日本でも若者の間で精神衛生上の問題が増加しているはず: ずくなしの冷や水

2022年11月30日

日本でも若者の間で精神衛生上の問題が増加しているはず

Mental health issues rising among youth in England
A sharp increase in emotional problems has been linked to the impact of the Covid-19 pandemic and “wider global uncertainties”
Mental health issues are increasing among children and teenagers in England, a new NHS Digital report shows, predicting a sharp increase in mental disorders among 17- to 19-year-olds in 2022.

Published on Tuesday, the report found that one in four young Britons are now experiencing issues, including emotional or behavioral problems, compared to the one-in-six rate recorded in 2021. The survey sampled some 2,866 children and young people who are aged between seven and 24.

Among those aged seven to 10, prevalence of a potential mental disorder was nearly twice as high in boys – 19.7% against 10.5% in girls. Among the older 17- to 24-year-old age group, the prevalence was much higher in young women – 31.2% compared to only 13.3% in young men.

Teenagers of both genders showed similar results, with the figure hovering around 20%.

Researchers linked the increase in mental health issues to the impact of the Covid-19 pandemic. Co-author of the survey Dr Tamsin Newlove-Delgado, a senior lecturer at the University of Exeter, said the pandemic “has been quite a shock to the system in terms of impact on young people’s education, family, home lives and socializing.”

The ever-rising cost of living and “wider global uncertainties” are also having an impact on young people’s mental health, Newlove-Delgado noted, adding that 17- to 19-year-olds are going through “a time of quite stressful change.”

Researchers also drew a link between social and economic issues and mental health.

“There are strong associations between poor health – both physical and mental – over housing insecurity, financial insecurity [and], sadly these days, food and heating insecurity, and we certainly see that cross-section here,” report co-author Tamsin Ford, a professor with the University of Cambridge, said.

British charities quickly spoke up about the NHS findings, urging the UK government to act before it is too late. London risks “failing an entire generation unless it prioritises investment in young people's mental-health services,” the mental health charity Mind said.

“Young people and their families cannot be sidelined any longer by the government, who need to prioritise the crisis in youth mental health as a matter of national emergency,” Mind interim CEO Sophie Corlett stated.

イングランドで若者の間で増加している精神衛生上の問題
感情的な問題の急増は、Covid-19のパンデミックの影響と "より広い世界的な不確実性 "に関連しています。
イングランドでは、子供や10代の間で精神的な問題が増加していることが、NHS Digitalの新しい報告書で明らかになり、2022年には17歳から19歳の間で精神障害が急増すると予測されています。

火曜日に発表されたこの報告書によると、2021年に記録された6人に1人の割合と比較して、現在、若いイギリス人の4人に1人が感情や行動の問題などの問題を経験していることがわかりました。この調査は、7歳から24歳までの子どもや若者約2,866人を対象に行われました。

7歳から10歳では、潜在的な精神障害の有病率は、女子の10.5%に対して男子は19.7%と2倍近く高いことがわかりました。17歳から24歳の年齢層では、若い女性の有病率が非常に高く、31.2%であったのに対し、若い男性では13.3%に過ぎませんでした。

10代では男女とも同様の結果で、20%前後で推移しています。

研究者たちは、メンタルヘルスの問題が増えているのは、Covid-19の大流行が影響していると考えています。調査の共著者であるエクセター大学の上級講師Tamsin Newlove-Delgado博士は、パンデミックは "若者の教育、家族、家庭生活、社交に与える影響という点でかなり衝撃的であった "と述べている。

上昇し続ける生活費と「より広い世界的な不確実性」も若者の精神衛生に影響を与えているとニューラブ=デルガド氏は指摘し、17歳から19歳の若者は "かなりストレスの多い変化の時期 "を経験していると付け加えています。

研究者たちは、社会的・経済的な問題と精神的な健康との関連も描いている。

「身体的・精神的な健康状態の悪化と、住宅不安、経済的不安、そして悲しいことに最近では食料・暖房の不安との間には強い関連性があり、このような断面が見られる」と、レポートの共同執筆者であるケンブリッジ大学のTamsin Ford教授は述べています。

英国の慈善団体は、NHSの調査結果についてすぐに声を上げ、手遅れになる前に行動を起こすよう英国政府に促した。ロンドンは、「若者のメンタルヘルスサービスへの投資を優先させない限り、全世代を失望させる」危険性があると、メンタルヘルス慈善団体のマインドは述べています。

「若者とその家族は、政府からこれ以上見放されるわけにはいきません。政府は、国家的緊急課題として若者のメンタルヘルスにおける危機を優先させる必要があります」と、マインド暫定CEOのソフィー・コレットは述べています。

posted by ZUKUNASHI at 11:26| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。