杖使用者の増加に続くものは?: ずくなしの冷や水

2023年12月11日

杖使用者の増加に続くものは?

モトコのブログ2023/12/9の記事から
「春に自分の妻を亡くし、その翌日に母親を亡くし
それからずっと寝込んでしまって元気が無かったそうだ。
どんどん衰弱して…という話だった。
お年は70代。」
・・・失意になれば70代でも老衰だ。

つい先日、70代でも老衰を死因としなければならない例があるとの情報を書きました。

2023年12月04日
70代でも老衰死

米国ではアスリートなど比較的若い人の急死が注目されていますが、日本では高齢者で急死の事例が増えています。

モトコのブログでは、その1週間ほど前に「一昨年くらいに、突然、杖をついて歩くようになり驚いた。女おひとり様をしていた80歳前後の方」がトイレで亡くなっていたと書かれています。

杖を突くのは、体調に支障があることの現れ。2023/12/9、好天で外出しましたが、杖を突く人がさらに増えています。

ちょっと容易でない状況かも。年末年始の野辺の送りはあってほしくないが。

・・・・・

2023/12/5、少し歩こうと外に出たら買い物帰りの方などを何人か見かけました。皆さん、杖をついています。

杖が流行りなの? そんなことはありませんよね。歩行のために杖が必要なんですよね。

私も一時杖を突いたことがありましたが、あれは体を支えるというよりもむしろバランスをとるためのもので、ちょっと杖で突いて体の体重移動を助けるためのものです。

前から杖を突く人を見ていましたが急に増えました。寒さのためではないですよね。

杖を突くようになるとどうしても運動量が減ります。体力が衰えます。筋肉が弱くなり、骨も細くなる。

危険信号だと思います。

私は、郊外のウォーキングに出ていますが、次第に交通費が負担に。でも、薬代だと思うしかないでしょうか。


以下の記事は、当初、2022-10-28 11:19:33に掲載しています。


posted by ZUKUNASHI at 18:14| Comment(4) | Covid19
この記事へのコメント
杖も車椅子も、いっとき見かけてすぐにまた見かけなくなりました。
見かけたのは、今秋のワクチン接種が始まり出した頃で、そのような方々が元気になったという話も聞きませんから、外出しなくなった(できなくなった)ということなのだろうと思います。

相変わらずワクチンは大人気で、インフルと左右腕を替えて同時接種とか聞くと背筋が寒くなります。
医者が大丈夫だと言ったらしく、腕が痛くなるだけじゃないんだが、「説明されてもわかんない」で終わりです。
もう本人が死んでも、香典やら出すのはやめようと思っています。
本人との付き合いが終わったのなら、出しても出さなくても支障ないでしょう。
Posted by SY at 2023年12月05日 23:41
>外出しなくなった(できなくなった)ということなのだろう
私はいつもそう思って、今杖を突いている人もいずれと思い、見ていてもつらいです。
昔は腰が曲がっても杖を突いて歩いている人はいたように思うのですが。
香典は、費用を出し合って野辺の送りをするものだと思うのですが、最近のように立派な葬儀場を借りて料理もたくさん出してやるのは、私は金のかけすぎだと思います。
質素に金をかけないでやればよいのだと思います。喪主も大きな出費は避けたいでしょう。でも、通夜や葬儀に行くと手ぶらでは行きにくいですよね。
Posted by ZUKUNASHI at 2023年12月06日 00:04
>昔は腰が曲がっても杖を突いて歩いている人はいた
杖などほとんど使っていなかったと思います。それでも皆さん支障なく歩いていました。
今は腰が曲がった人を見かけないようになった気がします。

私ごとですが、先日、叔父が亡くなり、叔父方の親族は私だけの参列だったのでたくさん包みました。
連絡もしてこない親戚は、顔を合わせる機会も無いのなら、もう赤の他人扱いでいいと思っています。

友人関係は親の代までで、友人本人が亡くなっても喪主さんと顔が繋がっていなければ、友人との関係を押し付けたりせず静かに見送るつもりです。大抵は仕事の都合で葬儀に行くこともままなりませんから、共通の友人でもいなければ香典を届ける伝手もありません。
Posted by SY at 2023年12月06日 21:39
そうですね。腰の曲がった人がいなくなりましたね。
腰が曲がっていても歩く人はちゃんと歩いていた。
親戚付き合いも昔とは違ってきていますね。都会に出たりすれば、連絡も滞りがちです。親が死ねばさらに縁遠くなりますね。
心配させられることもなく、皆それぞれに生きていければ、それが一番いいです。



Posted by ZUKUNASHI at 2023年12月06日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。