今日の放射能備忘録 199: ずくなしの冷や水

2022年11月16日

今日の放射能備忘録 199



German nuclear plant suffers leak
While the failure poses no danger, operations at the plant will have to be suspended, the environment ministry said
A reactor leak has been detected at the Isar 2 nuclear power plant in the southern German state of Bavaria, the environment ministry said on Monday, citing the plant’s operator. The malfunction apparently poses no risk to the public, but could compromise the government’s plan to alleviate the energy shortage, triggered mainly by the Ukraine conflict.

According to the ministry, maintenance work will be carried out in October, and it will take at least a least a week to fix the problem. During that period, all operations at the plant, which is run by E.ON subsidiary PreussenElektra, will have to be completely suspended, the ministry said.

Initially, the nuclear power plant was slated to go offline in late 2022 as part of Germany’s efforts to phase out atomic energy. However, the current energy crisis has forced Berlin to put the facility on standby until April 2023 as a reserve source of power, which could be tapped if the situation worsens.





東海村 放射性物質検出 会社側“損傷排水管 点検記録なし”
東海村にある医薬品の研究支援などを行う民間企業「積水メディカル」の施設では今月4日、第1実験棟の床下にある放射性物質を含む廃液を流す排水管が損傷しているのが見つかり、床下の土の表面から通常の値を超えるトリチウムなどの放射性物質が検出されました。
第1実験棟は昭和40年からおととしまで使われていて、排水管に残っていた廃液が漏れ出たとみられていますが、従業員の被ばくは確認されておらず、環境への影響はないとみられるということです。




2022/8/8、20時、稚内で+0.02μSv/h超、函館で+0.03μSv/h超の空間線量率上昇。稚内は泊原発の影響ですが、函館は青森県内からの影響でしょうか。ともに降雨があります。



2022/8/4、岐阜県恵那市で空間線量率が大きく上昇。

核融合研究所からの漏洩が疑われます。







朝日2022/7/19
関西電力は19日、定期検査中の高浜原発3号機(福井県高浜町)について、26日から発送電を再開すると発表した。3月から定期検査を始めたが同月末に伝熱管の損傷が見つかり、再開時期を未定としていた。調査と対策が進んだため、再開するという。



共同2022年7月14日 18:22 JST 更新日時 2022年7月14日 19:23 JST
最大9基の原発稼働へ、冬の電力を安定確保−岸田首相が表明
萩原ゆき
日本全体の電力消費量の1割に相当、国も前面に立って協力得る
安全性を前提にした上で原子力規制委も審査を効率化
岸田文雄首相は14日、冬の電力の安定確保のため、最大9基の原発稼働を進めるよう経済産業相に指示したと述べた。記者会見で語った。




2022/7/8、夜になって中国四国と中京で降雨、空間線量率が少し上がっています。


・・・陸路での漁獲物の輸送が困難だったから他の地域に運ぶにしても、長島港は三重県の尾鷲に近いです。




France investigating nuclear ‘cover-ups’
The probe comes after the country was forced to shut down half of its reactors amid a mounting international energy crisis
The French government is investigating whistleblower allegations that a state-run utility agency attempted to conceal safety issues at a nuclear power plant. Prosecutors confirm they are following up on complaints filed late last year.

Officials in Marseille launched an investigation into the alleged safety problems last month after an anonymous whistleblower said conditions at the Tricastin nuclear plant in southern France were “endangering the lives of others,” French newspaper Le Monde reported on Wednesday.
フランス紙ルモンドが水曜日に報じたところによると、南フランスのトリカスタン原子力発電所の状況が「他人の生命を危険にさらしている」と匿名の内部告発者が述べた後、マルセイユの当局は先月、安全問題の疑いについて調査を開始した。
An engineer at the facility, the whistleblower also accused officials at the plant of “harassment,” as well as “violations of the criminal code, the environmental code, the labor code and the regulations relating to nuclear installations.” Though incidents continued – including a mysterious power surge at one reactor in 2017 and a flood at the same station one year later – no action was taken.
トリカスタン原発の技術者である内部告発者は、原発の職員が「ハラスメント」を行い、「刑法、環境法、労働法、原子力施設に関する規則に違反している」とも訴えた。2017年に1つの原子炉で謎の電力サージが発生し、その1年後に同じ発電所で洪水が発生するなど、事件は続いていたものの、何の対策もとられなかった。
The largely state-run firm which operates the plant, Electricite de France (EDF), confirmed the ongoing investigation to the Wall Street Journal, saying the probe would help to “shed all necessary light on the alleged facts and thereby show the truth.”

Speaking to Reuters on Thursday, a lawyer for the whistleblower, William Bourdon, said the complaint was initially filed in November, but noted that the subsequent investigation does not target EDF directly. Instead, a probe “against X” has been launched, allowing prosecutors to look into the actions of multiple different parties.

The new investigation marks another blow for the French utility, which has recently taken half of the country’s nuclear reactors offline due to scheduled maintenance and refueling, and even outages caused by corrosion and damage. The spate of shutdowns coincided with soaring energy prices across Europe and elsewhere, driven in part by the conflict in Ukraine, as well as Western sanctions on Russian gas and oil exports.
この新しい捜査は、フランスの電力会社にとって新たな打撃となる。同社は最近、定期保守点検や燃料補給、さらには腐食や損傷による停止で、国内の原子炉の半分を停止させているのである。一連の停止は、ウクライナ紛争やロシアのガスや石油の輸出に対する欧米の制裁もあり、欧州やその他の地域でエネルギー価格が高騰していた時期と重なった。
The cost of inspecting and repairing the French nuclear plants could exceed €4.5 billion ($4.8 billion), according to recent EDF estimates, well beyond previous expectations. France derives around 70% of its electricity from nuclear power, and has seen a jump in prices throughout 2022.

Prior to the whistleblower filing, the Tricastin nuclear site had encountered some safety issues, including two separate uranium leaks within a matter of days in July 2008 which contaminated 100 employees at the plant and led to a ban on using local water for drinking, swimming, and agriculture.



福島第一原発、汚染配管撤去作業がまた中断 「数時間被ばくで死亡」レベルの高線量検出で
2022年5月27日 21時23分
東京電力が約2カ月ぶりに再開した福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)1、2号機間にある高濃度の放射性物質で汚染された配管の撤去作業が、また中断した。23日に初めて切断した配管で毎時3シーベルト(3000ミリシーベルト)と極めて高い放射線量が検出され、26日に予定した2回目の切断を中止。東電は切断方法や作業員の被ばく抑制策の再検討に時間をかける。
 毎時3シーベルトは人が数時間被ばくすれば死亡するレベルの高線量。東電によると、配管の切断面内部の線量を測定した作業員の被ばく線量は最大0.41ミリシーベルトで、事前に計画していた被ばく限度は超えなかった。





2022/5/21、11時40分、東京都足立区の空間線量率が0.061μSv/hと平常より0.032μSv/h程上がっています。都内は、局地的に強い雨です。



説明なく再利用 重大
山下氏 放射性廃棄物めぐり
 日本共産党の山下芳生議員は4月26日の参院環境委員会理事懇談会で、東電福島第1原発事故による放射能汚染土壌の最終処分に向けた進捗(しんちょく)状況の報告を受け、放射性廃棄物200万トンが民間業者によって道路建設などに再利用されていた問題を追及しました。
 山下氏は、避難区域とされた地域の廃棄物は「国が処理する」と放射性物質汚染対処特措法にあると指摘。「現に汚染された“土壌”は道路建設への再利用の実証事業が行われようとしたが、住民の反対でとん挫した。しかしコンクリート片などの“廃棄物”は民間業者が勝手に再利用している。なぜこのような事態になったのか」とただしました。
 環境省担当者は「土壌以外は再利用すれば廃棄物でなくなる扱いとした」と答弁。山下氏が「特措法のどこに根拠規定があるのか」とただすと「特措法でなく政府で解釈した」と説明しました。
 山下氏は「脱法行為だ」と批判し、「廃棄物がどこでどう再利用されているか、住民は知らされているのか」と追及。同省担当者は「業者が取りに来て汚染濃度を確認して持って行く。行き先は把握していない。住民説明会は行われていない」と述べました。



2022/4/29、近畿から東北の広い範囲で降雨。日本海側で空間線量率上昇。

2022/4/26、全国的に雨ですが、夜になって島根県浜田市で空間線量率が上がっています。

鳥取でも上がっているところがあります。
岩手県滝沢市も上昇。

秋田県由利本荘市 0.02μSv/h程度の上昇
気流を見てもどこが放出源なのかわかりかねています。
posted by ZUKUNASHI at 21:19| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。