ワルシャワ、ウクライナの一部併合を計画-ロシア・トップスパイ: ずくなしの冷や水

2022年12月01日

ワルシャワ、ウクライナの一部併合を計画-ロシア・トップスパイ

Warsaw plans to annex parts of Ukraine – top Russian spy
The Polish president has sought an official pretext for the move, says Sergey Naryshkin
Warsaw is preparing to make an official claim on parts of Western Ukraine and President Andrzej Duda has already instructed the “relevant services” to come up with a justifiable basis for the move, according to the director of Russia’s Foreign Intelligence Service, Sergey Naryshkin.

In an interview with RIA Novosti published on Wednesday, the spy chief claimed Russia had received intel suggesting that Warsaw plans to submit weighty restitution demands to Kiev for the 1943 Volhynia massacres.

The brutal attacks saw some 100,000 Poles murdered by the Organization of Ukrainian Nationalists (OUN) and the Ukrainian Insurgent Army (UIA).

According to Naryshkin, Warsaw plans present the claim as an “initiative from below” by seeking out descendants of the people who suffered at the hands of Ukrainian nationalists living in Poland. The country’s leadership has also allegedly instructed Polish media outlets to “warm the public up” to the idea that here’s a need to “collect Polish lands,” the intelligence chief added.

“The Ukrainian leadership intends to act proactively and persistently out of fear that senior NATO partners will try to negotiate with Moscow in the coming winter months, ignoring the interests of not only the Ukrainians, but the Poles as well,” Naryshkin suggested. He noted that Warsaw believes it is due “generous compensation” for providing military assistance to Kiev in its ongoing conflict with Moscow. 

Furthermore, Naryshkin claims that Warsaw plans to draw on the “successful Russian experience of returning ancestral territories by holding referendums” to annex parts of Western Ukraine, primarily the regions of Lviv, Ivano-Frankovsk, and Ternopol. 

The Russian spy chief urged the Polish officials to carefully examine the country’s history of violent clashes with Ukrainian nationalists and avoid “stepping on the same rake again.”

Last month, the Polish Foreign Ministry released a list of reparations the nation is seeking from Berlin for the tangible and intangible losses it suffered at the hands of Nazi Germany during World War II. In its claim, Warsaw demanded a staggering €1.32 trillion as well as the return of cultural items and assets of Polish state banks confiscated by the Third Reich.

Germany has denied owing Poland any reparations and claimed that its financial commitments related to World War II had been settled with the reunification of the country under the 1990 Two Plus Four Treaty.

ポーランド大統領は公式な口実を求めているとセルゲイ・ナリシキン氏は言う。
ロシア対外情報庁のセルゲイ・ナリシキン長官によると、ワルシャワは西ウクライナの一部を公式に主張する準備を進めており、アンドレイ・ドゥダ大統領はすでに「関連サービス」に正当な根拠を打ち出すよう指示しているという。

水曜日に発表されたRIA Novostiとのインタビューで、スパイ主任は、ワルシャワが1943年のヴォルヒニアの大虐殺に対してキエフに多額の返還要求を提出する予定であることを示唆する情報をロシアが受け取ったと主張した。

この残忍な攻撃では、約10万人のポーランド人がウクライナ民族主義者組織(OUN)とウクライナ反乱軍(UIA)によって殺害された。

ナリシキン氏によると、ワルシャワは、ポーランドに住むウクライナ民族主義者の手によって被害を受けた人々の子孫を探し出し、この主張を「下からのイニシアチブ」として提示する計画だという。また、同国の指導部はポーランドのメディアに対し、「ポーランドの土地を集める」必要性がここにあるという考えに「国民を温める」よう指示したとされている、と情報部長は付け加えた。

ナリシキン氏は、「ウクライナ指導部は、NATOの上級パートナーたちが今後冬の数ヶ月の間に、ウクライナ人だけでなくポーランド人の利益も無視してモスクワと交渉しようとすることを恐れて、積極的かつ執拗に行動しようと考えている」と指摘した。ナリシキン氏は、モスクワとの対立が続くキエフに軍事支援を行ったことで、ワルシャワは「寛大な補償」を受けるべきと考えていると指摘した。

さらに、ワルシャワは「住民投票によって先祖代々の領土を返還したロシアの成功例」を参考に、リヴィウ、イワノフランコフスク、テルノポールといった西ウクライナの一部を併合する計画だとも主張している。

ロシアのスパイ長はポーランド政府関係者に対し、ウクライナの民族主義者との激しい衝突の歴史をよく調べ、"同じ熊手を再び踏む "ことを避けるよう促した。

先月、ポーランド外務省は、第二次世界大戦中にナチス・ドイツの手によって受けた有形無形の損失について、同国がベルリンに求めている賠償金のリストを発表した。その中で、ワルシャワは1兆3200億ユーロという途方もない額と、第三帝国によって没収された文化財やポーランド国営銀行の資産の返還を要求している。

ドイツはポーランドへの賠償を否定し、第二次世界大戦に関連する金銭的債務は1990年の2プラス4条約に基づく再統一で解決済みだと主張している。
posted by ZUKUNASHI at 08:46| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。