日本の子供のコロナ脳症が海外から注目されている: ずくなしの冷や水

2022年11月11日

日本の子供のコロナ脳症が海外から注目されている


Japanese doctor warns of potentially fatal COVID-related brain damage in children
4月下旬に10歳未満の女児が「急性脳症」で死亡し、5月中旬には重い症状を発症した5歳未満の女児が全身にまひを残すなど、相次いでいる。日本小児神経学会は、全国でコロナウイルス感染症に伴う急性脳症の事例を調査する構えだ。

栃木県と自治医科大学によると、死亡した女児は当初、コロナウイルスの陽性反応が出た後、発熱などの軽い症状で自宅で療養していた。しかし、容態が急変したため、救急車で病院に搬送されました。集中治療室で治療を受けましたが、その後、死亡が確認されました。女児に持病はなかった。担当した自治医科大学小児科の村松和弘准教授によると、COVID-19による急性脳症で10歳未満の子供が死亡したのは全国初とみられるという。

一方、5歳未満の女児は、自宅で激しい痙攣と高熱、意識障害を起こし、その後病院でコロナウイルスの陽性反応が出た。一命は取り留めたものの、全身に麻痺が残りました。この女の子も基礎疾患はありませんでした。

急性脳症とは、ウイルスや細菌感染などにより、脳が急に腫れてしまう病気です。
posted by ZUKUNASHI at 12:25| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。