ウクライナで殺害されたポーランド人、「アメリカ式」埋葬へ-メディア: ずくなしの冷や水

2022年11月29日

ウクライナで殺害されたポーランド人、「アメリカ式」埋葬へ-メディア

Poles killed in Ukraine to get ‘American’ burial – media
A news outlet suggests the grim reason for the sudden concern with efficiency
The controversial decision by municipal authorities in Olsztyn to create an “American-style” cemetery is due to the large number of military burials for the 1,200 Poles who have died fighting in Ukraine, according to the news outlet Niezalezny Dziennik Polityczny.

Olsztyn, in the Warmia-Masuria province, is home to Poland’s 16th Mechanized Infantry Division. Many of its current and former soldiers heeded the calls from President Andrzej Duda and Defense Minister Mariusz Blaszczak and enlisted in Ukraine, where over 1,200 Polish citizens have been killed in action so far, according to NDP. Thousands more have been injured or disabled, the outlet reported, citing publicly available sources.

The outlet says that almost “daily” burials at the Olsztyn cemetery – including the volleys fired by the honor guard – have “irritated” the local residents and led to many inconvenient questions being asked of the city’s authorities. NDP suggested this was the true motive behind the announcement of an “American” cemetery earlier this month.

The proposal calls for 1,700 plots for urns with cremated remains, with “standardized tombstones” along the line of American war cemeteries, according to municipal graveyard director Zbigniew Kot. 

Kot told Gazeta Olsztynska that there was “enough motley” in Polish cemeteries already, and that the new design aimed for a more orderly cemetery, along the minimalist lines seen in Germany and some Scandinavian countries. It is also supposed to help with the rising cost of burials, he added.

The Polish public has reacted poorly to Kot’s design, which envisions rows of 60-centimeter-square headstones surrounded by turf, with no trees, benches, or flower beds common in the mostly-Catholic nation. 

NDP called the design a “disgraceful end to mercenaries who died in Ukraine,” and suggested the number of planned plots means many more are expected to perish.

Specific casualty numbers from the conflict have been hard to come by. In June, officials in Kiev admitted to losing 1,000 or more men per day in the heavy fighting. In September, the Russian Defense Ministry put the number of Ukrainian casualties at 61,000 dead and more than 49,000 wounded, including over 2,000 foreign mercenaries.

あるニュースメディアは、突然効率にこだわるようになった厳しい理由を示唆しています。
ニュースメディア「Niezalezny Dziennik Polityczny」によると、オルシュティンの市当局が「アメリカ式」墓地を作るという物議を醸したのは、ウクライナで戦って死んだ1200人のポーランド人の軍葬が大量にあるためだという。

ウォルミア=マズリア州にあるオルシュティンは、ポーランドの第16機械化歩兵師団の本拠地である。NDPによると、同師団の現役および元兵士の多くが、アンドレイ・ドゥダ大統領とマリウシュ・ブラシュチャク国防相の呼びかけに応えてウクライナに入隊し、これまでに1200人を超えるポーランド人が戦死している。さらに数千人が負傷したり障害を負ったりしていると、公開されている情報源を引用して同誌は報じている。

オルツィン墓地でのほぼ「毎日」の埋葬は、儀仗兵による砲撃も含め、地元住民を「苛立たせ」、市当局に多くの不都合な質問をさせることになったと同誌は述べている。NDPは、これが今月初めに発表された「アメリカ人」墓地の真の動機であることを示唆した。

市営墓地の責任者であるズビグニエフ・コット氏によれば、この提案では、火葬した遺骨を納める骨壺のための1700区画を、アメリカの戦争墓地の線に沿って「標準的な墓石」で整備するとしている。

コト氏はガゼタ・オルスティンスカ紙に、ポーランドの墓地はすでに「十分雑多」であり、新しいデザインは、ドイツや北欧のいくつかの国で見られるミニマリストの線に沿って、より整然とした墓地を目指している、と語った。また、埋葬の費用が高騰しているため、その対策にもなるという。

このデザインは、60センチ角の墓石が芝生に囲まれ、カトリックの国であるポーランドでは一般的な樹木やベンチ、花壇がないもので、ポーランド国民の反応は芳しくない。

NDPは、このデザインを「ウクライナで死んだ傭兵たちの不名誉な最後」と呼び、計画されている区画の数は、さらに多くの人が死ぬことを意味していると指摘した。

紛争による具体的な死傷者数はなかなか出てこない。6月、キエフの当局者は激しい戦闘で1日あたり1000人以上の兵士を失ったと認めた。9月にはロシア国防省が、ウクライナ人の死者は6万1000人、負傷者は4万9000人以上と発表し、その中には2000人以上の外国人傭兵が含まれている。
posted by ZUKUNASHI at 15:23| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。