コロナ後遺症の対策はいろいろあるが: ずくなしの冷や水

2022年11月27日

コロナ後遺症の対策はいろいろあるが



感染者が増え、後遺症の方も増えているようです。

今の感染者の症状の経過を見ると、人によって大きく異なります。ワクチン接種の有無、日ごろの健康・免疫・体力の状況。

他の方の事例も様々で参考にするのが難しくなっています。

海外では、子供の深刻なバクテリア感染事例も報じられています。

おそらくこのまま混とん状態に突入していくでしょう。運が良ければ残れるということだけです。

家族内で全員感染という例が増えています。そしてその中から後遺症の出る人がいるというパターンでしょうか。




発熱でコロナ感染を疑い、イベルメクチンを呑んだ方に発熱状況が一日の間にも上下する例が見られます。降下する一方ということでもないようです。解熱剤との関連があるかもしれません。発熱は、解熱剤は控え、耐えられる範囲で耐えたという方もおられます。
posted by ZUKUNASHI at 16:10| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。