ロシアと米国がアンカラで秘密会談: ずくなしの冷や水

2022年11月16日

ロシアと米国がアンカラで秘密会談

Russia and US holding secret talks in Ankara – Kommersant
Moscow is reportedly represented by the country’s top spy at the negotiations
There are reports in Russian media about secret US-Russian talks being hosted by Türkiye. The Kremlin would neither confirm nor deny the claim.

The undeclared meeting is allegedly being held on Monday in the Turkish capital Ankara, the business daily Kommersant reported. Its source said that Moscow is represented by Sergey Naryshkin, the director of Russia’s Foreign Intelligence Service, or SVR, but would not offer any other details, the outlet said.

When asked about the purported talks, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said: “I cannot either confirm or deny it.”

Earlier this month, Western media reported that top Russian and US officials were engaging in undeclared contacts. According to the Wall Street Journal, US national-security adviser Jake Sullivan has been engaged with Yury Ushakov, a senior foreign policy aide to President Vladimir Putin, and with Nikolay Patrushev, Sullivan’s counterpart in the Russian government.

The White House did not deny the talks, with spokesperson Karine Jean-Pierre telling journalists that the contacts focused on “risk reduction.” Meanwhile, Peskov told the WSJ at the time that the British and American press tended to print “hoaxes.”

Türkiye emerged as a principal mediator during the Ukraine crisis. In late March, it hosted Russia-Ukraine talks, during which the two parties made significant progress towards settling on a peace agreement.

The negotiations were reportedly torpedoed by the UK, when then-Prime Minister Boris Johnson traveled to Kiev in April. According to Ukrainian media, he told President Vladimir Zelensky that Western nations would not support the proposed security pact that was discussed with Russia.

Ankara also helped the UN to launch the Black Sea Initiative, an arrangement that allows Ukraine to export its grain via commercial ships. The agreement, which was signed in July, expires on Friday. Moscow has repeatedly stated that it may not agree to a renewal, unless the UN delivers on its promise to facilitate Moscow’s export of Russian grain and fertilizers, which was part of the deal.
ロシアと米国がアンカラで秘密会談を開く – コメルサント
伝えられるところによると、モスクワは交渉で国の最高のスパイによって代表されています
トルキエが主催する秘密の米露会談について、ロシアのメディアで報道されている。クレムリンは、この主張を肯定も否定もしませんでした。

宣言されていない会議は、月曜日にトルコの首都アンカラで開催されるとされている、と経済日刊紙コメルサントは報じた。その情報筋は、ロシアの対外情報局(SVR)の局長であるセルゲイ・ナリシュキンがモスクワを代表していると述べたが、それ以外の詳細は明らかにしなかった、とアウトレットは述べた。

クレムリンのスポークスマンであるドミトリー・ペスコフは、会談とされるものについて尋ねられたとき、「私はそれを確認することも否定することもできない」と述べた.

今月初め、西側メディアは、ロシアと米国の高官が未申告の接触に関与していると報じた。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、米国の国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバンは、ウラジーミル・プーチン大統領の上級外交政策補佐官であるユーリー・ウシャコフと、ロシア政府でサリバンのカウンターパートであるニコライ・パトルシェフと関わっている。

ホワイトハウスは会談を否定せず、スポークスパーソンのカリーヌ・ジャン・ピエールはジャーナリストに、接触は「リスク削減」に焦点を当てていたと語った.一方、ペスコフ氏は当時、英国と米国のマスコミは「デマ」を掲載する傾向があると WSJ に語った。

テュルキエは、ウクライナ危機の際の主要な調停者として登場しました。 3 月下旬には、ロシアとウクライナの会談が開催され、その間、両国は和平合意に向けて大きな前進を遂げました。

当時のボリス・ジョンソン首相が4月にキエフを訪れたとき、交渉は英国によって水を差されたと言われている。。ウクライナのメディアによると、彼はウラジミール・ゼレンスキー大統領に、西側諸国はロシアと協議され、提案された安全保障協定を支持しないだろうと語った.

アンカラはまた、国連が黒海イニシアチブを開始するのを支援しました。これは、ウクライナが商業船を介して穀物を輸出できるようにする取り決めです。 7月に調印されたこの合意は、金曜日に期限が切れます。モスクワは、協定の一部であったロシアの穀物と肥料のモスクワの輸出を促進するという約束を国連が履行しない限り、更新に同意しないかもしれないと繰り返し述べてきた。
Washington reveals details of high-profile US-Russia talks
Top spies from both sides met to discuss avoiding “miscalculations,” US National Security Council spokesman said
The recent unannounced meeting of top Russian and US spies in Ankara was meant to maintain dialogue between two powers, US National Security Council spokesman John Kirby told US media on Tuesday.

Speaking to Bloomberg, Kirby was asked to comment on the talks in Türkiye’s capital, which involved Sergey Naryshkin, director of Russia’s Foreign Intelligence Service (SVR), and CIA Director Bill Burns.

“This was really about keeping the channels of communication with Russia open on issues that affect both our security’s futures,” the official said, adding that Burns’ sit-down with Naryshkin was “all about routine channels of communication” that Washington has with Moscow at various levels.

Kirby noted that in recent weeks US Secretary of Defense Lloyd Austin and the Chairman of the Joint Chiefs of Staff Mark Milley spoke with their respective Russian counterparts. By doing so, the US is “making sure that… there won’t be any miscalculations,” the official said.

At the same time, Kirby didn’t say whether the parties discussed US citizens that are currently in Russian custody, noting that he was not present at the meeting. “The main purpose was to talk about issues around strategic stability,” he said.

Previously, the White House said that the Ankara talks didn’t have anything to do with the Ukraine conflict and revolved around nuclear weapons and US citizens that had been detained in Russia. Meanwhile, Moscow confirmed that the talks had indeed taken place, but refused to provide any more details.

Earlier this month, The Wall Street Journal reported that US National Security Advisor Jake Sullivan held behind-the-scenes negotiations with top Russian officials to decrease the chances of a broader conflict over Ukraine. At the time, Kremlin Press Secretary Dmitry Peskov said Russia had nothing to say about the report, adding that “Anglo-Saxon newspapers release a lot of hoax stories.”
ワシントン、注目の米露会談の詳細を明らかに
双方のトップスパイが「誤算」の回避を議論するために会談したと、米国家安全保障会議報道官が述べた。
米国国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は、最近アンカラで行われたロシアと米国のトップスパイによる抜き打ちの会談は、2つの大国間の対話を維持するためのものだったと、火曜日に米国メディアに語った。

ブルームバーグの取材に応じたカービー氏は、ロシアの対外情報庁(SVR)長官セルゲイ・ナリシキン氏とCIA長官ビル・バーンズ氏が参加したトルコの首都での会談について、コメントを求められた。

「これは、両国の安全保障の将来に影響を与える問題について、ロシアとのコミュニケーションチャンネルをオープンにしておくためのものだ」と同長官は述べ、バーンズ氏とナリシキン氏の会談は、ワシントンがモスクワと様々なレベルで持っている「日常のコミュニケーションチャンネルについてのすべて」であったと付け加えた。

カービー氏は、ここ数週間、ロイド・オースティン米国防長官とマーク・ミルリー統合参謀本部議長が、それぞれロシアのカウンターパートと話をしたことを指摘した。そうすることで、米国は「誤算がないことを確認している」と同高官は述べた。

同時に、カービー氏は、現在ロシアに拘束されている米国人について話し合ったかどうかについては言及せず、会談に同席していないことを明らかにした。"主な目的は、戦略的安定をめぐる問題について話すことだった "と述べた。

以前、ホワイトハウスは、アンカラでの会談はウクライナ紛争とは関係なく、核兵器とロシアに拘束されている米国人を中心に行われたと発表していた。一方、モスクワは会談が実際に行われたことを確認したが、それ以上の詳細については明らかにすることを拒否した。

今月初め、ウォールストリート・ジャーナル紙は、ジェイク・サリバン米国家安全保障顧問がロシア高官と水面下で交渉を行い、ウクライナ紛争が拡大する可能性を減少させたと報じた。当時、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシアはこの報道について何も言うことはないと述べ、"アングロサクソンの新聞は多くのデマ記事を発表している "と付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 08:59| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。