英国でまたレンサ球菌による子供の死亡: ずくなしの冷や水

2022年12月02日

英国でまたレンサ球菌による子供の死亡

2022年11月25日
英国でグループAレンサ球菌による子供の死亡の続報 別の子供 - 今回はちょうど4歳 - が「連鎖球菌」バクテリアによって殺されました.これは、サリー州で通常は軽度のバクテリアの発生に関する昨日のニュースに続くものです:

記事の抄訳
ムハマド・イブラヒム・アリ氏が、発疹と咳に悩まされ、11月14日(月)に亡くなりました。
彼の家族は、彼の血流からiGAS感染症が発見されたことを確認しました。
英国健康安全局南東部(UKHSA)の広報担当者は次のように述べています。"グループAレンサ球菌(GAS)細菌への感染は通常、喉の痛みや皮膚の発疹を引き起こし、身体的接触やくしゃみ、咳による飛沫を介して感染します。
「ごくまれに、感染症が侵襲性(iGAS)となり、通常細菌が存在しない体の部位に侵入し、深刻な事態を引き起こすことがあります。
「UKHSAは、高熱と激しい筋肉痛、体の一部分の痛み、原因不明の嘔吐や下痢などのiGASの兆候や症状に注意するよう、保護者に助言しています。これらの症状がある人は、すぐにNHS 111に電話してください。
iGASで気をつけるべき徴候や症状について、保護者に警告が出されました。
これは、激しい筋肉痛を伴う高熱、体の一部分の痛み、原因不明の嘔吐や下痢を含みます。
これらの症状がある人は、すぐにNHS111に電話してください。
オークリッジ・スクール・アンド・ナーサリーのスチュアート・クック校長は、次のように述べています。「学校は健康安全局(Health Security Agency)と緊密に連携し、学校の徹底的なリスク評価を行い、全員の安全を守るために彼らのアドバイスに従っています。

私は親達からこれらのレンサ球菌 Aのますます致命的になっているアウトブレイクについてますます多くの報告を受けています...これが純粋にCovidによって引き起こされた免疫損傷によって引き起こされているとは確信していません.
集団感染による極度の免疫損傷により、子供たちはこれらの一般的なウイルスやバクテリアを撃退することができません...そして、知らない間に連鎖球菌を食べています.

他の点では健康な子供の侵襲的な肉食連鎖球菌による死亡は、Covid以前にはほとんど前代未聞です.今では、週に少なくとも2人いますか?氷山に関するヒント: この結果、多くの子供たちが死亡し、手足を失います。
Covidの子供たちは、終わらない原発事故で生まれた/妊娠した子供のように私の目に映ります

この報告は、死因として敗血症をほのめかしている。子供は敗血症でかなり早く死ぬ可能性があります。圧倒された医療システムはタイムリーなケアを遅らせる







posted by ZUKUNASHI at 08:56| Comment(0) | 健康・病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。