ドイツで西ナイル熱感染者が前年比倍増: ずくなしの冷や水

2022年11月02日

ドイツで西ナイル熱感染者が前年比倍増

Dangerous tropical disease spreading in Germany – media
The number of new cases of West Nile fever in the country has doubled since last year
Twice as many people contracted West Nile fever in Germany this year than in 2021, Der Spiegel reported on Tuesday, citing data provided by the Robert Koch Institute (RKI), the national health watchdog.

The number of infections registered in Germany since the end of August has risen to ten, according to RKI. At least eight of them were proven to have been contracted within Germany, the agency’s spokeswoman told Der Spiegel.

At least four states have been affected by the spread of the disease, including the capital, Berlin, the eastern states of Saxony and Saxony-Anhalt, as well as North Rhine-Westphalia in the west, the RKI said, adding that further cases could still be discovered.

While the number of cases doubled in comparison to 2021, it is lower than in 2020, when a total of 30 cases were registered, Der Spiegel said. Infections in Germans who had not traveled abroad were first detected in 2019.

The RKI also said that it documented the virus being transmitted between birds and mosquitos in Germany back in 2018. It is now believed the pathogen can hibernate in mosquitoes in Germany.

The fever is usually asymptomatic, meaning most cases are unreported, according to the RKI. Every fifth person infected with the virus develops flu-like symptoms, including headaches or fever, as well as vomiting or rash.

One in 100, however, can become seriously ill as the disease can cause brain inflammation, such as encephalitis or meningitis, and can lead to seizures. The likelihood of death among seriously ill patients is about 10%. Recovery may take weeks or even months. Older people and those with chronic illnesses are considered to be at particular risk of serious infections.

According to the EU health agency (ECDC), a total of 950 cases of West Nile fever have been reported throughout the bloc this year, with 82 infection-related deaths. Southern European countries appear to be disproportionately affected. Italy alone registered more than 570 cases with another 280 reported in Greece.
ドイツで危険な熱帯病が蔓延-メディア
国内での西ナイル熱の新規感染者数は昨年から倍増している
ドイツで今年、西ナイル熱に感染した人の数が2021年の2倍になったと、デア・シュピーゲルが1日、国の健康監視機関であるロベルト・コッホ研究所(RKI)が提供したデータを引用して報じました。

RKIによると、8月末以降にドイツで登録された感染者数は10人に上った。そのうち少なくとも8人はドイツ国内で感染したことが証明されていると、同機関の広報担当者はデア・シュピーゲルに語った。

首都ベルリン、東部のザクセン州、ザクセン=アンハルト州、西部のノルトライン=ヴェストファーレン州など、少なくとも4つの州が感染拡大の影響を受けているとRKIは述べ、さらなる患者がまだ発見される可能性があるとも付け加えている。

2021年と比較すると感染者数は倍増しているが、合計30人の感染者が登録された2020年よりは少ないとDer Spiegelは述べている。海外渡航歴のないドイツ人の感染は、2019年に初めて発見された。

RKIはまた、2018年にドイツで鳥と蚊の間でウイルスが感染していることを記録したという。現在、病原体はドイツ国内の蚊の中で冬眠できると考えられています。

RKIによると、この熱は通常無症状であり、ほとんどの症例が報告されていないことを意味します。このウイルスに感染した人の5人に1人は、頭痛や発熱のほか、嘔吐や発疹など、インフルエンザに似た症状を発症します。

しかし、100人に1人は、脳炎や髄膜炎などの脳の炎症を引き起こし、発作を起こすこともあるため、重症化する可能性があります。重症化した患者さんが死亡する可能性は約10%です。回復には数週間から数ヶ月かかることもあります。高齢者や慢性疾患のある方は、特に重篤な感染症にかかるリスクが高いと考えられています。

EU保健機関(ECDC)によると、今年、EU全域で計950人の西ナイル熱の患者が報告され、82人が死亡している。南欧諸国が不当に影響を受けているようだ。イタリアだけでも570件以上、ギリシャでは280件が報告されている。
posted by ZUKUNASHI at 07:55| Comment(0) | 健康・病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。