イラン、ロシアの自動車市場に参入を検討: ずくなしの冷や水

2022年11月29日

イラン、ロシアの自動車市場に参入を検討

Iran looks to enter Russian car market
Automakers plan to supply vehicles to Moscow after the exodus of foreign brands
Moscow and Tehran have signed a memorandum of understanding for Iranian car exports to Russia valued at $300 million, the head of the country's association of auto parts manufacturers, Mohammadreza Najafi-Manesh, said on Monday.

Iran Khodro, the largest carmaker in the Middle East, is eyeing the Russian market following the exodus of European, American, and Japanese brands.

Many foreign car manufacturers found it difficult to continue operations in the country after deliveries of cars and spare parts to Russia were stopped due to Western sanctions. 

The Iranian carmaker assembles revamped models of Chinese Haima and Dongfeng brands. Last year, the country launched the Tara sedan based on the Peugeot 301, while other new models using the Peugeot and Citroen as prototypes are coming.
READ MORE: Chinese car brands conducting major expansion in Russia – report

According to data from Russia’s Autostat agency, there were 10,400 Iran Khodro cars in Russia as of July 2022, which are represented by the Samand model (a Class C sedan), a car based on the Peugeot 405. 

Iran, which has been under Western sanctions for decades, has managed to develop its own automotive industry that caters to domestic demand. The country has also been forced to cut reliance on foreign car imports after parts and supplies were stopped when the US reimposed sanctions on the Islamic Republic in 2018.
イラン、ロシアの自動車市場に参入を検討
自動車メーカーは、外国ブランドの流出後にモスクワに車両を供給することを計画
モスクワとテヘランは、3億ドル相当のイラン車のロシアへの輸出に関する覚書に署名したと、同国の自動車部品メーカー協会のモハマドレザ・ナジャフィ・マネシュ代表が月曜日に述べた。

中東最大の自動車メーカーであるイラン・ホドロは、ヨーロッパ、アメリカ、日本のブランドが撤退した後、ロシア市場に目を向けている。

欧米の制裁によりロシアへの自動車やスペアパーツの納入が停止された後、多くの外国自動車メーカーが同国での事業継続を困難にしている。

イランの自動車メーカーは、中国のHaimaとDongfengのブランドの改良モデルを組み立てている。昨年はプジョー301をベースにしたセダン「タラ」を発売し、他にもプジョーやシトロエンをプロトタイプにした新型車が登場する予定だ。

ロシアのオートスタット社のデータによると、2022年7月現在、ロシアには10,400台のイラン・ホドロ車があり、その代表がプジョー405をベースにしたサマンドモデル(Cクラスセダン)である。

数十年にわたり欧米の制裁下にあるイランは、内需に対応する独自の自動車産業を発展させることに成功した。また、2018年に米国がイスラム共和国に制裁を再開した際に部品や供給がストップしたため、外国製自動車の輸入への依存度を下げることを余儀なくされている。
posted by ZUKUNASHI at 20:31| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。