ウクライナ戦争の実像: ずくなしの冷や水

2022年11月24日

ウクライナ戦争の実像


Wave of huge air strikes reported in Ukraine
There’ve been emergency power outages in all regions of the country, according to national operator Ukrenergo
Russia has targeted Ukraine’s energy infrastructure in a large-scale missile attack on Wednesday, striking multiple targets in the capital Kiev and elsewhere across the country.

Emergency power outages have occurred in all regions as a result of the assault, Ukraine’s national power grid operator Ukrenergo has reported.

Kiev Mayor Vitaly Klitschko said that there were explosions in various parts of the city and that water supplies had been cut off. He also mentioned power shortages.

According to Kiev’s military administration, a projectile hit a residential building, killing at least three people and wounding six others. However, it’s not yet clear if was a Russian missile or one fired by Ukrainian air defenses.

The whole of Odessa Region has been left without electricity amid the attack, local authorities said. In Ukraine’s second-largest city Kharkov, the subway system has been paralyzed due to a power outage, with people being evacuated to the surface, the mayor said.

The South Ukraine Nuclear Power Plant in the southern city of Nikolaev has been forced to shut down all of its reactors, according to media reports. The plant became the largest in Ukraine after Zaporozhye Region, which hosts the Zaporozhye nuclear power plant, joined the Russian state last month as a result of a referendum. 

The local authorities have also confirmed the stoppage of reactors at the Khmelnytskyi Nuclear Power Plant in western Ukraine.

Strikes and power outages have also been reported by officials in Lviv, Nikolaev, Khmelnytsky, Sumy and other locations.

The neighboring former Soviet Republic of Moldova has also experienced power shortages as a result of the Russian strikes on Ukraine. The country’s energy system is connected to that of Ukraine. There’ve been blackouts in the capital Chisinau and other parts of the country, with the breakaway region of Transnistria also being affected.

Russia has stepped up pressure on Ukraine since October 10, when it accused Kiev of using “terrorist tactics” and of targeting Russian infrastructure, including the strategic Crimean Bridge. Since then, missile strikes against Ukrainian energy facilities, including power stations, have led to rolling blackouts across the country. Kiev authorities said that at least 40% of Ukraine’s energy infrastructure has been knocked out by the Russian attacks so far. 

During his interview with the BBC at the weekend, Maksim Timchenko, the head of largest private power utility DTEK Holding, said that Ukrainians should consider going abroad during the winter. “If they can find an alternative place to stay for another three or four months, it will be very helpful to the system,” Timchenko stated.

Ealier this week, Kremlin press-secretary Dmitry Peskov said that Russia wasn’t seeking a regime change in Kiev as part of its military operation. He reiterated that Moscow didn’t rule out peace negotiations with Ukraine, saying that its goals in the country could be achieved “by various methods and in various formats.” And they will be achieved eventually, Peskov assured reporters.
ウクライナで大規模な空爆が報告される
国営事業者Ukrenergoによると、国内の全地域で緊急停電が発生しています。
ロシアは23日、ウクライナのエネルギーインフラを標的とした大規模なミサイル攻撃を行い、首都キエフをはじめ、国内の複数の標的を攻撃しました。

ウクライナの国営電力会社ウクレネルゴは、この攻撃の結果、全地域で緊急停電が発生したと報告しています。

キエフ市のヴィタリー・クリチコ市長は、市内各所で爆発があり、水の供給が停止していると述べた。また、電力不足についても言及した。

キエフ軍政部によると、住宅に弾丸が命中し、少なくとも3人が死亡、6人が負傷した。しかし、ロシアのミサイルなのか、ウクライナの防空ミサイルが発射したものなのかは、まだ明らかになっていない。

地元当局によると、この攻撃の影響でオデッサ州全域が停電している。ウクライナ第2の都市ハリコフでは、停電のため地下鉄が麻痺し、地上に避難している人がいると市長が述べた。

南部の都市ニコラエフにある南ウクライナ原子力発電所は、メディアによると、すべての原子炉の停止を余儀なくされたという。同原発は、ザポロジェ原発を抱えるザポロジェ州が先月、住民投票の結果、ロシア国家に加盟したことで、ウクライナで最大規模となった。

また、ウクライナ西部のフメルヌィツキー原子力発電所でも、地元当局が原子炉の停止を確認したとのことです。

リヴィウ、ニコラエフ、フメルヌィツキー、シュミーなどでも当局からストライキや停電が報告されている。

隣国の旧ソビエト連邦モルドバ共和国でも、ロシアのウクライナ攻撃により、電力不足が発生している。同国のエネルギーシステムはウクライナのそれとつながっている。首都キシナウなどで停電が発生し、分離独立したトランスニストリア地方も影響を受けている。

ロシアは10月10日、キエフが「テロ戦術」を用い、戦略的なクリミア橋を含むロシアのインフラを標的にしていると非難して以来、ウクライナへの圧力を強めてきた。それ以来、発電所を含むウクライナのエネルギー施設に対するミサイル攻撃により、国中で計画停電が発生しています。キエフ当局によると、これまでにウクライナのエネルギーインフラの少なくとも4割がロシアの攻撃によってノックアウトされたという。

民間最大手電力会社DTEKホールディングのマクシム・ティムチェンコ代表は週末、BBCとのインタビューで、ウクライナ人は冬の間、海外に出ることを検討すべきだと述べた。「もし彼らがあと3、4ヶ月滞在できる別の場所を見つけることができれば、それはシステムにとって非常に有益なことだ」とティムチェンコは述べている。

今週初め、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシアは軍事作戦の一環としてキエフの政権交代を求めているわけではないと述べた。彼は、モスクワがウクライナとの和平交渉を排除していないことを繰り返し、同国における目標は "様々な方法と形式で "達成できると述べた。そして、それらは最終的に達成されるだろうとペスコフは記者団に断言した。

・・・2022/11/23、ロシアがウクライナに大規模な空爆。全土で緊急停電。原発が2か所稼働停止。停電地域が広がっています。電気がなければ戦えない。ダグラス・マクレガーが言うように長くとも数週間、実際にはもっと早くウクライナ国家の終焉が来そうです。

ドンバス地域は電気があり、情報がありますが、他の地域に関しては情報が途絶えています。ゼレンスキーの発信もない。ウクライナ政権は混乱の中のはずです。


チェコ語のツイートです。いつ、どこで撮影されたものか確認できません。



ロシア軍が3D精密爆撃法を導入したとあります。
posted by ZUKUNASHI at 08:52| Comment(1) | ウクライナ
この記事へのコメント
妄想忍者プーチン大統領のウクライナ侵攻作戦の忍者戦術は完全に敵によまれて失敗しました。核爆弾を使おうがウクライナは、ロシアが出ていくまで降伏しませんよ。ウクライナ民族の生存をかけた戦いです。このままでは、ロシアも一緒に破滅しますよ。米国の高等戦略の勝利ですね。笑うのは米国ですよ。
Posted by ピカドン 西 at 2022年11月23日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。