米国の科学者が致死的な新型コビド変異体を作成: ずくなしの冷や水

2022年10月19日

米国の科学者が致死的な新型コビド変異体を作成

US scientists create new lethal Covid variant
The lab team behind the mutant variant was accused of “playing with fire”
Scientists at Boston University claim to have created a new variant of Covid-19 with an 80% mortality rate, by combining the highly-transmissible Omicron variant of the coronavirus with the original Wuhan strain. The research, which echoes experiments thought to have created the virus in the first place, has caused outrage.

In a research paper published last week, the scientists explained that they isolated the spike protein of the Omicron variant and combined it with the “backbone” of the original strain that circulated in early 2020. This created a virus that “robustly escapes vaccine-induced…immunity” and inflicts “serious disease” on laboratory mice, 80% of whom died during testing, the paper stated.

While the team admitted that their mutant strain would likely be less deadly in humans than mice, they found that it produced five times as many virus particles in lab-grown human lung cells when compared to the Omicron variant.

The paper has yet to be peer reviewed.

News of the research caused outrage online, as it is widely believed that similar ‘gain-of-function’ research – a term describing the alteration of a pathogen to enhance its potency – at the Wuhan Institute of Virology in China led to the global Covid-19 pandemic. The US funded such research at the Wuhan Institute, although it is still unclear whether the specific coronavirus that caused the pandemic originated in the lab.

“This should be totally forbidden, it’s playing with fire,” former Israel Institute for Biological Research head Shmuel Shapira said of the Boston experiments. “How many times did virologists say they were not making chimeric SARS viruses more deadly? How many???” reporter Paul Thaker tweeted.

The Boston team aren’t the only scientists returning to potentially dangerous research in the aftermath of the pandemic. EcoHealth Alliance, the private company responsible for much of the Wuhan Institute’s pre-2020 gain-of-function research, was awarded a $650,000 grant by the US last month to study “the potential for future bat coronavirus emergence in Myanmar, Laos, and Vietnam.”

この変異体の研究チームは "火遊び "と非難された。
ボストン大学の科学者は、感染力の強いオミクロン変異型コロナウイルスとオリジナルの武漢株を組み合わせることによって、80%の死亡率を持つ新しい変異型Covid-19を作り出したと主張しています。この研究は、そもそもウイルスを作り出したと考えられている実験と同じものであり、怒りを買っている。

先週発表された研究論文の中で、科学者たちは、オミクロン変種のスパイクタンパク質を分離し、2020年初頭に流通したオリジナル株の「バックボーン」と結合させたと説明している。この結果、「ワクチンによる免疫から強固に逃れ」、実験用マウスに「深刻な病気」を引き起こすウイルスが誕生し、その80%が実験中に死亡したと論文には書かれている。

研究チームは、この変異株はマウスよりもヒトでは致命的でない可能性が高いと認めたが、実験室で育てたヒト肺細胞では、オミクロン変異株と比較して5倍のウイルス粒子が生成されることを発見した。

この論文はまだ専門家による審査を受けていない。

というのも、中国の武漢ウイルス研究所で行われた同様の「機能獲得」研究(病原体を改変してその効力を高めることを表す言葉)が、Covid-19の世界的大流行につながったと広く信じられているためである。米国は武漢研究所のこのような研究に資金を提供したが、パンデミックを引き起こした特定のコロナウイルスがこの研究所から発生したものかどうかはまだ不明である。

イスラエル生物学研究所の元所長であるシュムール・シャピラ氏はボストンの実験について「これは完全に禁止されるべきで、火遊びである」と述べた。「ウイルス学者たちは何回キメラSARSウイルスをより致命的にしていないと言ったのだろうか?とレポーターのポール・テイカーはツイートしている。

パンデミックの余波で潜在的に危険な研究に戻ってきた科学者は、ボストンのチームだけではありません。武漢研究所の2020年以前の機能獲得研究の多くを担当した民間企業であるエコヘルス・アライアンスは、先月米国から65万ドルの助成金を受け、"ミャンマー、ラオス、ベトナムにおける将来のコウモリコロナウィルス出現の可能性 "を研究することになった。

・・・これからいくらでも変異ウィルスが現れるということになります。もはや個人で防護する以外に方法がない。中国は、新コロナウィルス出現の過程に一定の関与があると言わざるを得ない。武漢での迅速、大規模な対応はそれなりの危険性の認識があった。


posted by ZUKUNASHI at 12:38| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。