フランスでマスク復活: ずくなしの冷や水

2022年11月05日

フランスでマスク復活

フランス医学アカデミーは、高齢者、合併症のある人、弱者と接触する家族や医療従事者、妊婦など、すべての人に対し、密閉した公共空間でFFP2(N95)マスクを着用することを緊急に推奨しているワクチン接種済みでも!
2) さらに、フランス国立アカデミーは、「病院、診療所、ケアセンター、薬局、および混雑時の公共交通機関など公衆に開放された閉鎖空間ではサージカルマスクを着用する」ことを、それ以外の人にも推奨しています。
3)フランスNAMの理由
"フランス本土では、インフルエンザ様疾患の増加や散発例が確認され、2歳未満の小児の気管支炎が流行期に入ったことから、季節性インフルエンザの早期流行の見通しが明らかになりつつある。"
4)「2021-2022年シーズンは、2022年4月に遅いピークを迎え、9週間にわたって流行したインフルエンザが再流行した。インフルエンザ+Covid-19」の同時感染例が、規制実施前、あるいは対策解除後に世界中で多く報告された」...。
5) "したがって、この二重感染の可能性は、最も深刻な形態に弱い人々をさらし、病院サービスを飽和のリスクにさらすので、2022-2023年シーズンには考慮されなければならない..."。
6)「Covid-19に対するブースター注射とインフルエンザワクチン接種の併用を目的としたワクチン接種の推奨を強く印象づけるものである[6]。また、バリア対策の見直しも正当化される。
HT to @CecPhil

7) 一方、米国最高裁は、飛行機、列車、バスの乗客にマスクのルールを課す空港TSAの権利を支持し、訴訟を却下した。 問題は、TSAか@CDirectorが、それを実行するための行動を推奨するかどうか?
posted by ZUKUNASHI at 20:25| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。