日本のワクチン政策論議に海外が注目: ずくなしの冷や水

2022年12月02日

日本のワクチン政策論議に海外が注目




国内でのワクチン慎重論が広がりを見せています。

posted by ZUKUNASHI at 11:35| Comment(2) | Covid19
この記事へのコメント
そもそも専門家の医師でもたとえばうつみんと呼ばれる内海医師など自身や家族に打たずとも来院した人には打っていたと思います。そういう人は今後も看板を出して医業をするのでしょうか?自分たちに痛むところは何もなしに?人の命を預かる仕事をしていて、それでも打ったのは自己責任と言えるのでしょうか?医療関係者の接種率は低いです。にもかかわらず一般の接種率はその何倍も高い。一人当たりの1回の接種手数料は2000円でしたか?その利益を出すためにリスクを語らないなんてそんなふざけた話はありません。いろいろ読みましたが、一度でも打った人には過酷な道しか残されていないような雰囲気です。原発の時みたいに時間の経過で逃げ切ることができると思っているのでしょうね。だから国の口車に乗って騙されてはいけなかった。同じように騙されて欲しくはなかったです。
Posted by 千のたね at 2022年12月02日 12:43
原発事故の際には、被爆累積による影響が懸念されましたが、時間が経過したことによって影響を把握することが難しくなりました。甲状腺異常などで苦しむ方がおられるのは言うまでもありませんが。
時間の経過とともに障害が出てくるという点ではコロナ感染、ワクチン接種による障害がよほど大きなものになりそうです。
医師の中には、罪の意識から逃れられない人が多数出てくるのではないでしょうか。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年12月02日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。