モスクワ、原油価格の上限設定に伴うリスクを警告: ずくなしの冷や水

2022年11月29日

モスクワ、原油価格の上限設定に伴うリスクを警告

Moscow warns of risks arising from oil-price cap
Russia has a principled pro-market stance, while Western restrictions will cause underinvestment in the sector, a deputy PM said
A price cap on Russian oil could cause shortages and disrupt investment in the energy sector, Deputy Prime Minister Aleksandr Novak has warned. Moscow will strictly observe its commitment to market principles in international trade, he added.

“Our position is pretty rigid here, and I have voiced it on many occasions. Regardless of what level is picked for the price cap, even if it is high, it will be unacceptable in principle in terms of signing contracts. We will work under market conditions,” Novak told a business forum on Tuesday, according to Russian media.

The deputy prime minister blasted the US and its allies for trying to impose various restrictions on Russia’s energy industry, blocking its access to technologies and stifling Russian international trade. Such actions “come with great risks” and may cause deficits and underinvestment, he said.

“This would be true for any commodity that Western nations may want to impose their rules on in the future,” Novak predicted.

G7 nations agreed to impose a price cap on Russian crude in September, with enforcement set to begin on December 5. The EU is negotiating its own version of similar restrictions, with Poland reportedly standing in the way of an agreement by pushing for a lower cap level. Shipments of Russian crude that don’t comply would be denied insurance and other services by companies in Western jurisdictions, according to the plan.

Western officials believe Russia will still sell under the new terms, but would be denied windfall profits amid the global energy-price hike. However, Novak and other top Russian officials have said the country will not accept any cap.

Novak’s remarks came during the Russian-Chinese Energy Business Forum, an event organized by the governments of the two nations every year since 2018. Chinese Vice Premier of the State Council Han Zheng read a statement from President Xi Jinping during the event, in which the Chinese leader described energy as a “cornerstone of practical cooperation” between the two nations.

“China intends to build closer partnership with Russia in the energy sphere, foster development of clean and ‘green’ sources of energy, jointly defend international energy security and stability of supply chains, and contribute to the long-term reliability of the international energy market,” the message read.

Russia became the biggest supplier of oil to China after EU nations chose to cut trade with Moscow as a form of punishment for its role in the Ukraine conflict. Beijing disapproved of Moscow’s decision to send troops into its neighboring country in February, but blamed the US and the expansion of NATO in Europe for triggering the hostilities in the first place.

ロシアは原則的に市場原理を推進するスタンスだが、欧米の規制は同分野への投資不足を招くと副首相が述べた。
アレクサンドル・ノヴァク副首相は、ロシアの石油価格の上限設定により、エネルギー不足が生じ、エネルギー部門への投資に支障をきたす可能性があると警告している。モスクワは、国際貿易における市場原理へのコミットメントを厳格に遵守すると、彼は付け加えた。

「我々の立場はかなり厳格であり、何度もそれを表明してきた。価格上限がどの程度に設定されるかにかかわらず、たとえそれが高くても、契約締結という点では原則的に受け入れられないだろう。ロシアメディアによると、ノバク副首相は2日、ビジネスフォーラムで「我々は市場条件のもとで仕事をする」と語ったという。

副首相は、米国とその同盟国がロシアのエネルギー産業に様々な制限を課し、技術へのアクセスを妨げ、ロシアの国際貿易を阻害しようとしていることを非難した。このような行為は「大きなリスクを伴う」ものであり、赤字や投資不足を引き起こす可能性があるという。

「欧米諸国が今後、自分たちのルールを押し付けようとする商品にも当てはまるだろう」とノヴァックは予測した。

G7諸国は9月にロシア産原油に価格上限を設けることで合意し、12月5日から実施することになった。EUも同様の規制を交渉中で、ポーランドが上限額の引き下げを要求し、合意への妨げになっているとされる。この計画によると、ロシア産原油の出荷を拒否した場合、西側管轄の企業による保険やその他のサービスが拒否されることになる。

欧米諸国は、ロシアは新条件でも販売するが、世界的なエネルギー価格高騰の中で大きな利益を得ることはできないだろうと考えている。しかし、ノバク氏や他のロシア高官は、ロシアはいかなる上限も受け入れないと発言している。

ノバク氏の発言は、2018年から毎年両国政府が開催しているイベント「ロシア・中国エネルギービジネスフォーラム」の中で行われた。中国の韓正国務院副総理はイベント中に習近平国家主席の声明を読み上げ、その中で中国の指導者はエネルギーを両国の「実務協力の礎」と表現した。

中国はロシアとエネルギー分野でより緊密なパートナーシップを築き、クリーンで「グリーン」なエネルギー源の開発を促進し、国際的なエネルギー安全保障とサプライチェーンの安定性を共同で守り、国際エネルギー市場の長期的信頼性に貢献するつもりだ」とメッセージを読み上げました。

EU諸国がウクライナ紛争におけるモスクワの役割に対する懲罰として、モスクワとの貿易を削減することを選択した後、ロシアは中国への最大の石油供給国になった。北京は、モスクワが2月に隣国に軍隊を派遣したことを不服としているが、そもそも敵対行為を引き起こしたのは米国と欧州におけるNATOの拡大であると非難している。

・・・少しわからないところがありますが、精査していません。
posted by ZUKUNASHI at 21:26| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。