米政府はビッグテックと連携し、ソーシャルメディアを検閲していた - Intercept: ずくなしの冷や水

2022年11月01日

米政府はビッグテックと連携し、ソーシャルメディアを検閲していた - Intercept

US government worked with Big Tech to censor social media – Intercept
Documents show how Homeland Security sought to dodge the First Amendment ban on censorship
The US government worked hand in glove with social media platforms to censor online “misinformation” – such as the factually true Hunter Biden laptop story – The Intercept revealed on Monday, citing internal Department of Homeland Security documents obtained through leaks and public records requests. Moreover, the DHS plans to continue censoring opinions about Covid-19, “racial justice,” and US support for Ukraine going forward.

“Behind closed doors, and through pressure on private platforms, the US government has used its power to try to shape online discourse,” Lee Fang and Ken Klippenstein write in Monday’s report.

One of their major revelations is that tech companies – including Twitter, Facebook, Reddit, Discord, Wikipedia, Microsoft and LinkedIn – met with the FBI and other government agencies every month, before and since the 2020 election. Facebook even set up a special portal for “takedowns” that requires a law enforcement email to access.

The process is also outlined in emails between DHS officials, Twitter, and the NGO Center for Internet Security, while meeting notes show that the government called on tech platforms to “process reports and provide timely responses, to include the removal of reported misinformation from the platform where possible.”

Many of the documents surfaced due to the lawsuit by Missouri Attorney General Eric Schmitt, a Republican currently running for the US Senate. Among them was the revelation that two FBI officials were involved in high-level communications with Facebook to suppress the Hunter Biden laptop story: Laura Dehmlow, the section chief of the FBI’s Foreign Influence Task Force (FITF) and Elvis Chan, a special agent in the San Francisco field office.

The factually true story published in October 2020 was denounced as “Russian disinformation” by Democrat Joe Biden and most corporate outlets, and the New York Post was suppressed on both Facebook and Twitter.

Another document from March shows Dehmlow telling Twitter executives that subversive information on social media could undermine support for the US government.

Created in 2019 in response to claims by Democrats that “Russian influence” on social media somehow got Donald Trump elected in 2016, the FBI’s FITF would later expand its purview to “disinformation analysis” about Covid-19.

A draft of the Quadrennial Homeland Security Review – a strategy document leaked to the Intercept – shows the DHS intends to target “inaccurate information” on topics including “the origins of the [Covid]-19 pandemic and the efficacy of [Covid]-19 vaccines, racial justice, US withdrawal from Afghanistan, and the nature of US support to Ukraine.”

Jen Easterly, a Biden nominee heading the DHS’ Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA), texted a Microsoft employee in February, saying she was “trying to get us in a place where Fed can work with platforms to better understand mis/dis trends so relevant agencies can try to prebunk/debunk as useful.”

At a conference in November 2021, Easterly argued that “the most critical infrastructure is our cognitive infrastructure, so building that resilience to misinformation and disinformation, I think, is incredibly important.”

CISA meeting minutes also show Election Security Initiative director Geoff Hale urging the use of third-party nonprofits as a “clearing house for trust information to avoid the appearance of government propaganda.”

The Biden administration has sought to dismiss Schmitt’s lawsuit as lacking standing and argued that social media voluntarily removed posts without any “coercive” influence from the government – which would be prohibited under the First Amendment.

“If a foreign authoritarian government sent these messages, there is no doubt we would call it censorship,” Nadine Strossen, former president of the American Civil Liberties Union (ACLU), told The Intercept.
米政府はビッグテックと連携し、ソーシャルメディアを検閲していた - Intercept
国土安全保障省が憲法修正第一条の検閲禁止をどのようにかわそうとしたかを示す文書
米国政府は、ソーシャルメディアのプラットフォームと手を組んで、オンラインの「誤報」-例えば、事実無根のハンター・バイデンのノートパソコンの話-を検閲していたことが、リークや公文書請求によって入手した国土安全保障省の内部文書を引用して、The Intercept が月曜日に明らかにしました。さらに、DHSは今後もCovid-19、「人種的正義」、米国のウクライナ支援に関する意見の検閲を続ける予定だという。

リー・ファングとケン・クリッペンスタインは、「密室で、そして民間のプラットフォームへの圧力によって、アメリカ政府はその力を使ってオンラインの言説を形成しようとしている」と、月曜日の報告書に書いている。

彼らの大きな発見のひとつは、Twitter、Facebook、Reddit、Discord、Wikipedia、Microsoft、LinkedInなどのテック企業が、2020年の選挙の前と後で、毎月FBIや他の政府機関と会っていたことだ。フェイスブックは、アクセスに法執行機関の電子メールが必要な「テイクダウン」用の特別なポータルを設置したほどだ。

このプロセスは、DHS関係者、Twitter、NGOのCenter for Internet Securityの間の電子メールにも概要が記載されており、会議のメモには、政府がテック系プラットフォームに対して、"報告を処理し、可能な限りプラットフォームから報告された誤報を削除するなど、タイムリーに対応する "よう求めていることが示されている。

文書の多くは、現在米国上院に立候補している共和党のミズーリ州検事エリック・シュミット氏による訴訟によって表面化した。その中には、ハンター・バイデンのラップトップ・ストーリーを弾圧するために、2人のFBI職員がFacebookとのハイレベルなコミュニケーションに関与していたことが明らかにされた。FBIの外国影響力タスクフォース(FITF)のセクションチーフであるローラ・デムローと、サンフランシスコ支局の特別捜査官であるエルビス・チャンである。

2020年10月に発表された事実無根の記事は、民主党のジョー・バイデンやほとんどの企業関係者から「ロシアの偽情報」と糾弾され、ニューヨーク・ポストはFacebookとTwitterで弾圧された。

3月の別の文書には、デムローがTwitterの幹部に対して、ソーシャルメディア上の破壊的な情報は米国政府への支持を損ねる可能性があると語っていることが記されている。

ソーシャルメディア上の「ロシアの影響」が何らかの形で2016年にドナルド・トランプを当選させたという民主党の主張を受けて2019年に創設されたFBIのFITFは、その後、コヴィッド19に関する「偽情報分析」へとその範囲を拡大することになる。

インターセプトにリークされた戦略文書「Quadrennial Homeland Security Review」の草案には、DHSが "Covid]-19パンデミックの起源とCovid]-19ワクチンの効果、人種正義、米国のアフガニスタン撤退、米国のウクライナ支援の本質 "などのテーマについて、「不正確な情報」を対象とする意向であることが示されている。

DHSのサイバーセキュリティとインフラセキュリティ局(CISA)を率いるバイデン候補のジェン・イースタリーは、2月にマイクロソフトの従業員にメールを送り、「Fedがプラットフォームと連携してミス/ディスの傾向をより理解し、関連機関が役に立つようにプレバンク/デバンクを試みる場所に私たちを連れていこうとしています」と言っています。

2021年11月の会議でイースタリーは、"最も重要なインフラは認知インフラであり、誤報や偽情報に対する耐性を高めることは、信じられないほど重要だと思う "と主張しました。

CISA会議の議事録には、Election Security InitiativeのディレクターGeoff Haleが、"政府のプロパガンダと思われないための信頼情報のクリアリングハウス "として第三者のNPOを利用するよう促していることも記されている。

バイデン政権はシュミットの訴えを立件できないとして却下しようとし、ソーシャルメディアは政府からの「強制的」な影響力なしに自発的に投稿を削除しており、これは修正第一条の下で禁止されていると主張しています。

米国自由人権協会(ACLU)の元会長であるNadine Strossen氏は、The Interceptに対し、「もし外国の権威主義的な政府がこうしたメッセージを送ってきたら、間違いなく検閲と呼ぶだろう」と述べている。
posted by ZUKUNASHI at 09:51| Comment(0) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。