日本のインフレ率は1982年以来最高: ずくなしの冷や水

2022年11月19日

日本のインフレ率は1982年以来最高

Inflation in Japan highest since 1982
A weak yen has been pushing up the cost of imported commodities
Japan’s consumer price growth accelerated to a 40-year high in October, driven by a weak national currency and imported cost pressures, government data showed on Friday.

According to the report, the nationwide core consumer price index (CPI) was up by 3.6% from a year earlier, showing the fastest pace of growth since 1982. Last month’s jump exceeded the 3.5% rise expected by economists and the 3% gain seen in September.

The rise in the index, which excludes volatile fresh food prices but includes oil products, confirmed that inflation remained above the 2% goal of the Bank of Japan (BOJ) for a seventh consecutive month.

The report indicated that foreign supply constraints have driven up the prices of imported food, industrial commodities and manufacturing parts. A fall in the national currency yen, which in dollar terms is down by more than 20% this year, has added to the woes.

Of the 522 items composing the CPI, 406 were more expensive in October than a year earlier. In September, the figure was 385.

Energy costs in the country soared by 15.2%, while food – excluding perishables – was up by 5.9%, the fastest rise in four decades.

Among food items, 88% were more costly than a year before, led by alcoholic drinks, such as beer and sake. Prices of household durable goods surged by 11.8%, their biggest rise since March 1975.

The BOJ has forecast average prices for the fiscal year to March 2023 will be 3% higher than in 2021-22 but that the rise for 2023-24 will be only half as great.

On Thursday, the regulator pledged to maintain monetary stimulus to achieve wage growth and sustainable and stable inflation. It will keep long-term interest rates around zero and short-term rates at minus 0.1%.

円安が輸入商品のコストを押し上げている
日本の消費者物価の上昇は、通貨安と輸入物価の上昇圧力により、10月には40年ぶりの高さにまで加速したことが、金曜日に発表された政府のデータで明らかになった。

それによると、全国の消費者物価指数(CPI)は前年比3.6%上昇し、1982年以来最も速いペースで伸びていることが明らかになった。先月の上昇は、エコノミストが予想した3.5%の上昇と9月の3%の上昇を上回った。

生鮮食品は除くが石油製品は含まれるこの指数の上昇は、インフレ率が7ヶ月連続で日本銀行(BOJ)の目標である2%を上回っていることを確認した。

海外からの供給制約により、輸入食料品、工業製品、製造部品の価格が上昇したことが指摘されている。ドル建てで今年20%以上下落している自国通貨円の下落が、苦境に拍車をかけている。

消費者物価指数を構成する522品目のうち、10月は406品目が前年より高くなった。9月は385であった。

国内のエネルギーコストは15.2%上昇し、生鮮食品を除く食品は5.9%上昇し、過去40年で最も速い上昇率だった。

食料品のうち、ビールや日本酒などのアルコール飲料を筆頭に、88%が前年より高くなった。家庭用耐久財の価格は11.8%上昇し、1975年3月以来最大の上昇率となった。

日銀は、2023年3月までの年度の平均物価は2021-22年度よりも3%高くなるが、2023-24年度の上昇率は半分にとどまると予想している。

木曜日、日銀は賃金上昇と持続可能で安定したインフレを達成するために、金融刺激策を維持することを約束した。長期金利をゼロ付近、短期金利をマイナス0.1%に維持するとしている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 22:01| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。