研究者らがハイブリッドウイルスを初めて観察: ずくなしの冷や水

2022年10月26日

研究者らがハイブリッドウイルスを初めて観察

Researchers observe hybrid virus for first time
Influenza and RSV fuse together to form a new pathogen, a new study reveals
A new study conducted by the MRC-University of Glasgow Center for Virus Research has for the first time discovered that viruses can fuse together inside human cells to create a new type of pathogen which can evade the human immune system.

The researchers, who published the paper on Monday, co-infected human lung cells with influenza A virus (IAV) and respiratory syncytial virus (RSV) and found that instead of competing, they fused into a new palm-tree-shaped hybrid virus.

This new hybrid was then able to infect neighboring cells, despite the presence of antibodies against influenza that are meant to block infection. Researchers say that the antibodies still stuck to the influenza proteins on the hybrid virus’ surface, but the virus simply used RSV proteins to infect lung cells instead, akin to a ‘Trojan horse’.

Researchers are now trying to find out if this newly discovered hybrid virus plays a role in triggering a hard-to-treat and potentially fatal lung disease known as viral pneumonia, which is usually believed to be caused by influenza, RSV, and coronaviruses.

Professor Pablo Murcia, who supervised the research, says that what the team observed has never been described before. “We are talking about viruses from two completely different families combining together with the genomes of the external proteins of both viruses. It is a new type of virus pathogen,” he was quoted as saying by The Guardian.

Although co-infections in humans are believed to be quite common, the researchers say that before now, there has been little to no data on how viruses react when they find themselves inside the same cell.

Since the study was conducted using cultured layers of cells, scientists now look to study if hybrid viruses can form in actual patients with co-infections.

“We need to know if this happens only with influenza and RSV, or does it extend to other virus combinations as well?” Murcia said, adding that he believes it does and can even extend to animal viruses as well. “This is just the start of what I think will be a long journey, of hopefully very interesting discoveries.”

インフルエンザとRSVが融合し、新たな病原体を形成することが明らかになった
MRC-グラスゴー大学ウイルス研究センターが行った新しい研究により、ウイルスがヒトの細胞内で融合し、ヒトの免疫系を回避できる新しいタイプの病原体を作り出すことが初めて発見されました。

研究チームは、A型インフルエンザウイルス(IAV)と呼吸器合胞体ウイルス(RSV)をヒト肺細胞に共感染させたところ、両者は競合するのではなく、融合して手のひらツリー型の新しいハイブリッドウイルスになることを発見しました。

この新しいハイブリッドウイルスは、感染を阻止するはずのインフルエンザに対する抗体が存在するにもかかわらず、近隣の細胞に感染することができたのである。研究者によれば、抗体は依然としてハイブリッド・ウイルスの表面にあるインフルエンザ・タンパク質に付着しているが、ウイルスは単にRSVタンパク質を利用して肺細胞に感染しており、いわば「トロイの木馬」のようなものであるとのことである。

研究者たちは現在、この新しく発見されたハイブリッドウイルスが、通常インフルエンザ、RSV、コロナウイルスによって引き起こされると考えられているウイルス性肺炎という治療が困難で致命的な肺疾患の引き金になる役割を果たしているかどうかを確認しようとしている。

この研究を監督したパブロ・ムルシア教授によれば、研究チームが観察したものは、これまで報告されたことがないものだそうです。"私たちは、2つの全く異なる科のウイルスが、両方のウイルスの外部タンパク質のゲノムを伴って結合していることを話しているのです。これは新しいタイプのウイルス病原体である」と、The Guardianの報道を引用している。

ヒトの共感染はかなり多いと考えられているが、これまで、ウイルスが同じ細胞の中でどのように反応するかについてのデータはほとんどなかったという。

今回の研究は、培養した細胞層を用いて行われたため、研究者らは今後、実際の感染症患者においてハイブリッドウイルスが形成されるかどうかを調査する予定です。

「この現象はインフルエンザとRSVだけに起こるのか、それとも他のウイルスの組み合わせにも及ぶのかを知る必要があります」。とムルシアは言い、動物ウイルスにも及ぶと信じていると付け加えました。「これは、長い旅の始まりに過ぎず、非常に興味深い発見があることを期待しています。

・・・RSウイルスは、気道の感染を引き起こす一般的な伝染性ウイルス
posted by ZUKUNASHI at 15:10| Comment(0) | 健康・病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。