中国で反ロックダウンデモが発生: ずくなしの冷や水

2022年11月29日

中国で反ロックダウンデモが発生

Anti-lockdown protests break out in China (VIDEOS)
Footage shows demonstrators in Shanghai, Wuhan and other cities demanding an end to harsh zero-Covid policies
Protests broke out in China this weekend, with demonstrators in Shanghai, Wuhan, Beijing and other locations demanding an end to the government’s stringent Covid restrictions. Videos shared on social media purportedly show some protesters calling for the downfall of the Chinese Communist Party.

Crowds in Shanghai voiced their anger for the second day in a row on Sunday, chanting anti-government slogans as ranks of masked police looked on. According to one Twitter account tracking the protests, the crowd shouted “Communist Party step down, Xi Jinping step down!”

Shanghai city officials imposed a two-month lockdown in March, confining more than 20 million people to their homes amid an uptick in coronavirus cases. Parts of the city went back into lockdown in late October, with residents ordered to remain at home until they could show a negative Covid-19 test result.

While the lockdowns have led to confrontations between citizens and police, mass demonstrations are rarely observed in China. The latest protests are believed to have started after an apartment block in Urumqi burned down, killing at least 10 people according to Western media reports. The city has been under lockdown since August, and the protestors have blamed Covid restrictions for hampering rescue efforts. City officials said on Saturday that they would roll back some of the restrictions.

Students in Beijing and Nanjing reportedly held vigils and demonstrations on Sunday, while video footage reportedly shows thousands of people demonstrating in Wuhan, the original epicenter of the virus. Like Shanghai, in late October it also returned to lockdown.

One video, purportedly shot in Wuhan on Sunday, shows demonstrators kicking down barriers erected to maintain social distance.

By nightfall, video showed Shanghai police arresting protesters. It is unknown how many were detained, or whether similar arrests were made in other cities.

Xi’s government has been pursuing a strict zero-Covid policy since the coronavirus first emerged in Wuhan in late 2019, although local authorities have been given some latitude in how strictly measures like testing and school closures are enforced. Despite these policies, China recorded its highest ever number of daily Covid-19 infections on Wednesday, registering 31,444 new cases.

上海、武漢などの都市で、厳しいゼロコビト政策の中止を求めるデモの映像が流れる
今週末、中国でデモが発生し、上海、武漢、北京などで、政府の厳しいCovid規制の中止を求めるデモが行われた。ソーシャルメディアでは、中国共産党の崩壊を求めるデモ参加者の映像が公開されています。

上海の群衆は日曜日に2日連続で怒りの声を上げ、覆面警官の隊列が見守る中、反政府のスローガンを唱えた。デモを追跡しているあるツイッターアカウントによると、群衆は "共産党は退陣しろ、習近平は退陣しろ!"と叫んだという。

上海市は3月、コロナウイルスの感染者が増加する中、2ヶ月間の封鎖を実施し、2000万人以上を自宅に閉じ込めた。10月下旬には再び封鎖が行われ、住民はCovid-19の検査結果が陰性であることを示すまで自宅にとどまるよう命じられた。

封鎖は市民と警察の対立を招いたが、中国では大規模なデモはめったに見られない。欧米メディアの報道によると、今回の抗議行動は、ウルムチのアパートが全焼し、少なくとも10人が死亡した後に始まったとみられている。同市は8月から封鎖されており、抗議者たちは、コビド規制が救助活動を妨げていると非難している。市当局は土曜日に、制限の一部を撤廃すると発表した。

北京と南京の学生たちは、日曜日に警戒とデモを行ったと伝えられており、ビデオ映像では、ウイルスの最初の震源地である武漢で数千人がデモを行っていると伝えられています。上海と同様、10月下旬には封鎖状態に戻りました。

武漢で撮影されたとされるビデオには、社会的距離を保つために設けられた障壁を蹴破るデモ参加者の姿が映っている。

日暮れには、上海の警察がデモ参加者を逮捕している映像が流れた。何人が拘束されたのか、他の都市で同様の逮捕が行われたのかは不明である。

習近平政権は、2019年末に武漢でコロナウイルスが初めて出現して以来、厳格なゼロコビド政策を推進しているが、検査や学校閉鎖などの措置をどれだけ厳格に実施するかについては、地方当局にある程度の自由裁量が与えられている。こうした政策にもかかわらず、中国は水曜日に1日のコビッド19感染者数が過去最高を記録し、新たに31,444人の感染者を登録しました。

・・・・・

中国のデモで "共産党は退陣しろ、習近平は退陣しろ!"と叫ぶようなことは大変珍しいのだそうです。

海外にまで及んでいます。


中国のデモ参加者は、顔認識システムで個人が特定されているとの指摘もあります。

ロックダウン反対でタブーに踏み込むこれほどの騒ぎになるのかという印象ですが。

ゼロコロナ政策が緩められると感染者激増で社会が混乱するでしょう。





北京の精華大学での抗議行動のようです。


・・・中国の様子ですが、場所がわかりません。
posted by ZUKUNASHI at 22:04| Comment(3) | Covid19
この記事へのコメント
中国がロックダウンを続けることで世界の国々の経済が大変なことになっているので、後ろで欧米が糸を引いているのでは?と疑っています。学生なども顔認証は進んでいるので自分の意思で行動できる優秀な学生さんの今後はとても心配ですが。
Posted by 千のたね at 2022年11月30日 10:25
欧米は中国のロックダウンで世界経済が悪影響を受けることは別に心配していないと思います。中国の経済発展にブレーキを掛けたいのが本音ですから。
ロックダウン反対から入ったのは、中国の若い人たちに採用されやすいスローガンだからです。
本当の狙いは、中国政府を揺さぶることです。
動員の手当てが伝えられていますが、150米ドルのはずが11米ドルに下がっているとか。精華大学は北京で1、2位の大学ですが、その女子学生がアジっている内容は公権力のオーラルセックスはしないとか、極めて低劣な内容です。
中国当局は全部把握していますね。中国の学生もあまり賢くない。東京やロンドンでも抗議運動が起きていますが、国費留学生などはいないんでしょうね。数十ドルの小遣い稼ぎで留学が続けられなくなるリスクがありますね。
Posted by ZUKUNASHI at 2022年11月30日 10:50
オレオレ詐欺の受け子を気軽にバイト感覚で引き受けちゃってる日本人もいますから、劣化は中国人だけではないのでしょうけど、なるほど、そうなんですか。ガッカリさせられますね。
Posted by 千のたね at 2022年11月30日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。