トルコがハサカの米軍基地を攻撃: ずくなしの冷や水

2022年12月01日

トルコがハサカの米軍基地を攻撃


Russia cautions Türkiye on military operation in Syria
Moscow’s envoy has asked Ankara to avoid using excessive force
Ankara should try to refrain from using “excessive” force in its military strikes on targets in Syria to avoid escalating the situation further, a top Russian official said on Tuesday.

Alexander Lavrentyev, the Russian president's special envoy on Syria, asked Türkiye to “show restraint in order to prevent an escalation of tensions, not only in the northern and northeastern regions of Syria, but throughout the entire territory,” according to RIA news agency.

He stressed the importance of finding a peaceful solution to the “Kurdish issue” and stated that Russia was willing to work with all interested parties. “We hope to convince our Turkish partners to refrain from using excessive force on Syrian territory,” he added.

The Russian envoy also noted that the “illegal” presence of US troops in Syria was significantly hindering stability in the region. He suggested that if Washington’s military contingent were to withdraw from the northeastern part of the country, it would help to calm the situation.

Laverentyev’s comments came after Turkish warplanes carried out a series of strikes destroying 89 targets in Syria and Iraq on Sunday, which were reportedly linked to the Kurdistan Workers Party (PKK) and the YPG. Ankara considers these groups to be terrorist organizations and blames them for the November 13 bomb attack in Istanbul, which claimed the lives of six people and wounded 81 more.

On Monday, the Turkish military announced that its artillery would also join so-called ‘Operation Claw-Sword’ after Kurdish militants reportedly shelled the southeastern Turkish city of Karkamis, killing three civilians. On Sunday, a Turkish border checkpoint in the southeastern Kilis Province also reportedly came under rocket artillery fire, wounding eight Turkish security personnel. 

Türkiye claims to have “neutralized” some 184 “terrorists” so far. The Kurdish Rojava Information Center reported 11 dead and nine injured civilians, along with three Kurdish fighters and “heavy casualties” among the Syrian Arab Army.

Aram Hanna, a spokesman for the US-backed Syrian Democratic Forces (SDF), has accused Türkiye of “war crimes” and said its air force had carried out “double-tap” strikes, targeting rescue workers arriving at the site of the initial attack.

While Ankara’s operation has yet to see Turkish troops cross the Syrian or Iraqi borders, Erdogan has stated that ‘Claw-Sword’ would not be limited to just airstrikes.
ロシア、シリアでの軍事行動でトルコに警告
モスクワの特使がアンカラに過剰な力の行使を避けるよう求めた
アンカラは、状況をさらにエスカレートさせないために、シリアの標的への軍事攻撃において「過剰な」力の使用を控えるよう努めるべきだと、ロシア政府高官が火曜日に述べた。

RIA通信によると、ロシア大統領のシリア特使であるアレクサンドル・ラヴレンチエフ氏は、「シリアの北部と北東部だけでなく、全領土で緊張がエスカレートするのを防ぐために自制する」ようトルコに求めたという。

彼は「クルド人問題」の平和的解決を見出すことの重要性を強調し、ロシアはすべての利害関係者と協力する意思があると述べた。また、「トルコのパートナーに、シリア領内での過剰な武力行使を控えるよう説得したい」とも述べた。

ロシア特使はまた、シリアにおける米軍の「違法な」駐留が地域の安定を著しく妨げていると指摘した。米軍がシリア北東部から撤退すれば、事態の沈静化につながるとの見方を示した。

ラベレンチエフのコメントは、トルコの戦闘機が日曜日にシリアとイラクで89の標的を破壊する一連の空爆を行った後に出たもので、それらはクルド労働者党(PKK)とYPGに関連していると伝えられているものである。アンカラはこれらのグループをテロ組織とみなし、6人の命と81人の負傷者を出した11月13日のイスタンブールでの爆弾テロを非難している。

月曜日には、クルド人武装勢力がトルコ南東部の都市カルカミスを砲撃し、3人の市民が死亡したと報じられたことから、トルコ軍はいわゆる「クローソード作戦」に大砲も参加すると発表した。日曜日には、南東部キリス県のトルコ国境検問所もロケット砲の攻撃を受け、トルコの治安要員8人が負傷したと報じられた。

トルコは、これまでに約184人の「テロリスト」を「無力化」したと主張している。クルドのロジャバ情報センターは、民間人11人の死亡と9人の負傷、クルド人戦闘員3人、シリア・アラブ軍に「多くの死傷者」が出たと報告した。

米国が支援するシリア民主軍(SDF)のスポークスマン、アラム・ハンナ氏は、トルコを「戦争犯罪」と非難し、空軍が最初の攻撃現場に到着した救助隊員をターゲットに「ダブルタップ」攻撃を行ったと述べた。

アンカラの作戦では、トルコ軍はまだシリアやイラクの国境を越えていないが、エルドアンは「クローソード」が空爆だけにとどまらないことを明言している。


posted by ZUKUNASHI at 15:21| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。