野鳥と家禽の間で高病原性インフルエンザが「前例のない」急増: ずくなしの冷や水

2022年10月05日

野鳥と家禽の間で高病原性インフルエンザが「前例のない」急増

EU sounds alarm over dangerous infection
Health watchdog detected an “unprecedented” surge in a highly pathogenic influenza in wild and domestic birds
EU nations are experiencing the largest detected epidemic of avian influenza (HPAI), a more dangerous variant of bird flu, a watchdog has warned on Monday.
EU、危険な感染症に警鐘を鳴らす
野鳥と家禽の間で高病原性インフルエンザが「前例のない」急増を検知した。
EU諸国では、鳥インフルエンザの中でもより危険な亜種である鳥インフルエンザ(HPAI)が最大規模で流行していると、監視団体が月曜日、警告を発しました。

EU食品安全機関(EFSA)の声明は、欧州疾病予防管理センター(ECDC)が発表したインフルエンザに関する論文に国民の注意を喚起するものであった。

科学者たちは、"2022年6月から8月にかけて、野鳥から前例のないほど高いレベルのHPAIウイルスが検出された "と報告したのです。大西洋沿岸の海鳥の繁殖コロニーは特に大きな打撃を受け、高い死亡率が観察された。

6月から9月にかけての家禽の間での発生は、2021年の同時期と比較して、5倍の数の施設に影響を及ぼしたとのことです。この期間、190万羽の家禽が殺処分され、オランダとドイツがその70%を占めたという。2021年から2022年の流行期間全体では、4770万羽が殺処分された、と付け加えています。

"9月までに家禽類と野鳥で症例が検出されており、現在の流行は明らかにまだ続いています。秋の渡りが始まり、ヨーロッパで越冬する野鳥の数が増えるにつれ、ヨーロッパでのウイルスの持続性が確認されたため、例年よりもHPAI感染のリスクが高くなると思われる」と、EFSAの職員で、リスク評価を担当する部門を率いるGuilhem de Sezeは述べている。

EUの機関は、現在進行中の疫学的シーズンにおける感染の地理的広がりを「前例がない」規模であるとした。研究者によると、ウイルスは北はスバールバル諸島、東はウクライナ、南はポルトガル南部まで到達したという。

2021年秋には、HPAI A(H5N1)株も渡り鳥に乗って大西洋を渡り、カナダと米国で家禽の間で深刻な流行が発生したと、同機関は付け加えている。

動物におけるインフルエンザの流行は、農業に深刻な経済的影響を与え、ウイルスの一部の変種がヒトに感染する可能性があるため、公衆衛生に対する脅威となる可能性があります。ECDCによると、前回の報告以来、中国では合計5人の鳥インフルエンザ感染が報告されています。

保健機関は、このウイルスが欧州の一般市民にもたらすリスクは、一般市民には低く、農場労働者のように定期的に鳥に接触する人々には低から中程度であると評価した。
The statement by the EU’s Food Safety Agency (EFSA) drew the public’s attention to a paper on influenza, which was published by the European Centre for Disease Prevention and Control (ECDC).

The scientists reported “an unprecedentedly high level of HPAI virus detections in wild birds between June and August 2022.” Breeding colonies of seabirds along the coast of the Atlantic Ocean were hit particularly hard, with high mortality rates observed.

Outbreaks among poultry from June to September affected five times the number of premises, compared to the same period in 2021, the study said. Over this period, 1.9 million farm birds were culled, with the Netherlands and Germany accounting for 70% of the animals killed, according to the study. Over the entire 2021-2022 period of the epidemic, 47.7 million birds were culled, it added.

“With cases detected in poultry and wild birds up to September, the current epidemic is clearly still ongoing. As autumn migration begins and the number of wild birds wintering in Europe increases, they are likely at higher risk of HPAI infection than previous years due to the observed persistence of the virus in Europe”, EFSA official Guilhem de Seze, who heads its department tasked with risk assessment, said.

The EU body called the geographic spread of the infection during the ongoing epidemiological season “unprecedented” in scale. The virus reached as far north as the Svalbard islands, as far east as Ukraine and as far south as southern Portugal, according to researchers.

In autumn 2021, the HPAI A(H5N1) strain also crossed the Atlantic in migrating birds and caused a severe outbreak among poultry in Canada and the US, the agency added.

Influenza epidemics in animals can have a serious economic impact on farming and may pose a threat to public health, since some variants of the virus can be transmitted to humans. The ECDC said that since its last report a total of five human infections with bird flu have been reported in China.

The health agency assessed the risk posed by the virus to the European public as low for the general population and low to medium for people regularly exposed to birds, like farm workers.

posted by ZUKUNASHI at 01:04| Comment(0) | 健康・病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。