研究室で作られたCovid株が米国政府から注目される: ずくなしの冷や水

2022年10月26日

研究室で作られたCovid株が米国政府から注目される

Lab-made Covid strain gets attention from US government
The university behind a deadly SARS-CoV-2 hybrid claims it didn’t have to gain clearance from the authorities
The Boston University researchers who developed an unusually deadly strain of the virus that causes Covid-19 did not clear their endeavor with the National Institute of Allergy and Infectious Diseases, the agency claimed on Monday, announcing it would be seeking answers as to why it only learned of the experiment through media reports.

The original grant application did not specify that the work might involve gain-of-function-type research, NIAID microbiology and infectious diseases division director Emily Erbelding told STAT News, adding that none of the group’s progress reports mention this crucial detail. NIAID and its parent agency the National Institutes of Health partially funded the study.

Despite multiple NIAID and NIH grants listed in the preprint paper, however, director Ronald Corley of Boston University’s National Emerging Infectious Diseases Laboratories insisted on Tuesday that the school had paid for the research on its own. Corley argued the federal funding had merely gone toward developing a system that would later be used in the controversial work. Besides, he said, the work didn’t qualify as gain of function because the resulting strain had only killed 80% of the infected mice, while the original Wuhan strain of the virus had killed 100% of the mice it was tested on.

The researchers had created a hybrid of the original Wuhan strain of SARS-CoV-2 with the spike protein from the less-severe Omicron in an effort to discover whether the latter’s spike mutations were responsible for the milder illness experienced by those infected.

A gain-of-function experiment gone awry remains one of the main theories to explain the initial outbreak of Covid-19 in 2019, along with the theory that it originated from a bat at a Wuhan livestock market. However, there still has not been any investigation that would either confirm or deny any of the theories.

致死的なSARSとCoV-2の混成ウイルスを開発した大学が、当局の許可を得る必要はなかったと主張している。
Covid-19を引き起こすウイルスの異常な致死性株を開発したボストン大学の研究者は、その試みで国立アレルギー・感染症研究所の許可を得ていなかったと、同機関は月曜日に主張し、なぜメディアの報道を通じてのみその実験を知ったのかについて答えを求めると発表しました。

NIAIDの微生物学と感染症部門の責任者であるエミリー・アーベルディング氏はSTATニュースに対し、最初の助成金申請書には、この研究が機能獲得型の研究を含むかもしれないことは明記されておらず、グループの進捗報告書にはこの重要な詳細については何も書かれていない、と付け加えた。NIAIDとその親機関である米国国立衛生研究所は、この研究に部分的に資金を提供している。

しかし、ボストン大学のNational Emerging Infectious Diseases LaboratoriesのRonald Corley所長は、この論文の中で、NIAIDとNIHの複数の助成金が記載されているにもかかわらず、ボストン大学が独自に研究費を負担していると主張した。コーリー氏は、連邦政府からの資金援助は、後に論争の的になる研究に使われるシステムの開発に使われたに過ぎないと主張した。その上、武漢のオリジナル・ウイルスは100%殺したが、出来上がったウイルスは80%しか殺さなかったので、この研究は機能拡張とは言えないと言うのである。

研究者たちは、武漢のオリジナルSARS-CoV-2株に、重症度の低いOmicronのスパイクタンパク質を加えたハイブリッド株を作り、後者のスパイク変異が感染者の軽症化に関与しているかどうかを調べようとしたのである。

機能獲得実験の失敗は、武漢の家畜市場でコウモリに由来するという説とともに、2019年にCovid-19が最初に発生したことを説明する主要な説の1つであり続けています。しかし、いずれの説も肯定も否定もするような調査はまだ行われていない。



posted by ZUKUNASHI at 20:54| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。