電子戦争: ずくなしの冷や水

2022年10月15日

電子戦争



ロシアは、通信衛星の機能を停止させているのではなく、ジャミング、電波妨害で使えなくしているんですね。

偵察衛星については、レーザー光線で目くらまし、ジャミングも使っているでしょう。

ウクライナ軍は、連絡が取れずに自軍を攻撃してしまった。

Musk makes U-turn on Starlink service for Ukraine
The US billionaire has said his company would “keep funding” the Starlink satellite service in Ukraine
The SpaceX CEO Elon Musk has made an abrupt U-turn on his decision to stop funding the operation of the Starlink satellite communication service in Ukraine, where it has been actively used by the Ukrainian troops. Earlier, SpaceX reportedly asked the Pentagon to cover the cost of the internet service in Ukraine, which could amount up to $ 400 million over the next year.

“We’ll just keep funding Ukraine government for free,” Musk wrote in a tweet on Saturday, adding that SpaceX would do it “even though Starlink is still losing money and other companies are getting billions of taxpayer dollars.”

Earlier, the SpaceX CEO pointed to the fact that his “competitors in space launch and communications,” Lockheed Martin and Boeing, had jointly received over $60 billion in defense contracts in 2021 alone. The entrepreneur also complained in a series of tweets that keeping up “warfront” communications was difficult and expensive. He also stated that Russia was “actively trying to kill Starlink,” forcing the US company to spend some $20 million per month on safeguarding the services from cyberattacks and jamming.

On Thursday, CNN obtained a letter, where Musk supposedly informed the Pentagon his company was “not in a position to further donate terminals to Ukraine, or fund the existing terminals for an indefinite period of time.”

SpaceX has donated around 20,000 Starlink satellite units to Ukraine since the beginning of the conflict in late February, providing internet connection and military coordination in chaotic battlegrounds that would otherwise be cut off from the web.

Kiev then praised the terminals as an “essential part of critical infrastructure” but continued to urge SpaceX to send thousands of additional terminals. Musk previously stated that SpaceX would have spent more than $100 million providing Starlink services to Ukraine by the end of the year. At the same time, the company reportedly admitted that most units it had sent to Ukraine were partially or fully funded by the American, British and Polish governments.

SpaceX also recently came under fire over alleged Starlink outages across some regions of Ukraine, which some Ukrainian soldiers described as “catastrophic” loss of communications, according to Financial Times. The incidents also took place following a brief spat between Musk and the outspoken former Ukrainian ambassador to Germany, Andrey Melnik.

The diplomat, who is known for his insults against the German officials, told Musk to “f**k off” after the billionaire suggested a peace plan for Ukraine that involved Kiev committing to neutrality and dropping its claim on Crimea. Musk then said he was simply following Melnik’s recommendation when withdrawing its Starlink funding in Ukraine.
マスク氏、ウクライナ向け「スターリンク」サービスへUターン
米国の億万長者は、ウクライナのスターリンク衛星サービスへの資金提供を「継続する」と述べていた
スペースXのイーロン・マスクCEOは、ウクライナ軍によって活発に利用されているウクライナのスターリンク衛星通信サービスの運営資金を停止するという決断を、突然Uターンさせた。以前、SpaceXは国防総省にウクライナのインターネットサービスの費用を負担するよう要請したと伝えられており、その額は今後1年間で最大4億ドルに達する可能性がある。

"我々はただでウクライナ政府に資金を提供し続けるだろう "と、マスク氏は土曜日のツイートで書き、スペースXは "スターリンクはまだ赤字で、他の企業は何十億ドルもの税金を得ているのに、"それをやるだろう "と付け加えました。

これに先立ち、スペースXのCEOは、彼の「宇宙打ち上げと通信の競争相手」であるロッキード・マーティンとボーイングが、2021年だけで600億ドル以上の防衛契約を共同で獲得している事実を指摘した。また、同起業家は一連のツイートで、「戦場」での通信を維持することは難しく、費用もかかると訴えた。また、ロシアが「積極的にスターリンクを殺そうとしている」とし、米企業はサイバー攻撃や妨害電波からサービスを守るために毎月約2000万ドルの出費を強いられていると述べた。

木曜日、CNNは手紙を入手した。そこには、マスク氏が国防総省に、同社が「ウクライナにさらに端末を寄贈したり、既存の端末に無期限で資金を提供できる立場にはない」と伝えたとされる記述があった。

SpaceXは2月下旬の紛争開始以来、ウクライナに約2万台のStarlink衛星ユニットを寄贈し、そうしなければウェブから遮断される混沌とした戦場でのインターネット接続と軍事調整を提供してきました。

その後、キエフはこの端末を「重要なインフラの不可欠な部分」として賞賛したが、スペースXに対して数千台の端末を追加で送るよう求め続けた。マスクは以前、SpaceXが年末までに1億ドル以上を費やしてウクライナにStarlinkサービスを提供すると発言していた。同時に同社は、ウクライナに送ったユニットのほとんどが、アメリカ、イギリス、ポーランド政府から一部または全額資金提供を受けていることを認めたと報じられている。

Financial Timesによると、スペースXは最近も、ウクライナの一部地域でスターリンクが停止したとの疑いで非難を浴び、一部のウクライナ軍人は「壊滅的な」通信の喪失と表現している。この事件は、マスク氏と、暴言を吐いた元駐ドイツ・ウクライナ大使のアンドレイ・メルニク氏との間で短期間の口論があった後にも発生した。

ドイツ政府高官に対する侮辱で知られるこの外交官は、億万長者がキエフが中立を約束し、クリミアの領有権を取り下げるというウクライナの平和計画を提案した後、マスクに「ファックオフ」(f**k off)と言い放った。その後、マスク氏は、ウクライナのスターリンクへの資金提供を取りやめる際に、メルニクの勧告に従っただけだと述べた。

Russia trying to kill Starlink – Musk
Moscow may well succeed in its efforts to leave Ukraine without satellite communications, the tech entrepreneur has warned
SpaceX CEO Elon Musk has blamed Russia for working to disable his Starlink satellite service, which the Ukrainian forces are heavily reliant upon in the conflict between Moscow and Kiev.

“Russia is actively trying to kill Starlink,” Musk said in a tweet on Saturday.

According to the tycoon, SpaceX, which operates the satellite service, has been allocating “massive resources” to protect it from jamming and cyberattacks. “Even so, Starlink may still die,” he warned.

Musk had donated $80 million worth of Starlink terminals to Kiev at the beginning of the conflict in late February, with the system becoming the main communications tool for Ukraine’s forces.

However, the world’s richest man had a falling out with Ukrainian officials in early October after sharing his peace plan for the conflict. According to Musk, Russia should “redo elections of annexed regions under UN supervision,” while Kiev would commit to neutrality and drop its claim to Crimea.

Ukrainian President Vladimir Zelensky reacted to the idea by launching a poll on Twitter, asking followers “which Elon Musk” they “like more” – the one “who supports Ukraine” or the one “who supports Russia.” Kiev’s controversial outgoing ambassador to Germany Andrey Melnik went further, telling the tycoon to “f**k off.”

The Twitter spat coincided with reports that the Ukrainian military had started to experience problems with its Starlink communications. Earlier this week, Musk said he couldn’t provide Ukraine with Starlink services for free anymore and suggested that the Pentagon should be paying for it. The US Department of Defense said on Friday that it had been discussing the issue with SpaceX.

Being left without Starlink “is going to be a massive blow to Ukraine’s defense capability” because, in this case, “it wouldn’t be able to use satellite data for targeting,” Russian Senator Vladimir Dzhabarov said on Friday.

SpaceX is “a private company after all, and although it did everything [provided free Starlink services to Ukraine] at the request of the Pentagon, it couldn’t go on like this forever,” Dzhabarov – who is the first deputy chair of the Russian Senate’s committee on foreign affairs – pointed out.
ロシアはStarlinkを殺そうとする - Musk
モスクワは、ウクライナを衛星通信のない状態にしようとする努力に成功するかもしれないと、技術系起業家が警告している。
スペースXのイーロン・マスクCEOは、モスクワとキエフの紛争でウクライナ軍が大きく依存しているスターリンク衛星サービスを無効化しようとしているとして、ロシアを非難した。

「ロシアは積極的にStarlinkを殺そうとしてる」と、Musk氏は土曜日のツイートで述べた。

この大物によると、この衛星サービスを運営するスペースX社は、妨害やサイバー攻撃から守るために「膨大なリソース」を割いている。"それでも、Starlinkは死ぬかもしれない "と警告している。

マスク氏は紛争が始まった2月下旬に8000万ドル相当のスターリンク端末をキエフに寄贈しており、同システムはウクライナ軍の主要な通信手段になっていた。

しかし、世界一の富豪は10月上旬、紛争に対する和平案を伝えた後、ウクライナ当局と対立した。マスク氏によると、ロシアは「国連の監視下で併合地域の選挙をやり直す」べきであり、キエフは中立を約束し、クリミアへの領有権主張をやめるというものだった。

ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領はこのアイデアに反応し、Twitterでフォロワーに "ウクライナを支持する "イーロン・マスクと "ロシアを支持する "イーロン・マスクのどちらが好きかを尋ねる投票を開始した。キエフのアンドレイ・メルニク駐ドイツ大使はさらに、この大物政治家に "f**k off "と言って物議を醸した。

このTwitterでの口論は、ウクライナ軍のスターリンク通信に問題が生じ始めたという報道と同時に起こった。今週初め、マスク氏はウクライナにスターリンクのサービスを無料で提供することはもうできないと述べ、米国防総省がその費用を負担すべきだと示唆した。米国防総省は金曜日に、スペースX社とこの問題について協議していると述べた。

ロシアのウラジーミル・ジャバロフ上院議員は金曜日に、スターリンクがなくなれば「ウクライナの防衛能力にとって大きな打撃となる」と述べた。

スペースXは「結局のところ民間企業であり、国防総省の要請ですべて(ウクライナにスターリンクのサービスを無料で)提供したが、永遠にこのままというわけにはいかない」と、ロシア上院の外交委員会の第一副委員長であるジャバロフ氏は指摘した。
posted by ZUKUNASHI at 15:48| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。