旬にクリミアのロシア黒海艦隊を攻撃したウクライナ軍に英国が訓練を提供したと主張して、駐ロシア英国大使を召還した。しかし、英国国防省はこの疑惑を否定している。
posted by ZUKUNASHI at 19:36| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。