ロシア軍の兵力増強に対してウクライナは弾薬不足 ロシアの圧倒的な優勢が続く: ずくなしの冷や水

2022年10月03日

ロシア軍の兵力増強に対してウクライナは弾薬不足 ロシアの圧倒的な優勢が続く

「今、私の塹壕はロシア連邦の国境です。」 Ugledar近くの最前線に行きました。電池式のラジオを持って行きました。素晴らしいアイデアでした。情報の空白の中にいる人たち。光がありません。どこかでインターネットを利用する必要があります。彼らはまるで昔のように、静かに止まることなくラジオを聴いていました。

・・・ロシア軍では兵士のスマホの携帯が禁じられたようです。


・・・車両が新型です。 アレクサンダー・スラドコフ。ドンバス。補充が来ました ドンバスのすべてのロシア。どの訓練場でも、シベリア人、白人、北部人に会います。

セルゲイ・ショイグ国防相は、モスクワのセルゲイ・ソビアニン市長、アンドレイ・ヴォロビョフ・モスクワ州知事とともに、動員された市民の宿泊条件や準備の進捗状況を確認した。

すでにモスクワは雪がちらつく日もある気候です。Юнус-Бек Евкуровの姿が見えます。モスクワ市長も立ち合い。ロシアは全土で士気が上がっています。一方、ウクライナは弾薬不足が深刻、指揮命令も滞っています。勝負は見えてきました。

これは本物の戦闘シーンです。

一方、受け入れた動員兵士の収容施設がないなどの問題が地域もあります。
posted by ZUKUNASHI at 23:29| Comment(0) | ウクライナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。