ISIS、指導者の死去を発表-メディア: ずくなしの冷や水

2022年12月05日

ISIS、指導者の死去を発表-メディア

ISIS announces death of leader – media
The terrorist group says its “caliph” Abu al-Hasan died “in battle”
The Islamic State (IS, formerly ISIS) terrorist group has lost another leader, multiple media outlets reported Wednesday. Abu al-Hasan al-Hashimi al-Qurashi died “in battle,” the organization annonced, in a statement reported by Reuters, AFP and regional agencies.

According to IS, al-Hasan killed several “enemies” before dying “on the battlefield,” but it offered no details as to the time or place of the incident, and its account could not be independently verified. 

The new IS leader has been named as Abu Hussein al-Hussaini al-Qurashi.

Al-Hasan was the third self-styled “caliph” of IS. He took over earlier this year, after his predecessor Abu Ibrahim al-Hashimi al-Qurashi was killed during a US special forces raid in February. The operation took place in Syria’s Idlib province, which is under the control of terrorist anti-government militants allegedly backed by Türkiye or Western governments.

In September, Turkish authorities announced the capture of a senior IS leader named Abu Zeyd, who was said to be Abu Ibrahim’s possible successor.

IS was proclaimed in 2013 by an Iraqi salafist militant calling himself Abu Bakr Al-Baghdadi. Under his command, the terrorist group conquered large portions of the Middle East, exploiting the fallout from the 2003 US invasion of Iraq and the foreign-backed insurrection against the government of Syria. 

The US and its allies launched an air campaign against IS in 2014, while the Iraqi military and Kurdish militias engaged the group on the ground. Damascus pushed it from the west, with Russian and Iranian support. The group had officially lost claim to any territorial control by March 2019, while Al-Baghdadi killed himself when US special forces raided his Idlib compound in October 2019.

テロ集団、"カリフ "アブ・アル・ハサンが "戦死"
テロ組織「イスラム国」(IS、旧ISIS)が、また新たな指導者を失ったと、複数のメディアが水曜日に報じた。アブ・アルハサン・アルハシミ・アルクラーシが「戦死」したと、ロイターやAFP、地域機関が報じた声明で、同組織は発表した。

ISによると、アル=ハサンは「戦場で」死亡する前に複数の「敵」を殺害したが、事件の時間や場所についての詳細は明らかにされておらず、その説明は独自に検証することができなかった。

ISの新指導者はアブ・フセイン・アル・フサイニ・アル・クラーシと名乗った。

アル=ハサンは、ISの3代目の自称「カリフ」である。彼は今年初め、前任者のアブ・イブラヒム・アル・ハシミ・アル・クラーシが2月の米軍特殊部隊の襲撃で殺害された後、その座に就いた。この作戦はシリアのイドリブ県で行われ、同県はトルコや欧米政府が支援したとされる反政府武装勢力のテロリストの支配下に置かれている。

トルコ当局は9月、アブ・イブラヒムの後継者と目されるアブ・ゼイドというIS幹部の拘束を発表した。

ISは2013年、アブ・バクル・アル・バグダディと名乗るイラクのサラフィスト過激派によって宣言された。彼の指揮の下、テロリスト集団は、2003年の米国のイラク侵攻と外国に支援されたシリア政府に対する反乱の影響を利用し、中東の大部分を征服した。

米国とその同盟国は2014年にISに対する航空作戦を開始し、イラク軍とクルド人民兵は地上で同グループと交戦した。ダマスカスは、ロシアとイランの支援を受け、西側からISを押し出した。同グループは2019年3月までに公式にいかなる領土支配の主張も失い、アル・バグダディは2019年10月に米国の特殊部隊がイドリブの屋敷を急襲した際に自殺した。

・・・ISISの活動状況については、情報が少なくわかりません。

posted by ZUKUNASHI at 21:28| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。