Covid-19の起源を特定したと主張する新しい研究: ずくなしの冷や水

2022年10月24日

Covid-19の起源を特定したと主張する新しい研究

New study claims to have determined Covid-19 origin
The virus behind the Covid-19 pandemic has a genetic structure typical of “synthetic viruses,” authors say
The virus that caused the Covid-19 pandemic was most likely created in a laboratory, a study by German and American scientists has claimsed.

A team of three researchers concluded that Sars-CoV-2 was a genetically modified virus, after comparing its structure to that of “wild” and laboratory-borne equivalents.

Sars-CoV-2 literally has “fingerprints” of genetic manipulations, according to a preprint released by Valentin Bruttel of Germany’s Wuerzburg University, Alex Washburne of the US-based Selva Analytics research center and Antonius VanDongen of Duke University, also in the US. The paper published this week reported that the three scientists had found a recurring genetic structure element called a restriction site, which they describe as a sign of the virus’ genome having been “stitched” together.

“To make a virus in the lab, researchers usually engineer the viral genome to add and remove stitching sites, called restriction sites. The ways researchers modify these sites can serve as fingerprints of in vitro genome assembly,” the paper, which has not yet been peer-reviewed, claims.

The structure of Sars-CoV-2 is “anomalous in wild coronaviruses” but “common in lab-assembled viruses,” it adds, pointing to the certain “synonymous or silent mutations” that differentiate the restriction sites. The concentration of such mutations “is extremely unlikely to have arisen by random evolution,” the preprint says.

The study results show that “this virus is 99.9 percent an artificial, probably manipulated, copy of a natural virus,” Bruttel told Germany’s ntv news media outlet. The researcher said that, during his study, he found the signs of similar manipulations he carries out daily to create protein-based drugs for autoimmune diseases.

Bruttel, who holds a doctoral degree in the field of immunology and was awarded this year’s Innovation Prize at German Biotechnology Days – the national forum of the biotech industry – told ntv he had been working on the study since summer 2021, when he first noticed abnormalities in the virus genome.

The study, however, has been promptly lambasted by other immunologists, including Kristian Andersen of the Scripps Research Institute in La Jolla, California. Andersen branded the paper “nonsense” that was “so deeply flawed that it wouldn’t pass kindergarten molecular biology.” He also presented his own version of Sars-CoV-2 genome analysis in a series of tweets.

German virologist Friedemann Weber, who leads the Institute for Virology at the University of Giessen, said that the “fingerprints” found by Bruttel and his colleagues do not necessarily point to the artificial origin of the virus, since genetic manipulations with it are possible even without the techniques the study was pointing to. At the same time, he admitted that one “can actually do it like” the study suggests it was done but called such a method “not necessary and actually more complicated.”

Covid-19パンデミックを引き起こしたウイルスは、「合成ウイルス」に典型的な遺伝子構造を持っていると著者らは述べている。
Covid-19のパンデミックを引き起こしたウイルスは、実験室で作られた可能性が高いと、ドイツとアメリカの科学者が主張する研究がある。

人の研究者チームは、Sars-CoV-2の構造を「野生」および実験室で発生した同種のウイルスと比較した結果、遺伝子組み換えウイルスであると結論づけたのである。

ドイツのヴュルツブルク大学のヴァレンティン・ブルッテル、米国のセルバ・アナリティクス研究所のアレックス・ウォッシュバーン、同じく米国のデューク大学のアントニウス・ヴァンドンゲンが発表したプレプリントによれば、Sars-CoV-2は文字通り遺伝子操作の「指紋」を持っているとのことであった。今週発表された論文では、3人の科学者が制限部位と呼ばれる繰り返し現れる遺伝子構造要素を発見したと報告しており、彼らはこれをウイルスのゲノムが「縫合」された痕跡であると表現しています。

「研究室でウイルスを作る場合、研究者は通常、制限部位と呼ばれる縫合部位を追加したり削除したりするために、ウイルスゲノムを操作します。研究者がこれらの部位をどのように変更するかによって、試験管内ゲノム組み立ての指紋のような役割を果たすことができる」と、この論文は主張している。

Sars-CoV-2の構造は、「野生のコロナウイルスでは異常」だが「実験室で組み立てられたウイルスでは一般的」であるとし、制限部位を区別する特定の「同義またはサイレント変異」を指摘している。このような変異の集中は、「ランダムな進化によって生じた可能性は極めて低い」と、同プレプリントは述べている。

この研究結果は、「このウイルスは99.9%、人工的な、おそらく操作された、天然ウイルスのコピーであることを示している」とブルッテルはドイツのニュースメディアntvに語っている。この研究者は、研究中に、自己免疫疾患のためのタンパク質ベースの薬を作るために毎日行っているのと同様の操作の兆候を見つけたという。

免疫学分野の博士号を持ち、バイオテクノロジー業界の全国フォーラム「German Biotechnology Days」で今年のイノベーション賞を受賞したブルッテル氏は、ウイルスゲノムの異常に初めて気づいた2021年夏から、この研究に取り組んでいたとntvに語った。

しかし、この研究は、カリフォルニア州ラ・ホーヤにあるスクリップス研究所のクリスティアン・アンデルセンを含む他の免疫学者から早速非難を浴びている。アンダーセンはこの論文を「ナンセンス」であり、「幼稚園の分子生物学に合格しないほど深い欠陥がある」と烙印を押した。彼はまた、一連のツイートで自分なりのSars-CoV-2ゲノム解析の方法を提示した。

ギーセン大学ウイルス研究所を率いるドイツのウイルス学者フリーデマン・ウェーバーは、ブルッテルらが見つけた「指紋」は、この研究が指摘している技術がなくても、ウイルスを使った遺伝子操作は可能なので、必ずしも人工的な起源を示すものではない、と述べている。同時に、この研究が示唆するように「実際にできる」ことも認めたが、そのような方法は「必要ではなく、実際にはより複雑である」とも呼んだ。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 12:10| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。